トップ 追記

エンジニアリングシステム株式会社 | ESCO社長 柳沢真澄のブログ


2020-07-06 週刊社長ブログ555

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・レジ袋が

遣われるようになったのは1980年前後からだったと記憶しています。当時から「貰えるのが当たり前」なものだったので、今回の有料化では「お金を払うのか?」といった感覚が抜けません。各自治体では、処分費を一部乗せたゴミ袋が売られています。同様に自治体がおしゃれな買い物用レジ袋を有料で作ってみるのも良いのではと思いました。

・ 評:脱プラスチック(石油由来材料)という流れはトレンドと思いますが、こういったトレンドが、誰の意思によりどのようにつくられるのか?興味があります。海洋汚染の問題など、何十年も前から言われてきたことなので。RWさんに4点(合計6点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・レジ袋が有料化されたわけですが、

毎々の昼食のお弁当容器は使い捨てで、そう言ったところに矛盾を感じます。プラごみの分量はどの程度今回の措置で削減されるのでしょうか?やり方を変えるためには、人々の意識を変えるかテクノロジーを進化させる必要があると思います。一方、こういった真の意味での環境負荷削減の施策は色々提言されていて、正解と思える言説も目にするのですがなかなか広がらないように思え、そう言ったところの分断に問題があるのだと思います。

・ 評:(一社)プラスチック循環利用協会などの資料にあたってみましたが、レジ袋の削減効果はとても限定的なようです。それでも7月に実施したのはオリンピックに当て込んだアピールという色彩がつ様様です。オリンピックは延期されているのにこういった事は粛々と実施されるというのもとても日本らしく、頭が痛いです。OSさんにて3点(合計6点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・雨が降り、気温がある程度高いと

雑草がすごい速度で成長します。河原でも刈った端から草木が生えてきて驚きます。こういった景色を見た時「雨後の筍」という言葉を思い出すのですが、よく考えるとその「雨後の筍」を見たことが実はありません。昔は皆の身近にあって誰もが実感をもって共感できることだったと思うのですが。そういえば現在では黒色のものが存在しない黒板や、下駄の入っていない下駄箱など、過去に作られた言葉が実態が変わってしまった現在でも継続して使われているようなものは多く、学習によりイメージが定着されていることを示しています。「雨後の筍」に限らず本物を見たときには感動するのでしょうか?

・ 評:フロッピーディスクのアイコンや、電話の受話器のアイコンなど、最近のデジタルネイティブな十代の人が実は見たことがない、歴史を引きずったものは案外あったりしますね?そういったモノだけでなく、過去の考え方を引きずって今を生きているという事も多そうです。立ち止まって考えてみたいですね?MOさんに2点(合計6点)


2020-06-29 週刊社長ブログ554

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・京都に営業に行った際

インバウンドの観光客がおらず、街も呑み屋も閑散としていました。そのことをタクシーの運転手に話したところ、そうではない、との答えが返ってきました。運転手さん曰く、昔の京都はイベント時のみ観光客がいる街で、今はただその時代に戻っただけだとのこと。そもそも日本人は全国的なタイミングで動く修正があるので、さもありなんと思いました。福井や金沢の呑み屋も、インバウンド景気前は「もともとガラガラだった」とのはなしで、そこから考えると、ご当地の人は通常営業マイナスではあるものの、動き出しているようでした。

・ 評:飲食を含め、観光地でのコロナ感染症の影響は想像を絶するものがあります。ただ、その中でも、変化した環境に適応すべく、きちんと現実を見て動き出している人々には勇気をもらいます。我々もきちんと向き合ってゆきましょう。KSさんに4点(合計8点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・トヨタのプリウスが

