トップ 追記

エンジニアリングシステム株式会社 | ESCO社長 柳沢真澄のブログ


2018-02-13 週刊社長ブログ445

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・弊社製品の作り方を

教えていただく機会がありました。スタッフが出張する意味と目的について初めてつながりのある理解ができてよかったです。総務の作業に従事してきた中で商品の成り立ちを知ろうとする意識が今まで低かったのだなと反省しました。作る過程やその思いにまで意識をめぐらし、そこに込められたものをくみ取れるようにしたいと思うのと同時に、自分たちの商品と違うものについても、その背景にある物事を考え、適切な対価を払えるよう意識してゆきたいと思いました。

・ 評:物事に何かしらかかわりを持ちたいと思うことが一つの愛だと思います。愛情をもってモノに接すれば、モノは必ず応えてくれるものです(と思っています)。これからも愛をもって接してください。渡部さんに4点(合計6点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・「しあわせ」という

語彙の無い民族がいるそうです。その国に異国人が滞在して感じた「しあわせ」をその国の人々に伝えるすべがないのでとてももどかしい思いをするのだそうです。言葉があり概念があるという事は、ある意味A5の黒毛和牛を食べたことがあり、それが基準となってその後の焼肉のランクを判断するようなもので、A5ランクの味を知っていることが幸せか?それとも知らずに普通のパック肉を美味しいと思って幸せに過ごすか?自分は基本的に知らないことは知りたい口ですが、その反対もあると思いました。

・ 評:中世以前と違って、科学という概念の発見以降、人類の知識は蓄積される一方の様に思います。人間の体は「飢餓」には耐えられるようになっていますが、これまで人類史上殆ど経験のない「飽食」にはあまり効果的に対応できないように見えます。同様に知らないことに耐えられる人間は、知りすぎたことを上手く御せないのかもしれません。ただ、時計は逆さに回せないので、その「飽食」と「過剰な知識」に抗い、うまく「我慢」するすべを身に付けないといけないのでしょう。河村君に3点(合計12点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・今回も町内会ネタですが、

町内会の卓球大会に出ました。ご年配の方には昔取った杵柄といった風の方も多く、球筋に目が付いていかず中々勝てませんでした。ただ、負けを積み重ねたのですがなぜか楽しかったです。こういったことは傍から見ているだけでなく、実際に参加して体を動かした方が楽しいようです。

・ 評:踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら、、ってとこですかね?我々エンジニアはとかく頭で理屈を考えそれを通して世界を観がちですが、それも一つの手段と割り切り理屈無く体で感じるという感性も併せて磨かなければいけないかもしれません。石田君に2点(合計11点)

・ ※おめでとうございます! 河村君と石田君が10点超えとなったので、社長ブログ賞として南山(社長注:駅前通の焼肉屋)相当のお食事に御案内します。河村君は2回連続ですが、A5の肉を食したいとのことですので、その期待に今回も応えましょう(w

メンバーは記載の二人としますので、日程を調整のうえ、2月26日までに私宛申し出てください。


2018-02-05 週刊社長ブログ444

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・東電の発電能力が

足りないという報道を見ました。総発電量は約5000万kwとのことでしたが、方や、昔スペースシャトルのエンジン1基の出力が4000万馬力相当であるということを計算で導いたことを思い出しました。スペースシャトルのエンジンは3機実装されているので、合計12000万馬力、これは8000万kw超となり、東電の総発電能力を上回る計算になります。発電能力が実は大したことがないのか、それとも高い密度でエネルギーを使うことのできる人類技術の進歩を示していることを見て取るのか?少し考えてしまいました。

・ 評:東電の総発電量ですが、調べたところ認可出力、すなわち最大値で約2億kwと、それでもシャトル2.5機分でした。一方、シャトルのエンジンは多分10分程度しか推力を生じないので、これを24時間365日動かし続けているという事もある意味大概なことではないか?とも思えました。色々比較すると面白いですね?星沢君に4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・医療機器の出荷に

製品の組み合わせによって色々な梱包用の箱を使っているのですが、新しい製品用あつらえで作った箱に、これまで2個セットで発送するときに少し困っていた商品が上手く流用でき事例がありました。また、いつもと違うメンバーで梱包を行った際、これまでと違った組み合わせで商品の梱包を上手く行うことができた例もあり、是もある意味驚きでした。現在ルーチンで行っている梱包の組み合わせは、今から10数年前の担当者が、その時の全体最適として設計したもので、よく考えれば今に至るまでに商流も少しずつ変わり、その変化を捉えた全体最適による検討をしてこなかったことが、現れた事例だと思います。改善、改良は常に意識していないといけないと思いました。

・ 評:梱包発送といえば、amazonのパッケージです。常に何らかの工夫や改善が盛り込まれ、進化しているように見えます。amazonでさえ不断の努力を行っているのですが~、我々もそれ以上に知恵を働かせる必要がありますね?河村君に3点(合計9点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・運転免許証更新の講習で

「50km/hで走る車同士が衝突するときの衝撃は100km/hで走る車が壁にぶつかるのと同じ」と講師が説明したのを聞き、「それ、違うだろ」と思い悶々としながらそれ以降の話は集中して聞くことができませんでした。たとえ事故防止が目的で、感覚的に伝えようとした話だとしても、説明上の明らかな間違いは問題だと思います。最後の質問時に内容を正そうと思いましたが、聴講している人たちの「早く帰りたい」という圧力に屈して訊けませんでした。だれか勇気のある方お願いします。

・ 評:正す人が誰もいないので間違った説明が続いている、というところでしょうか?このブログを通じて伝わることをちょっとだけ祈っています。ちなみに私の免許更新は平成以後ですので、ほかの人に期待です。富田君に2点(合計6点)


2018-01-29 週刊社長ブログ443

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・来客用のお弁当ですが、

石芝にあるお店に頼んでいます。そのお店のランチセットと同じ内容だからという事もあるでしょうが、見た目以上に安価でかつ古くからの馴染みという事もあり1個からでも配達してくれる点も重宝しています。仕事の上でも皆コスト意識をもって自分の周りの備品についても考えてください。

・ 評:お店側も我々のことをお得意さんと思っていてくれれば良いですね?コスト意識を高めるのと併せて、我々自身も選ばれるサービスを提供できるよう努力してゆきましょう。青柳さんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・DIYの店に

