会社概要
HOME > 会社概要 > 社長:柳沢真澄の言葉

社長:柳沢真澄の言葉

写真:柳沢 真澄

ESCOの原点

世の中は、我々が好むと好まざるとに関わらず進化しています。そして我々は、「進化」の反意語は「無変化」だと考えています。

自らも一ヵ所に留まることなく、変化し挑戦し続けることを通して、技術の進歩に貢献する。それがESCOの原点です。

ESCOの姿勢

目指しているのは、お客様の「なんとかならないか?」と
いうニーズを発見し、最高の解決策を提案・提供し、ご満足をいただくことです。
しかし、ひとつの問題を解決したら、きっと次の問題が芽を出すでしょう。
そうして我々は、新たなチャレンジを繰り返します。

提供するものは、
論点(イシュー)
解法(ソリューション)
責任・安心(ブランド)
です。

しかし、そうして完成した製品も、永久にお客様にお使い頂くことはできないでしょう。 だから我々は、新たな論点と解法を模索し続けます。

求められる姿勢は、
挑戦(チャレンジ)
迅速(アジャイル)
成長(エボリューション)
です。

会社の付加価値は社員の付加価値で決まると考えています。

自らが誇れる会社にする

現在のESCOはこれまでに産み出してきた製品を通して、「放射線治療用固定具分野を中心とした医療機器」と「高精細塗布技術を核とした自動化機器」の開発・製造・販売を二つの事業の柱としています。

これら製品をご提供する先進的企業としてお客様を通して世の中に貢献してゆきます。
そして我々は、ESCOをお客様に「責任」と「安心」をご提供するブランドにしたいと考えています。

 

エンジニアリングシステム株式会社
代表取締役社長
柳沢 真澄