発売されてから20年以上たちます。発売当時、ハイブリッドカーなのにマフラーが見えることに違和感を持っていたのですが、これは道交法による「マフラーは車の後部に見えている必要がある」という規制のためである事を後に知りました。この道交法ですが、2年前に改正され、マフラーが車両後部から見えていなくても良くなったらしいのですが、未だにマフラーが見えない車は登場しておらず、それどころか、逆にフェイクのマフラーを備えた車があったりするので、何を考えているのだろうと思います。デザイナーが旧態依然とした考えしか持っていないのでしょうが、早くマフラーのない車に登場してもらいたいです。

・ 評:そんな規制があったんですね?道交法も色々な積み重ねの結果なので、現状考えれば不要な内容も含まれているというのは想像に難くありませんが、フェイクのマフラーというのは不思議な気がしますね?変化の速い世の中で、固定観念に囚われて自身が縛られることのないよう、我々も注意してゆきましょう。NKさんに3点(合計5点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・ホビー向けの

3Dプリンタを2万8千円で購入しました。安かろう悪かろうかと思っていましたが、意外ときちんとしていて狭い間隔での積み上げも思いのほかきっちり造形できます。数年前はかなりチャチかった事を思うと、隔世の感があります。

・ 評:そうはいっても個人のホビーユースで3Dプリンタを持っている人は案外いないように思いますので、羨ましいです。どんなものを作っているのか又教えてください(というより、作ってもらいたいものがあるのでお願いできますか?)RFさんに2点(合計2点)


2020-06-22 週刊社長ブログ553

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・動画配信サイトのNetFlixが

一定期間利用のない有料会員宛の請求を勝手に解除したという話を聞きました。これはサブスクリプションサービスを行っている企業であればどこでもできることのはずですが、実際に行っているという例を訊いたことがありません。それよりも、会員が忘れていることを幸いに、敢えて黙って課金し続けるような企業が殆どと思われる中、対面商売であれば当たり前と思われるこういった対応を取れるところに王者の貫禄を感じます。損して元トレみたいな目論見があったのかもしれませんが、なかなか弱者にはできない戦略だと思います。こういった余裕の対応ができる様、自分事として考えたいと思います。

・ 評:素晴らしい対応ですね?携帯電話など、契約時に口八丁で丸め込み、解約することをユーザーが忘れることを積極的に期待して取り敢えず色々なサービスを契約させているような、不誠実なサービスが横行している中、素晴らしい対応と思います。同じく携帯電話でも、新しい割安な料金プランが出ても、それを既存ユーザーには積極的に知らせないというのもとても不誠実だと常々思っていました。我々は誠実にビジネスを行ってゆきましょう。MOさんに4点(合計4点)、

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・中国の工場が再開している中、

日本人技術者が戻らないことで不良品が多発している、というニュースを見ました。「やっぱりな」と思ってしまうのですが、そういった視聴者を引き付けるニュースはとても危険だと思います。工場の新しい在り方や新しい価値観が出てくる中、旧いものの見方を引きずることは良くないと強く思いました。

・ 評:本当ですね?人は自分の都合の良い様に物事を見がちです。都合の良いという事は上手くいっている過去の自分や集団の価値観を肯定することに他ならないので、それが未来に向かううえで良い影響を及ぼすかどうかはフラットに考えないといけないでしょう。KTさんに3点(合計9点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・某球団は

昔からダメで、同省もありません。野球をやる上では4番とエースが来もですが、チームをけん引する核となる人材が駄目だと、やはり全体が駄目なようです。特に某球団はシーズン当初のプランAが破綻するとそのシーズンは沈んだきりですが、他球団は得てしてプランA’やB、Cなどを繰り出して何とか立て直すケースが見られ、そこら辺を準備しているのに対し、某球団はシーズンが終わったら総括も特にせず、ガラガラポンでまた同じことを繰り返している様で、そこがダメなところと思います。

・ 評:企業も同じかもしれません。ダメなところを直視し総括した上で、諸々代替案を準備しながら進める必要がありますね?KFさんに2点(合計5点)