物置設置の見積もりを依頼したところ、そのチェーン店から依頼を受けた会社の人が来て、現地を確認した上で見積を出してきました。物置を立てるだけであればそれでも良いかもしれませんが、ちょっと補修したり、なにか問題が起きた際に誰に問い合わせて対応してもらえればよいかわからず不安になりました。効率化優先の弊害がこういうところにも見て取れます。

・ 評:全てが近視眼的かつ自分本位に動いているように見えますね?少なくとも長期的にお客様を育て、それによって地域や自らも育つというような発想の会社はあまりないように思います。矜持を持ちたいものです。福田君に3点(合計9点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・携帯にカメラが付いたのは

自分が高校生の頃だったように思います。スマホにタイヤが付いたような車や、人のいるところに期間限定で設置するコンビニなどの様に、本体と付属品とを取り換えて考えてみるような逆転の発想で物事を見てみるのも面白いと思います。

・ 評:他の人がやらない、考え付かない発想を捻りだす技術として面白いですね?商品開発や市場開拓にぜひ生かしてください。河村君に2点(合計6点)


2018-01-22 週刊社長ブログ442

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・「当たり前」という言葉ですが、

行動している人が口にする言葉であって、される側が言うものではない、と常に思っています。

・ 評:素晴らしいですね?「ありがとう(ありがたい)」の反意語は「当たり前」だという話を聞き、なるほどな、と思ったのですが、それと併せて意識してゆきたいと思います。金盛君に4点(合計9点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・エアバスA380という

総二階建ての巨大旅客機が、エミレーツ航空からの受注がなくなってしまったので生産停止になったとのことです。一方、ボーイングもかつてはジャンボジェットを生産していたのですが、近年は中型機主体でハブ空港同士を結ぶ路線に注力しており業況も好調とのことです。大型機主体か中小型機主体かは、それぞれ目論見が合ったやったことだとは思いますが、現状は中小型期の方に軍配が上がっています。顧客のニーズにどうこたえて方向を定めるか?自分の会社の在り方を考えても難しい問題と思いました。

・ 評:かつてiPhone用のCPU製造を蹴ったIntelの経営判断を思い出しました。後から考えて評論するのは簡単ですが、難しい問題ですね?我々中小企業としては、手数を出してその結果を考察し方向を常に修正してゆくしかないでしょう。種君に3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・混雑したエレベーターで、

降り際に締まるドアに挟まれそうになった人が、ボタン近傍いた人に対して「開く」のボタンを押してくれなかったことに文句を言っているのを見て不快に思いました。エレベーターのボタン操作は善意の上で成り立っていて、その事を当たり前と思い感謝の気持ちを持っていないとすれば悲しいことだと思います。

・ 評:他国の本当のところを知っているわけではないですが、他人に「当たり前な社会規範」を強要する風潮が日本は特に強いのかもしれないと思います。線引きが難しい領域なので、線引きせず、上手くいったりいかなかったりと、押引きしながら佳い風潮を広めてゆければと思っています。渡部さんに2点(合計2点)


2018-01-15 週刊社長ブログ440

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・昔近所に道路が開通し、

引っ越しをしたことがあります。実家は田畑を持っており、そこからは10km以上離れてしまったのですが、田畑に隣接した作業小屋から離れてしまったことで、準備をしっかりするようになり却って仕事がはかどるようになりました。今の仕事に置き換えて、同様に取り組みたいと思います。

・ 評:段取り八分とはよく言ったものです。その場で気張らなくても準備した通り淡々作業することで成果が出せるように、何事も段取りするようにしてゆきましょう。藤原君に4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・地図上で一軒家を見つけて

そこに取材に行くという番組を見ました。自分でも色々な局面で「ここ、どうなってるのか?」という景色に出会うことも多いので、非常に面白かったです。個人ではできないことをメディアの看板によって実現するという事は、放送局の存在意義の一つと思います。その様に工夫した番組作りを続けていれば視聴率も取れるのではと思いました。

・ 評:同じく、専門的に深堀したり、継続的に取材を行う、という事も組織でなければできないことと思います。とはいえ、どのチャンネルを回しても紋切り型の、しかも同じトピックスをニュースで取り上げているような状況を打開してゆく道筋はあるのでしょうか?福田君に3点(合計6点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・寝ぼけ眼で出勤したのですが、

途中で目に飛び込んできた北アルプスのすがすがしい景色に目が覚め気持ちもシャキッとしました。心が洗われ仕事も上手くゆくような気がしました。

・ 評:今朝の山の景色は素晴らしかったですね?そういったことから何か刺激を受ける感性は大切にしたいと思います。きっと仕事も上手くいきますよ。筒井さんに2点(合計5点)


2017-12-25 週刊社長ブログ439

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・新型あずさが

投入されました。車両がきれいになり乗り心地も改善されたようです。1995年に一代前のあずさが投入されてから20年経っているのですが、最高速度も松本新宿間の運行時間も変わらないのでがっかりです。聞くところによると、速度を上げるためにはカーブの傾斜を大きくとる必要があるのですが、あまりその傾斜を大きくとると何らかのトラブルが発生しそのカーブで停止したときに列車が横転しないよう、その傾きに制限があり、かつカーブを曲がる際の遠心力についても上限が規定されているため、線路を引き直さない限り時間短縮はできないのだそうです。

・ 評:偶然新宿発の1号電車に乗車してしまいました。とても混んでいて往生しました。もっと新宿までの時間距離が短くなってくれると色々嬉しいのですが、そういった事情があるのは知りませんでした。それより私的には途中のトンネル区間などでデータ通信や携帯の通話ができないことの方を何とかしてほしいと思っています。小林君に4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・年の瀬を迎え

忙(せわ)しなくなっています。先日ガソリンスタンドで店員と間違えられた上文句を言われ、カチンときて睨み返してしまいました。私自身も周りの雰囲気に引っ張られ、平常心を失っていたようで反省しました。年初の書初めでは「木鶏」としたためたのですが、らしからぬ行動をとってしまいました。

・ 評:中々寛容の心で他人に接するのは難しいですね?自分が忙しかったり付かれていたりすると尚更です。修練ですね?左治木君に3点(合計9点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・渚ライフサイトで

年賀はがきの出張販売を行っていたので列に並んで買いました。中々順番が進まないので、前の方を見てみると、年配の方が領収書の書き方でいろいろ言っていて滞っていることがわかりました。自分の番になった際「寒いところ大変ですね?」とスタッフの方に声をかけたところ「ハァ?」といった顔をされ残念でした。庶の人と多く対応した結果、心が折れてしまったようです。