2020-06-15 週刊社長ブログ552

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・奥さんの実家の畑で

家庭菜園をすることになったのですが、義父母の気合が過剰に入り度を超えた手出しをしてくれたため、自分たちのやることが無くなった上、子供まで「やりたくない」とへそを曲げてしまいました。結局、更に土地を借り、自分たち家族用に追加の菜園をすることになりました。祖父母としては良かれと思ってやったことと思いますが、人を手伝ったりアドバイスするという事は難しいことだと思いました。

・ 評:教えたがりな心持は分かりますね?自分が知っている事、特に「これをやるとうまくいかない」という経験については、相手に対する親切心や自分の優位性を実感したい心持などがないまぜになって、結局押し付けてしまうという行動になりがちなのは、よく見られる話と思います。子育てをしていて私も思うのですが、「子供が失敗する経験を先回りして奪ってはいけない」という事です。難しいですが、YFさんに4点(合計8点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・先週末

毛虫に刺されて大変でした。刺された直後は痒さや痛みで夜も眠れなかったのですが、医者に薬をもらって使用することで、ずいぶん助けられました。日本の医療の凄さに改めて感謝しました。考えてみれば、昔はちょっとしたことで命を落としていた様に思われます。この様な素晴らしい医療制度が崩壊しないよう日頃からできることをしてゆければと思います。

・ 評:私も近代医学のおかげもあって今こうして生きていられるので、その素晴らしさに対して感謝こそすれ異を唱えるものではないのですが、どんなに問題を解決しても、解決したがゆえに発生する新たな問題がまた人を悩ませるものだとも考えています。そういった根深い問題はさておき、薬で回復できたのは良かったですね?OSさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・コロナ騒動が

収まってきたように思いますが、その油断から来るのか相変わらず不用意な集まりによる集団感染が報じられています。第2波、3波が来ないことを祈っていますが、いつになったら収束するのでしょうか?

・ 評:100年ほど前にスペイン風邪が流行ったときの知見がどれくらい役に立っているのか?詳しい人に教えてもらいたいところです。また、第2波、3波が来たスペイン風邪が、どのような条件を満たした結果収束したのか?そこらへんも知りたいところです。SAさんに2点(合計9点)


2020-06-08 週刊社長ブログ551

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・他人を心配する気持ちの中には

その心配事(問題)が起きて欲しいという心持が含まれていることがあるように思います。相手が失敗したときに「だから言ったのに」と、言いたいといった気持ちです。心配しすぎて動けなくなるよりは、何が起こっても、うまくいかなくても「大丈夫だよ」「なんとかなるよ」と大きな度量で受け止められる、そういう態度で物事に接したいものです。

・ 評:ハッとさせられました。心配する心持の中には、自分の方が「物事を知っていてうまくやれる」とか「相手に上手くやってほしくない」、そしてその上で「自分がマウントを取りたい」という気持ちが無意識にさしはさまれているのかもしれません。心の在り方を見つめ直して改めてゆきたいものです。KKさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・松枯れ対策に

農薬を散布するということを松本市長が中止しました。この農薬はネオニコチノイドという分類のもので、欧州では人体に害があるとしてほぼ禁止されているのに日本では未だに仕様が許可されているのは非常に不思議です。そもそも、松が枯れた時、昔はその木を切り倒して周りに被害が及ばないよう諸々手を入れたと思うのですが、今は、そういった山の手入れをせず、例えばマツタケや景観だけ良いとこどりしようとしている姿勢自体に問題があると思います。農薬はカミキリムシだけでなく他の昆虫全般の生態系を壊滅させます。もっと真剣にどうあるべきか考える必要があると思います。

・ 評:諸々の意見はあると思いますが、私も農薬散布には反対の立場です。散布を求める人の考えや根拠について、知りたいと思っています。農薬をまくことで、「対策をしている」という免罪符を得たいという事であれば、それは大きな誤りと思います。効果があるかどうか、事実を検証してゆく姿勢が求められると思います。KFさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・スペースXという

会社が人類初の民間企業による宇宙旅行を実現したというニュースがありました。それもすごいのですが、もっとすごいのは、従来型のロケットでは大気圏に「棄てて」いた1段目のロケットが再利用のために逆噴射で地上に戻ってきて見事に軟着陸したという事の方に感動します。生きているうちにこういうSF的なシーンを見ることができたことに感謝するとともに、日本のロボットアニメを見て育った自分にとってはこういうことが日本で実現していたらもっと嬉しかっただろうと思いました。

・ 評:そのニュースは知りませんでした。特番もあるようなので見てみたいと思います。いずれは誰かがやるだろうことでも、最初にやることは意義がありますし、大変なことと思います。スペースXはこのロケットを利用して大量の通信衛星を軌道に投入するらしいですね?そういったことも初めて知りました。HTさんに2点(合計7点)


2020-06-01 週刊社長ブログ550

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・今日から

子供も普通に登校です。るう金の車の量も増えていました。こういった渋滞は、普段なら「チッ」と思うところですが、今日に限って言えば混雑も活気の証と、少しうれしく感じました。

・ 評:緊急事態宣言解除後、初の週の頭となりますね?日常が還ってきたと考えるのか、新たな日常への第一歩なのか?後者であることを前提にものを見てゆかなければならないと思いますが、先ずは嬉しさを感じる出だしでしたね?YFさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・社内での打合せには

「マスクは必須でない」というのが会社の方針として出されていますが、この朝礼では全員がマスクを着けています。自分は不要と思いますが、こういった事は一番気にしている人に合わせがちというのは分かります。とはいえ何とかならないでしょうか?

・ 評:私も同調圧力に負けてしまいました。自分が気にしている事に対して他人が無頓着であることに対し、寛容でいられるメンタリティが広がると良いですね?ただ、こういった同調圧力による大衆の相互監視社会が日本の強さのある側面を支えているのは事実と思うので、違った形での進化が求められていると思います。SIさんに3点(合計9点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・特別定額給付金の

使い途は?という広告が自転車屋さんに貼ってありました。よく見てゆくと、これを機会に通勤を見直して自転車に切り替えませんか?という内容でした。政府や自治体の施策に対して「屋ってくれない」「〜してほしい」といった声をよく聞きますが、自分たちのことは自分たちで考え主体的に行動できるような形でありたいと思います。

・ 評:そうですね?コロナ後は違う世界が始まるという前提で、新しいことを素直に受け容れそれに沿って自分の生活を一から組み立ててゆくような完成でありたいですね?RWさんに2点(合計2点)


2020-05-25 週刊社長ブログ549

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・災害やトラブルが起きるたびに

機能がマヒする首都圏への人口集中はいい加減終わりにしてほしいです。アフターコロナとしてテレワークを続ける企業や本社を郊外に移転する企業が出てきたという話を聞きますが、東京に本社があるということ自体が「ダサい」と思われるような世の中になってほしいと思います。

・ 評:この問題を考えるとき、地方では職がない(食えない)のに対して、東京には職がある(食える)のはなぜか?ということを考えざるを得ません。主に地方は農業など1次産業で生計を立てている人の比率が大きいと思うのですが、そういった「食」など生きるために必須な事業に係る人々が都会の人に買いたたかれているという事なのでしょうか?本当のところを理解したいです。SIさんに4点(合計6点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・日曜朝の子供向け

スーパーヒーロータイムの番組を久しぶりに少し見ました。ゴレンジャーから続く戦隊ものですが、昔は女性枠は五人に一人で基本的にはピンク色のコスチュームで他のメンバーに護られる位置づけだったのですが、最近は色も緑とか他の色もあり、人数も増え、リーダー的な赤色のメンバーを助けたりしています。男女雇用機会均等化が進むご時勢に合わせているのでしょうか?