・ 評:そういう人は偶に見かけますね?そういった何気ない声がけや、車で道を譲ったりすることなど「世の中捨てたもんじゃない」という気持ちを広げられるよう心掛けているつもりではあります。中村君に2点(合計5点)


2017-12-18 週刊社長ブログ438

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・話題のショッピングモールに

家族で出かけましたが、他県の施設と特に変わらず、また、欲しいものが特にないまま足を運んだので尚更なのですが、やはり欲しいと思えるものがありませんでした。一方、最近パシフィコ横浜の展示会に行ったのですが、こちらは目的があっていったこともあり、時間いっぱいしかも名刺がなくなる程ブースを回り、出店者の人と色々話ができ、非常に有意義でした。目的意識の有無が一番ですがとてもワクワクしました。ESCOを訪ねてくるお客様ももちろん目的をもっていらっしゃるので彼らのワクワクに応えられるよう努力準備したいと思いました。

・ 評:目的意識を持つという事はとても大切ですね?いつも思うのですが、何もないところからでも楽しい遊びは創り出せるものです。そういった感性を磨いていきたいですね?石田君に4点(合計9点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・週末京浜東北線でトラブルがあり

都内の電車が一時広範囲にマヒしました。こういったときに見られる光景なのですが、必ず怒気をはらんで駅員に「どうしてくれるんだ?」「損害を補償しろ!」などと食って掛かるDQNな人たちが目に付き違和感を感じます。そもそも電車は公共交通機関で、移送について安全以外の責任を持っていないし、時間までに到着させることを保証するような契約を事前にしているわけではありません。また、事故が会社の故意によるものではたぶんなく、そもそも一駅員に食って掛かったところで事態は解決しないし駅員側も何ら責任ある発言をすることができないことなど少し知能のある人なら分かろうというものです。みんな、誰かほかの人が自分に都合のいいようにしてくれる症候群に罹っていて、そしてそれが当たり前でそれを享受できなければ文句を言っていい、といったおかしな意識を持っているようです。困ったことです。

・ 評:確かに、寛容の心が著しく損なわれているように思います。教育なのか政策なのか?日本人のメンタリティが年々プアになっていっている気がします。気が付いている人だけでも巻き込まれないようにしてゆきましょう。福田君に3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・金井さんがソユーズで

ISSに向けて旅立ちました。一方でトランプ大統領が月を足掛かりに火星に人類を送る計画に署名しました。貧困問題や砂漠化の問題など放っておいて、そういうことにコミットするのはどうか?との話もありますが、単純にワクワクしました。

・ 評:宇宙空間や他の惑星、衛星に行けるものなら行ってみたいものです。ポイントは人それぞれでしょうが、こういった話は単純にワクワクしますね?大久保君に2点(合計2点)

・ 「今週の一人一言鉄賞」

・ ・先週の朝礼で

妻の料理がまずい事を子供が指摘したという話をしましたが、それは、いつもまずいという事ではなく、その日の料理が偶々まずかったという事なので誤解なきよう。ところで今日の一人一言ですが、(略)

・ 評:後付けで言い訳するのは政治家の常套手段ですが、、、社長ブログが家庭不和を引き起こしたのでは?と一瞬ひやひやしました。面白かったのでK君に1点(合計5点)


2017-12-11 週刊社長ブログ437

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・ウチの子供が食事中に

「なぜあなた方はお母さんの料理を”まずい”と言わないのか?」と言い放ったので、いろんな形で反論し言いくるめました。それ自体は間違ってはいないと思いますが、とげのあることをあえて言う人というのは必要だなと思いますし、空気を読んで場や相手のことを慮る人は、もしかすると保身に走っているだけかもしれない、とも思いました。

・ 評:いや、何気に奥さんの料理が「不味い」ことを否定していないし、、、それはさておき、言い方、伝え方に配慮や工夫があっていいと思いますし、それよりもきついことを言ったとしても根本のところで無条件に(100%でなくても)信頼している事と、その信頼が傷ついても必ずお互いに回復させられる、という気持ちがあれば、と思います。K君に4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・富岡八幡宮の事件は

かなり特殊なものだと思いました。お金がありすぎて、殆どのことが自分の意のままになる様な状態におかれると、人間おかしくなるのでしょう。

・ 評:特殊な例だとは思いますが、それに近い人は確かにいるような気がします。半面、我々が置かれている当たり前な状態についても、世界を見回してみれば相当に恵まれているという事も言えるわけで、そんな中での感謝をもって弁えた意識を忘れないでいたいものです。安藤さんに3点(合計5点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・週末寒かったので

先頭に行きました。もちろん年配のお客さんが多い分けですが、彼らの話を聞いていると日馬富士問題について「ドンでもない」との話が多かったです。もちろん、影響力の大きい立場の人ですから、いろいろ言われるのは仕方がないのはわかります。ただ、暴力沙汰があろうとも当事者同士の問題なので、訴えられなければ罰則もないわけで、また、話は少しずれますが芸能人の不倫問題なども何の関与も影響も受けない市井の人が社会的正義を振りかざして当事者を追い詰めるのはどうかと思います。

・ 評:いつだったかマッサージ師の女性によって暴行したとされる芸能人の母親が謝罪会見を開き、その一部始終を長々中継していた番組を見て暗澹たる気持ちになったのを思い出しました。目先の視聴率を追っているような番組ばかり作っていることで世の中が少し悪くなっている事に思いを至らせてほしいと思うばかりです。左治木君に2点(合計6点)


2017-12-04 週刊社長ブログ436

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・足がしびれヘルニア気味

と医者に言われ、滑りやすい床は良くないとのことで色々手を加えたところ、家の中が歩き易くなり、知らず知らずのうちに不便なことに慣れていたことに気づかされました。常普段のことについては特に感じ取る力が必要と思いました。

・ 評:会社が散らかっていたり汚れていたりすることなど、日常の中で少しずつ劣化し、それに気づかずやり過ごしていることなど多いと思います。常に「初めて来るお客様」の意識をもって日常に気を配れればと思います。古瀬君に4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・ミッフィーが

牧場の牛に餌をあげるという場面があります。また、世界一有名なネズミは犬を飼っていますが、その一方で犬の友達がいたりします。製作側がこういったことの違和感に気づかないというのはなぜかと思います。もしかすると西洋文化の根本的なものの考え方に何か根差したものがあるのかもしれません。

・ 評:確かに変ですね?そういえば食品の頭を持つ和製ヒーローの世界でも蒲谷うさぎは喋るのにパン屋の犬は喋れなかったりします。石田君に3点(合計5点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・精進料理を食べました

肉や魚を使わずに作られたウナギのかば焼きに似た料理が非常においしかったです。制限事項があった中での工夫の方が実はよい知恵が出るのかもしれません。それにしてもお坊さんの煩悩も大したものだと思いました。

・ 評:俳句などでも言われることですが、制限があった方がより表現できる世界が広がるというような話も聞きます。自由な発想にも何かしら足掛かりが必要という事でしょうが、一つの思考技術として利用しましょう。富田君に2点(合計2点)


2017-11-27 週刊社長ブログ435

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・ウチの妻がタブレットを見ながら

この人信じられない、というようなことを言っていたので見てみるとxxxx氏(社長注:当たり障りがあるので伏字)のTwitterでした。その内容はほぼ全て出張先で自分が食べ歩いたB級グルメについてのもので、コメントもいい大人が書く文章ではありません。twitterのようなどんな価値観を持ったどんな人が読むのかわからない媒体に、ある意味24時間365日衆目にさらされている様なプロフェッショナリズムが求められる半ば公人が書いている事が信じられませんでした。自分の立場を弁え、その行動が周囲にどのような影響を及ぼすか察知する鋭敏な感覚が我々にも必要と思います。

・ 評:自分は「お茶目」のつもりで書いているのでしょうが、極めて残念な事案ですね?公に発信するのであれば、自分の慰みでなく、広告塔として組織にとってポジティブな情報を流すことを考えるべきでしょう。私も気を付けたいと思います。藤本常務に4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・珍しく業者に

タイヤ交換を依頼したところ、適切でないナットが取り付けられていました。車内の目に付くところに違うナットが置かれていたことや、どのナットを使うかきちんと指示しなかった自分も悪いのですが、問い合わせてくれなかった業者にも問題はあると思います。ともあれ、人間、目に付いたもので対応してしまうという事は往々にしてあるので自分も仕事の上では気を付けたいと思いました。

・ 評:イージーミスは誰しもありますが、それを起こさないような常普段からの工夫や意識が大切ですね?筒井さんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・先日はブラックフライデー

でしたが、よく見ているとブラックフライデーを謳っているだけで少しも安くないお店が多かったりします。ブームに乗るのは悪くないと思いますが、結局根付かないのであれば元も子もないと思います。

・ 評:ブラックフライデー、知りませんでした。ハロウィンの次は独身の日、ブラックフライデーとあの手この手ですね?安藤さんに2点(合計2点)


2017-11-20 週刊社長ブログ434

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・市政110周年のイベントで

鷹狩をやっていたので観に行きました。始めてみる鷹狩は非常に楽しいものですが、運営で気になることがありました。鷹には獲物として生きた鳩を使うのですが、「鷹は生来他の鳥類を捕食するのでこれは残酷な話ではない」「とか「鳩に苦痛を与えない配慮をしている」など、言い訳が先に立ち、こういったことを何故行っているのか?その意義についておざなりになっているのが残念でした。このように世の中の風潮に迎合してばかりいると伝えるべきことが伝わらなくなるようで勿体ないと思いました。

・ 評:その通りですね?数パーセントの声の大きな人が発するかもしれない、そもそも来てもいないクレームを恐れて色々自粛し、肝心なことが為されないということは世の中多々あるように思います。何故でしょう?自分が責任を持つ、という発想が薄れているのでしょうか?何かあったときに自分が責任を持てないとか、上長や組織に迷惑をかける、と思うのでしょうか?世の中予測できないことの方が実は多いので、過剰に失敗をおそれたり無くしたりしようとする発想からは脱却した方が良いと思っています。左治木君に4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・南松本にある家具のチェーン店に

初めていきました。木材製品で良さげなものがあったので、よくよく見てみたら突板(社長注:薄くスライスした板。表面に貼ることで高級感を出せる)でがっかりしました。以前、岐阜にある知り合いの木工所に行ったとき、最近は木のことを知らない人材が増えたと嘆いていましたが、そもそも顧客がきの良さや美しさを知らず、そういった美しさを生かした製品を求めるということが減ってきていることに原因しているようにも思います。色々なものを見て知識を持ってほしいと思います。

・ 評:良い木材製品を長く使うという発想が、確かに薄れているように思いますね?それが目的ではないですが、良いものに沢山触れ、その心を識るということはしてゆきたいですね?中村君に3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・UNIQLOでズボンを購入しました。

濃い目のグレーのものが欲しかったのですが、なかったので黒を買ったところ、これが失敗でした。何故かというと、ズボンにつくホコリがとても目立つからです。とはいえホコリはズボンの色に関係なく付くわけで、今まで違う色のズボンでも同じようにホコリまみれで、それを気にせずはいていたとすれば、それに気が付いたことは収穫でした。

・ 評:確かに、黒は汚れが目立ちますね?私も以前乗っていた車の外装が黒だったので汚れが気になっていました。ともあれ、普段と違うことをするところから発見は生まれるものですね?石田君に2点(合計2点)


2017-11-13 週刊社長ブログ433

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・V長崎(社長注:J2のサッカークラブ)が

4年目にしてJ1昇格を決めました。昨年度は赤字決算を出すなどクラブの存続が危ぶまれていたのですが、ジャパネット高田の高田社長が株式を取得し、経営に乗り出したところから快進撃が始まりました。J1昇格を決めた際の高田社長のコメントはスタッフ一人一人の努力に対して丁寧に言及したもので、高田社長自らが立て直すという意思の下、出し惜しみせず締めるところは締め、きちんと経営した結果がJ1昇格に繋がったのだと思いました。高田社長であればオーナーとしての立ち位置でお金だけ出すというポジションもあったかもしれないと思うのですが、違った目線を持つ経営者だからこそできたことというのが大きかったのでしょう。今後怖い存在になると思います。

・ 評:来年松本山雅FCがJ1に昇格したとして、確かに怖い存在になりそうですね?監督が替わってチームがいきなり強くなることは時にあるように思いますが、経営者の意思と行動がこうも短期間にチームを変えることができるというのは、とても励みになります。分野は違えど、研鑽したいと思います。塩原君に4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・鍛冶職人に弟子入りした若者の