・ 評:昔と違って親を取り込むことも番組構成の戦略になっていると思います。物語や配役が若い世代の親の共感を得る作りという事ですが、そういった意味でも日々進化しているのは見倣うべきところがあるように思います。MAさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・新聞報道にもありましたが、

市が市民に対して一人当たり10枚のマスクを配ることとなり、うちにも届きました。計100枚近いマスクがバラで配られたら結構面倒くさいと思ったのですが、人数分10枚ずつに仕分けされていて感心しました。聞けば市の職員が各世帯の情報を基に全戸分の作業をされたらしく、その努力に対し、深い感謝の念を覚えました。

・ 評:色々言われますが、役所の人も日頃から色々ご苦労されていると思います。そういった人たちに感謝の念をもって常から接することで、相互の信頼が醸成され、結果、所謂お役所対応されることが減ってゆくのでは?とも思ったりします。NKさんに2点(合計2点)


2020-05-18 週刊社長ブログ548

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・コロナウィルス感染症の

治療に役立つと期待されているアビガンですが、原材料のひとつが国内で1社しか製造しておらず、大量生産をする上でのネックになりかねないそうです。この件に限らず、中国企業に頼っていたツケを払わされることになることは多そうです。基礎研究に金を掛けないと産業がドーナツ化を起こし国が衰退するとおもうのですが、マスクの配布に400億円以上パッと出せるのであれば、もっと良いことに使ってほしいと思います。

・ 評:世界的な流通システムがあることが「当たり前」になっていたことを多少反省しないといけないと思います。我々も主要資材の中に、一社寡占の調達をしているものがあるのでそういった事も見直していかないといけないでしょう。KSさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・会社帰りに

飲酒検問をやっていました。その場所で検問に遭遇するのは初めてなので驚きました。飲酒の検査といえば、呼気をストローから袋に詰めて、機械で計測するもの、と思っていたのですが、まず最初にその警察官の方は袋から出た呼気の臭いをかぐところから確認をしていました。この様子を見て、コロナ感染が喧しく言われる中、地道に現場の業務を遂行する警察官の方に本当に心の底からご苦労様と思いました。こういった人たちに日々感謝することと、さらに負荷軽減のためにできることがないか、考えなくてはと思いました。

・ 評:感染に留意しなければならない世情の中で、「臭いをかいで」というのはナシだと思うので、少し驚きです。現場の人のご苦労に思いを馳せつつ、不必要に大変な業務が現場で実践されることのない様、社会全体が経験値を上げてゆくことも重要と思いました。KTさんに3点(合計6点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・市内で見かけた

千葉ナンバーの車に「長野県在住者です」というステッカーが貼られていました。やはりいろいろ怖いのでしょうか?こういった切迫した状況では普段は表に出てこない負の感情や本性が出るのか、ともあれ安易に攻撃する人がある程度いるというこの世の中は生き辛いと思いました。

・ 評:岡崎ナンバーの自車を駐車場で傷つけられるという被害を受けた松本在中の知人がいます。多くはないと思うのですが、ごく僅かでもそういった危険がある、と思うと途端に世の中生き辛くなってしまいますね?どうしたらよいのでしょうか?KFさんに2点(合計2点)


2020-05-11 週刊社長ブログ547

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・自粛警察

という言葉を最近頻繁に耳にします。自粛生活に不満を持った人が正義を振りかざして他人を攻撃しているそうなのですが、そのせいか110番通報が非常に増えているそうです。場合によっては咳をしているだけでも通報された例があるそうです。自分だけ我慢しているのが耐えられないのはわかりますが、他人にその鬱憤をぶつけても仕方がないと思います。自粛しない人もそういった人を責める人もある意味どっちもどっちだと思うので、巻き込まれないよう休日は自分のうちにいるようにしています。

・ 評:ためらいを覚えず自分の正義を行使できる人の精神構造には宗教戦争に通じる怖いものを感じます。特に日本は、集団で耐えながら協調して行動することに美徳を見出しがちなので尚恐ろしいです。経験はないながら、戦時中の息苦しさに、もしかすると通じるのかもしれないと思ったりします。そういった面での社会的成熟をどのように醸成するのか?難しい課題なのだと思います。SAさんに4点(合計7点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・世の中では

問題が起きたときにやり方が変わったりします。例えば思い出されるのは地下鉄サリン事件後に、駅など公共の施設からごみ箱が無くなったことです。そもそもごみの収集にはコストがかかっていたので、経営している立場から言えば撤去すなわちコストダウンの良い言い訳ができたという見方もできるかもしれません。ゴミ箱についていえば、今は内部が見えるような工夫がなされて復活してきましたが、極端な変革の後、必要なものは必要なものとして形を変えてでも復活してくるようです。今回の騒動は、誰も困っていないことが変わるきっかけになるかもしれません。

・ 評:朝礼でも話しましたが、この機に困っている事象を工夫して解決するという切り口だけでなく、これまで当たり前にやってきたことを「やめてみる」良い機会であるかもしれません。とりあえず動いてみましょう。KTさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・コロナ騒ぎの中

学校が休みになり授業自体がオンラインで行われるようになっています。これまでは学校に行けない人はその集団の中で弱者だったわけですが、この措置によりそういった壁がなくなるのかもしれません。もちろん新たな問題も起きてくるのでしょうが、願わくば良い方向に変わってほしいものと思いますう。

・ 評:確かにそうですね?それより、そういった弱者を生んでいたこれまでの仕組みの在り方を根本的に問う必要のある時代に来ていると考えるべきなのでしょう。教育の根本的な目的、目標についても同じく時代に合わせて考え直さないといけないと思いますが、どうすればよいかは簡単な話ではないのでしょう。YKさんに2点(合計2点)

・ 「今週の一人一言鉄賞」

・ ・GWを自宅で過ごしている間

ネットで落語を幾つか視聴しました。普段であれば都会に出向かなければ見られない、そもそもチケットが取れない公演が、観客がいない中でカメラに向かって行われていており、大変堪能しました。落語などでは、観客との呼吸のやりとりも話芸のひとつと思います。観客がいないことでそれがどう変わるかと思いながら視聴しましたがそこはプロの技、常と変わらぬ質の高い芸を披露してくれていました。普段、寄席などでは数百人しか相手にしていないところ、ネットの先には数万人の視聴者がいたりします。落語の違うやり方がそこにはあるのかもしれません。

・ 評:本当に社会生活の様々な在り方が変化せざるを得ないように思います。大切なのは、変化を受け入れる柔軟な感性なのでしょう。HTさんに1点(合計5点)


2020-04-13 週刊社長ブログ546

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・某県でも

ついにコロナウィルス感染者が出ました。友人も自宅待機となっている中、友達と遠隔呑み会をしたという話を聞きました。今ある道具すら、使い方が変わるというのは面白い現象だと思います。

・ 評:こういった社会の変革時期に際して、今までやってきたことをバッサリやめて、やり方を変えてみるというのはアリだと思いますね?遠隔呑み会もやってみるとそれはそれで面白そうですし、また新たなメリットや作法が生まれてくるのかもしれません。HTさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・コロナ騒動が

落ち着いていないですが、首都圏に限らずスーパーで密接した状態で買い物をしたり、講演やサーフィンに出向いて濃厚接触の距離で他人と触れ合ったりと、危機感のない人が多くて不安になります。そういった人が感染を広げるのでしょう。自分はできるだけ自宅待機にて過ごしたいと思います。

・ 評:本当のところどうなるのか分かりません。ペストやスペイン風邪が流行したときと比べて、原因が特定のウィルスだという事が解明されてはいるものの、やれることは清潔を保つことと、人との距離を取る事など、その当時とあまり変わっていないのが残念です。ただ、文明を勧めた我々として、いかに平静を保ちつつ、自弱者を擁護して安寧な社会を維持し続けられるか?そういった事が問われている様に思います。SAさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・コロナ騒動の中