ドキュメンタリーをテレビで見ました。その職人は弟子を取るのが初めてのことだった、というのはさておき、弟子に対する指導が封建的で、自分が正解と思うことしか許さないやり方で、それでは人は伸びないのではないかと思いました。若いうちに自分で工夫して失敗した経験がなければ、正解といわれることが何故正解なのかもわかりませんし、失敗したときにそれを基に軌道修正する方法や新しい道を見つけることなどもできないように思います。その若者が職人として伸びるのは教える側の職人が年を取って積極的な指導ができなくなってからなのでは?と思ってしまいました。

・ 評:ちょっと私の思い込みかもしれませんが、戦後、歯を食いしばって日本経済を支えてきた世代の人たちは、その誇りとともに、自分の後の世代の人たちを見くびっている感じを時折受けます。それだけであれば良いのですが、自分たちの積み上げてきたことを壊されたり、自分たちを超えるような成功を若い世代がすることに対して無意識化に抵抗しているような場面に出くわすことがあります(あくまで私見です)。もちろん上の世代の人々のことは尊敬していますが、下の世代の人々には自分を超えてくれるよう支援し、失敗したときには受け止め、そして自分を尊敬することを強制することの無いよう、振舞ってゆきたいと思っています。石田君に3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・景気が良いといわれています。

そんな中、大手企業が大量に新人を採用しているのですが、景気が良いときは大量に採用し、悪いときはあまり採用しないという姿勢については予てから違和感を感じています。ビジネス環境が短期間で変化する昨今、2,3年gとのことも読み切れないなかでも、人材については5,10年後の姿を予測して採るのが本筋ではないかと思います。採用する側はもしかすると高度成長期のマインドのまま、何も先のことを考えずに機械的に採用しているだけなのかもしれません。

・ 評:そうですね?だとしたら国全体の人材活用という観点からとても損失が大きいと思います。他山の石としてとらえたいと思いますが、いかんせん現状で新人を採用することは人材を市場に出見つけるのが困難で、ハードルが高いです。福田君に2点(合計2点)


2017-11-06 週刊社長ブログ432

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・子供を叱っている時に

自分の子供のころのことを思い出します。自分は小さいころ転校したのですが、転校前の先生が優しいタイプだったのに対し、転校した先の担任はいつも不機嫌にカリカリ怒っているような人でした。その先生が出張でいない時などは、もちろん代わりの先生が来るのですが、普段から抑圧されている分、担任の先生よりは優しいであろう先生の前で、クラスの皆がざわついてまとまりがなくなったりしました。北風と太陽の話ではありませんが、普段厳しく統制を取るというやり方は負の側面の方が多いのかもしれません。そういったことを考えると子育てについても悩ましく思います。

・ 評:叱るそのやり方も色々あるようです。とはいえ根底にあるのは、相手(子供)が「自分からやりたい」と思うようになったり、「やることの意義」について「納得して習慣化」しようとするように意識づけることなのかと思います。私も子供に何か言うときは「自分の意に沿うことをさせる」ことが目的になっていないか?という事は常に考えるようにしています。大久保君に4点(合計11点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・フラの発表会で踊ってきました。

昨年の発表会ではひたすら「間違えないように」ということを考えていたように思いますが、今年は「観客にどのように届けるか?自分の役割をどのように果たすか?」といったことに意識が向くようになり、成長を感じました。仕事でも全体の中で何をしなければならないか?常に目くばせし考えられるよう、日々成長が必要と思いました。

・ 評:自分の領域のことが普通にできるようになって初めて余裕をもって見えてくる世界もありますね?お互いがそのように支えあってゆければ良いですね?渡部さんに3点(合計6点)

・ 「今週の一人一言銅賞」x2

・ ・お店の在庫の仕方が

10年前と違ってきているように思います。昔は棚に置かれていない商品について店員に問い合わせた際、倉庫で在庫を確認してくるということが普通だったのですが、最近では「棚になければない」というのが普通になってきているように思いまうs。トヨタ生産方式ではありませんが、世の中すべからく効率化が進み、少数の消費者都合よりも店側の都合が優先しているようで世知辛い気がしました。

・ ・お土産を買った際保冷剤をお願いしたところ、

小さなサイズのものしかなくしかも有償でした。どうしようかと考えていたところ、店員さんが奥から非売品の少し大きな保冷剤を持ってきてくれて、無償で商品に付けてくれました。最近、こういった気持ちの良い「損して得取れ」というやり取りが少なくなった気がしていたのでうれしかったです。

・ 評:確かにそうですね?「お客様のため」という言葉がありますが、その言葉を借りながら、結局のところ目先の自分の都合を優先しているようでは信頼に基づいた永いお付き合いはできないと思いますし、世の中がすさんでゆくことになると思います。河村君に2点(合計11点)、石田君に2点(合計6点)

・ ※おめでとうございます! 大久保君と河村君が10点超えとなったので、社長ブログ賞として南山(社長注:駅前通の焼肉屋)相当のお食事に御案内します。メンバーは前回権利を流してしまった左治木君を追加してください。日程を調整のうえ、11月20日までに私宛申し出てください。


2017-10-30 週刊社長ブログ431

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・近所の神社の宮司さんが

最近色々なことを言う人が増えたと話していました。例えば、キリスト教徒なので神社のお祭りには参加しない、とか、神輿担ぎには参加するが奉納相撲には出ない、など。個人の都合を前面に出すのは良いとして、地域のよりどころとして宗派信条を超えて受け容れるつもりのある神社としては、何とも残念な話だということです。地域の祭りに対してですが、いろいろ言う割には全く参加してくれない地場のお寺の住職さんや、率先して色々な役を担ってくれたりする宣教師の方など、様々な人がいる中、人々のよりどころも変わってゆくのかと感慨を覚えました。

・ 評:昔は「それしかなかった」ことが、拠り所たる所以であったのでしょうね?今、むしろ満たされた時代にあって、地縁のある人々とある意味我慢して折り合いをつけて共存してゆくための新しいやり方が求められているのかもしれません。匿名君に4点(合計7点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・引っ越す前に利用していた

平田のツルヤ(社長注:地元のスーパー、「平田」は地名)には、我が家でエース、種家ではカリスマとよぶレジ打ちのプロがいて、ちょっと列の並びが長くても結局そこが早くはけるのでその人のレジに並ぶようにしていました。あわせてそのエースの下にハイレベルな人が2人、その他にも良い感じの人が数人いるというラインナップだったのですが、現在メインで使っている渚のツルヤではその様な職人レジ打ちの人がおらず、総じて平田店に比してレジのレベルが低いように思えます。強いスポーツチーム見られるような、優れたエースや四番打者に相当する人がチーム平民のレベルを押し上げるようなことがここでは起きていないのか?などと感じています。

・ 評:意識や技術の高い人が集団を啓蒙しレベルを上げるというのは間違いなくあるでしょう。野村監督のいうところの「エースと四番は育てられない」ということらしいので、自ら成長して皆を引っ張る人材となってくれることを期待しています。河村君に3点(合計9点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・先ごろ亡くなられた

日本を代表する蝶類生態研究家浜栄一さんが遺された貴重な蝶の標本をどのように扱うか、収蔵設備の見学とあわせて、博物館の方や関係する行政の方々とお会いしお話する機会がありました。設備の方は、所謂箱物でそれなりに立派なのですが、いかんせん標本コレクションの価値を理解し適切に扱える学芸員の方がいらっしゃるわけではなく、そのまま諸手を挙げてお願いできるような状況ではない印象を受けました。長野県は単位人口当たりの博物館数が全国でも有数なのですが、民族、歴史関係の博物館がほとんどです。昔フランスとドイツとで、どちらが田舎か?という論争があったそうで、ローマ帝国に先に侵略されたから民度が高い、と理屈をこねたフランスの様に、民度が低いがゆえに地域の歴史を誇示したいと思っているのではと邪推したくなります。それはそれでよいのですが、長野県が全国に誇る自然関係の博物館があまりなく、そういったことがないがしろにされていることが大変に残念です。

・ 評:言われて確かにそうだな、と感じます。自然があることが当たり前で、その当たり前に自ら価値を見いだせていないとすれば残念なことですね?里山を守る人が着実に減り、山が徐々に荒れてゆく中、どうすれば良いのか?と思うことも多いです。藤本常務に2点(合計6点)


2017-10-23 週刊社長ブログ430

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・道路で車に

煽られる関係のニュースが続いたせいか、ここ1,2週間は穏やかに運転している車が増えたように思います。感覚的な話ですが、煽ってくる車は一般道では所謂DQN系の車で、対して高速道路ではメルセデスのような高級車と営業車が多いように思います。営業車は時間に追われて焦っているケースがままあるので、いつでも走行車線に戻れる余裕をもって走るようにしましょう。

・ 評:ニュースが人々の行動に影響を及ぼしているというのはあまり実感していませんでしたがあるのでしょうね?問題行動をとる(取りがちな)車両というのは全体の何パーセントくらいなのか、本当のところを知りたいものです。小瀧さんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・報道されている日産の

不正問題ですが、無資格のまま7年も検査をしていたとしたら、それはもうプロでしょう?という話を家内としました。技能的に問題ないレベルにあるとすれば、そのスタッフに資格を与えないということの意味が却って分かりません。職能や給与制度に何か歪みがあるのでしょうか?

・ 評:確かにそういうことも言えるかもしれません。詳しくニュースを見ていないのですが、日産側は、資格が必要だということを認識していなかったという答弁をしていたように思います。実際のところはどうなのでしょうか?有資格者でなければ安全を担保できないという事象は確かにあると思いますが、街の薬局で風邪薬を買うときなど、薬剤師から対面で購入する意義はあまり感じなかったりします。とはいえ、「ムダ」を許容しつつも線引きすべきことも世の中にはあるわけで、今回のケースがどの程度の重みをもつ検査なのか詳しい人に訊いてみたいところです。中村君に3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・東芝メディカルシステムズが

以前身売りをしたわけですが、現在はキヤノンメディカルシステムズと社名を変え、東芝の呼称がなくなっています。東芝は現在の苦境の中、稼ぎ頭の半導体部門を筆頭に切り売りされ名前がなくなっていく流れの中、昔の日本を代表する製造業の看板が崩れていく様を見せつけられると色々考えさせられることがあります。自分も製造業に携わるものとして身を引き締めたいです。

・ 評:身売りされる東芝の状況を見るにつけ、残念に思うことが多いです。競争力を持つ事業体としての「東芝」としての名前と従業員の雇用を最大限守るとすれば、半導体部門を中核に不採算部門の方を整理統合売却する、というのが適切だと思っている人も多いと思いますが、現在の状況を見るに、債権を持つ金融機関と一時代を築いた過去の本流に居た人たちの面子の方が優先されているように見えます。他山の石としたいと思います。種君に2点(合計6点)


2017-10-16 週刊社長ブログ429

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・小学生の子供が

学校の図書館で「ズッコケ三人組」を借りてきました。ロングセラーかつロングテールな商品と思いますが、こういった本は親が幼少時代に読んでいて良い本だと思って子供にも買って与えているというサイクルの中で生き残っているのだと思います。良い作品は長く残るものだな、と改めて思いました。

・ 評:確かにそうですね?ところで、内容は昔のままなのでしょうか?時代の移り変わりとともに、例えば公衆電話を見かけなくなったなど、身近にあるものや常識自体が変わってきているものも多いと思います。そもそも「ズッコケ」という言葉も最近は聞かない気がします。ちょっと興味があります。種君に4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・夜セブン

というキャンペーンがあるようです。期間中16:00〜24:00限定で、特定商品が割引になるようなのですが、セブンイレブンだけかと思っていたら、お弁当屋さんのホットモットも夜50円割引をやっているようでした。どちらかが仕掛けた競争なのか?それても独自の企画なのかは知りませんが、知らない世界も多いと思いました。

・ 評:異なる業界にはその業界なりの視点やトレンド、そして競争があるのでしょうね?振り回されるのは避けたいですが、そういった企業の行動原理や思考方法については興味があります。青柳さんに3点(合計7点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・CoCo一番の

フライドチキンサラダが好きで良く頼んでいたのですが、3年前にキュウリが具材からなくなり、最近になってチキンのカットも省かれるようになりました。昔はあったかいチキンと冷たいキュウリのマッチングが好きだったのですが、さらにチキンがカットされていないことにより、野菜と一緒に一口で食べることができなくなったので、これまで気に入っていた味わいがなくなってしまったことに気が付きました。改悪された初めて何が気に入っていたか?に気が付いたわけで、そういった意味では考えるきっかけをもらってよかったと思っています。昔のチキンサラダ復活を要望した私のアンケートが本社で採用されることを願っています。

・ 評:当たり前に享受している事項については、ありがたみや、その要因について確かに深く考えていないことが多いのでしょうね?そういったことを身の回りに探してみると面白いでしょう。チキンサラダ、復活するとよいですね?富田君に2点(合計7点)


2017-10-10 週刊社長ブログ428

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・いびつな通学区の問題に関する説明会が

先日近所で行われました。市の担当者が来て色々説明したのですが、基本的には「変えられないので我慢してね?」という論調で、出席した住民も妥協できるところは妥協する形で建設的な話をしたいと思っても、担当者は曖昧、ウヤムヤな回答しかしてくれず、とても残念でした。うがった見方をすれば、「説明会を何時幾日開催して住民の方に説明し、納得いただきました」というアリバイ的な報告書を書くことだけが目的の会のように思え

いびつなものは少しでも直していこうという考え方があってほしいのですが、教室が足りない/余るといった物理的な問題が起きない限り、現状を変えようとしないその姿勢にはがっかりします。

・ 評:歴史のある組織であればあるほど、雑多な集団による組織であればあるほど、現状維持をしようとする圧力が大きくなるように思います。なぜでしょう?無謬主義や前例主義は官僚に限った考え方ではないようにも思います。せめて、他人の小さな挑戦(現状を良い方向に変えようとする試み)に対して考えなしに足を引っ張るような言動だけは慎みたいと思います。大久保君に4点(合計7点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・ISOの審査が終了しましたが、

毎回審査官と話が通じないことにストレスを感じます。これは現場で業務を回すうえでの概念と言葉が、ISO規格を包括的に記述するためののそれと異なることから生じているので、審査においては通訳が必要だと感じます。ISOの審査は「定められた手順を守って記録をきちんと残しているか?」という点を主眼に行われますが、定められた基準が適切なものでなければ必ずしも品質が担保されるわけではないので、無駄だと思うことも多いです。

・ 評:言い分は良くわかります。反面、例えばステッパ(半導体製造用露光機)のようなハイエンドさ装置の開発製造において、規格化の下多民族を束ねて覇権を取ったASMLと、どこかしら職人技に依存することから抜け出せず撤退に追い込まれたNIKONやCANONの例を考えると、現場オリエンテッドに極度に傾倒することには不安を感じます。左治木君に3点(合計7点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・私はトルクスネジが

好きではありません。ネジが浅く、Lレンチ、特に短い側でネジを締めたり緩めたりしようとすると軸がずれて上手く回すことができず、場合によってはネジ山をなめてしまうことが良くあります。最近トルクスネジを数多く使わざるを得ないケースがあり、専用のTレンチを購入して作業をしたのですが、Lレンチと異なり軸がずれないので、きちんと締め、緩めができ、逆にトルクスネジが好きになりました。と、同時に、これまで問題(気に入らないこと)の原因が分かっているのにそこで思考停止し、対策を考えようとしてこなかったことに思いがいたりました。そういったことは案外多いかもしれません。

・ 評:確かにそういったことは多そうですね?あと、日常と化してしまって非効率なことを延々と続けているようなこともありそうです。常に新しい目で物事を見て考える必要がありますね?星沢君に2点(合計7点)


2017-10-02

・ 週刊社長ブログ427

※週刊社長ブログについて

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・弊社のとあるロングセラー商品ですが、

秘伝のレシピがあり、いまだに私がその調合を行っています。ちょっと大変なので、私が「そろそろ、これ作るの止めない?」というと、即座にスタッフのNさんやT君に「常務、何言ってるんですか?」と却下されます。常務取締役の言うことに現場スタッフが異を唱えることなどあってはならないという会社もあると思いますが、こういったことはむしろ重要で、ウチの会社では皆がきちんと役割を理解し、それに沿って仕事をしている証左ともいえるように思います。肩書というものは、チームが成果を上げるうえでの機能という観点から言えば、意味がないともいえるわけです。大事なのは個々人がどういう立ち位置で機能を果たすが?そういったことを皆が良く理解することです。

・ 評:「俺は聞いてない」など、頭越しに物事を進められると怒る人がいますが、チームの目的に適い責任の所在が分かっていればよく、その責任の所在こそ、現場にできるだけ委譲してゆくことが好ましいのではないかと思います。藤本常務に4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・東南アジアで

気を付けなければならないことの一つに、タクシーのぼったくりがありますが。色々な規制を当局が作っているのかいないのかは分かりませんが、現地事情に疎い外国客が結構被害に遭っている事は間違いないと思われます。これに対して最近はドライバーの評価や運賃が乗る前から明朗に提示されるUBERのシステムが状況を変えてきているように見えます。問題を根本的に解決するためには仕組みを変える必要があるという事例と思います。

・ 評:日本ではあまり定着しそうにないUBERですが、他国ではそういった実需があるということですね?なるほどと思わされました。富田君に3点(合計5点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・実験で米国製の鏡筒を購入しました。

調整用のネジキャップの出来が素晴らしく、力をかけて回すとそのまま慣性でネジ端まで自然に回り切りと手御勘当します。きちんとできているものは人を元気にし、時として恍惚を与えるということをしばらくぶりに体験しました。そのキャップは肉薄で、どのようにすれば歪みなくそのような高い精度で加工できるのかあれこれ考えてしまいました。アメリカ人も侮れないな?と思ったのですが、何のことはない日本の埼玉で作られたものでした。

・ 評:その感覚はわかります。世の中コストパフォーマンスが先に立ち、消費者に文句を言われないもの、文句を言われても交換などオペレーションによって最低限のコストでペイできるもの、に商品が収れんしているように思います。そういった負のサイクルからは距離を置いていたいものです。星沢君に2点(合計5点)


2017-09-25 週刊社長ブログ426

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・NHKの小さな旅という番組で

城崎温泉のことが取り上げられていました。城崎温泉では条例に則り全ての温泉宿が外湯前提に街づくりをしていますが、その外湯巡りに対する取り組み方の本気度が違っていて驚かされました。その条例は大正時代に起きた震災の際、外湯だけが残されたところから街を復興しようとしたことに立脚したものだそうですが、そういった絆で繋がることでとんでもない強さが生まれるということ見せつけてくれています。これは一度行ってみる必要があると思い、ネットで調べたところ、城崎温泉は京都から電車で2時間20分、鳥取からは2時間と、松本から行くには6時間近くかかるというとんでもない田舎で、そう簡単にはいけないことが分かったのですが、そんなとんでもない田舎でも栄えているビジネスモデルがあるということにとても考えさせられました。

・ 評:その番組についてネットで調べてみました。待ちでは「共存共栄」「みんなでひとつ」の精神で、街の若い人たちが仲間とともに汗を流し街を盛り上げているとのことです。一度行かねば、と思う反面、手の届く範囲で同じ意識を広めてゆく試みを少しでも行うことの方が重要なのかな?とも感じました。左治木君に4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・子供にものを教える時、

自分は結構「なんでこんなことができないのか?」「もっと考えて集中してやれ!」などと怒り勝ちだったりするのですが、こういった行動は、親自身が「自分は大変なことをやっている、できている」との自己顕示の裏返しではないかということに気が付きました。他人に認められなくても、弱い立場の人に押し付けなくても、自らきちんとした目的をもって納得できる行動ができるようになってゆきたいと思います。

・ 評:自分ができていて、他人ができていないことに対して、結構強く当たってしまうのは人間ありがちなことだとは思います、が、逆の立ち位置にあることがあるかもしれないという想像力を働かせ、鷹揚に対応する態度を身に付けたいものです。なかなか難しいです。金盛君に3点(合計5点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・時折、家で子供とかくれんぼをします。

子供は押し入れや、タンスの陰などに身を隠すというのが常だったのですが、近頃大きめのぬいぐるみの中に紛れて静かにしているという技を出し、意外に見つけることができずに、その発想の転換に驚かされました。ある意味参考になりました。

・ 評:「隠れる」ということの目的は、「見つからない」ということであり、額面通り「隠れる」事が目的では必ずしもないわけですが、それにしても子供の発想は素晴らしいですね?河村君に2点(合計6点)


2017-09-19 週刊社長ブログ425

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・老朽化したキュービクルのLBS(社長注:配電元設備の大型ブレーカー部品)を

保安協会からの指摘で今回交換します。設置から25年以上たっているので適切な措置ではありますが、そういった目で見てみると社内の配線や電気設備は色々なところで老朽化が進んでおり、それ以外にも定期的に手当てが必要な個所に気が付きます。皆で使いまわしているものはいつでも、何時までも使えるような気分でいますが、ある日突然不具合を起こし、業務に支障をきたすということも起こりかねません。何となく使っている物こそ気を付けたいと思います。

・ 評:身の回りの物事は少しずつ劣化してゆくので相当に意識していないと気が付きません。所謂ゆでがえるにならないように注意してゆきたいですね?青柳さんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・日中友好記念の

三国志大型人形劇を観てきました。想像を超えた60体もの大型人形をたった8人で演じており、その体力、気力、技量に驚きました。もう一度三国志を読みたくなりました。

・ 評:相沢病院長が会長をつとめる日中友好協会松本支部の企画だったかと思いますが、事前に知っていれば私も観に行きたかったです。相当な迫力だったのでしょうね?こういった交流が広がるとよいと思います。塩ら君に3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・迷惑電話について、日々対応していますが、

最近キュービクルに関する交換ネタの案内も多く来るようになりました。どこでどのようにそういった情報を得ているのか?考えてみると彼らの情報収集力はある意味すごいと思います。

・ 評:どういったところに営業のネタがあるか?またそういった情報をどのように手に入れるか?色々知恵を凝らすべきところと思います。お客様のご迷惑になることはいけませんが、どん欲な姿勢は見習いましょう。安藤さんに2点(合計9点)


2017-09-04

・子供のPTAで
・子供のサッカーの試合で、
・週末、一人でご飯を炊こうとしたのですが、

2017-09-11

・装置納品先の食品工場で
・明治のカールが
・私の好きだったポポロンも

2017-09-19

・老朽化したキュービクルのLBS(社長注:配電元設備の大型ブレーカー部品)を
・日中友好記念の
・迷惑電話について、日々対応していますが、

2017-09-25

・NHKの小さな旅という番組で
・子供にものを教える時、
・時折、家で子供とかくれんぼをします。

2017-10-02

週刊社長ブログ427
・弊社のとあるロングセラー商品ですが、
・東南アジアで
・実験で米国製の鏡筒を購入しました。

2017-10-10

・いびつな通学区の問題に関する説明会が
・ISOの審査が終了しましたが、
・私はトルクスネジが

2017-10-16

・小学生の子供が
・夜セブン
・CoCo一番の

2017-10-23

・道路で車に
・報道されている日産の
・東芝メディカルシステムズが

2017-10-30

・近所の神社の宮司さんが
・引っ越す前に利用していた
・先ごろ亡くなられた

2017-11-06

・子供を叱っている時に
・フラの発表会で踊ってきました。
・お店の在庫の仕方が
・お土産を買った際保冷剤をお願いしたところ、

2017-11-13

・V長崎(社長注:J2のサッカークラブ)が
・鍛冶職人に弟子入りした若者の
・景気が良いといわれています。

2017-11-20

・市政110周年のイベントで
・南松本にある家具のチェーン店に
・UNIQLOでズボンを購入しました。

2017-11-27

・ウチの妻がタブレットを見ながら
・珍しく業者に
・先日はブラックフライデー

2017-12-04

・足がしびれヘルニア気味
・ミッフィーが
・精進料理を食べました

2017-12-11

・ウチの子供が食事中に
・富岡八幡宮の事件は
・週末寒かったので

2017-12-18

・話題のショッピングモールに
・週末京浜東北線でトラブルがあり
・金井さんがソユーズで
・先週の朝礼で

2017-12-25

・新型あずさが
・年の瀬を迎え
・渚ライフサイトで

2018-01-15

・昔近所に道路が開通し、
・地図上で一軒家を見つけて
・寝ぼけ眼で出勤したのですが、

2018-01-22

・「当たり前」という言葉ですが、
・エアバスA380という
・混雑したエレベーターで、

2018-01-29

・来客用のお弁当ですが、
・DIYの店に
・携帯にカメラが付いたのは

2018-02-05

・東電の発電能力が
・医療機器の出荷に
・運転免許証更新の講習で

2018-02-13

・弊社製品の作り方を
・「しあわせ」という
・今回も町内会ネタですが、
※おめでとうございます! 河村君と石田君が10点超えとなったので、社長ブログ賞として南山(社長注:駅前通の焼肉屋)相当のお食事に御案内します。河村君は2回連続ですが、A5の肉を食したいとのことですので、その期待に今回も応えましょう(w