子供の体温計を使って自分の体温を諮ったら37.8℃ありました。その体温計は子供がもっと小さいころに購入した幼児用のもので、短い時間で結果が出るのが特徴の測定器です。37.8℃という結果が解せなかったので、短時間での計測モードでなく標準計測モードで測定したところ36.8℃という結果が出ました。普段業務で温度を測定している自分からすると、短時間で予測するモードで1℃程度の誤差というのは非常に優れているとは思う物の、37.5℃を目安としてコロナウィルスの罹患を判断する用途には残念ながら使えないな、とも思いました。それと併せて、自分の平熱がどれくらいか、普段から把握しておく必要も感じました。

・ 評:37.5℃という数字だけが独り歩きしている現状も残念に思いますが、それを目安にある割合の人の行動を適切な方向に誘導できるとすれば、それはそれで意味があるのだと思います。受け取る側が、「白か黒か」「線引きしてくれなければ困る」と自ら考えることを放棄しない、という民度が問われている事案なのかもしれません。SIさんに2点(合計2点)


2020-03-23 週刊社長ブログ545

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・家の敷地の上を

電線が通っており、そこに停まった鳥のフン害に困っています。所轄の電力会社に対応を求めましたが要領の良い返事はいただけませんでした。もちろん、電力会社の所為ではないことは承知しているのですが、正直誰に助けを求めてよいか分かりません。ネットを見ても根本対策が分からず困っています。何とかならないでしょうか?

・ 評:世の中、だれの所為でもない問題というのがままあります。須らく誰かに責任を取らせないと済まない様な世相にあって、そういった事を引き受けてゆく精神性が一方で求められるものだと思います。YKさんに4点(合計9点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・ノージーのひらめき工房

という番組があるのですが、子供が好きなので一緒に見ています。エンディングが毎回泣けて、嬉しい気持ちになります。我々の世代でいえば、ノッポさんやゴンタ君の出てくる「できるかな」に近い様に思います。イチローが子供時代に「お前程度では野球選手になれるはずがない」と馬鹿にされたことが原動力となり努力した結果大成した様に、自分も子供時代に「できるかな」の様な番組に触発されてワクワクしたことが原動力になっているのかなと思い現在の仕事や人間形成につながっているのかなと思いました。

・ 評:その番組は知りませんでした。今度見てみたいと思います。ともあれ、三つ子の魂百までとはよくいったモノで、そういう時期に本当に好きと思えることに巡り合えることは幸せなことだと思います。SIS君に3点(合計11点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・町会の衛生費ですが

昔は数百万円予算取りできていたものが現在は数十万円と激減していました。資源ごみを懲戒で回収して換金していたものが、個人で処分したり換金したりできるようになったことが大きいようです。良し悪しはあるかと思いますが、自分は今まで懲戒に頓着していませんでしたが、やってみた初めて分かることも多く、少しは骨を折ってみようと思うようになりました。

・ 評:有事には「日頃からの近所付き合いが大切」などという割に、平時はそういった事を疎んじていたりします。皆、一人では生きられないので、お金を払えばよいというのではなく、労力と時間をそういった事に掛けることは東特必要なことだと思います。ON君に2点(合計2点)

・ ※おめでとうございます!SI君が10点超えとなったので、社長ブログ賞として南山(社長注:駅前通の焼肉屋)相当のお食事に御招待します。日程、メンバー含め私の方から連絡しますのでよろしくお願いします。バックログがあるのでちょっと先になるかもしれませんがご了承ください。


2020-03-16 週刊社長ブログ544

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・SETI

という地球外知的生命体探査プロジェクトが、私が大学生の頃ありました。知的生命体が発信したと思われる人工的な電波を解析して、宇宙人の存在を確かめるというプロジェクトで、当時のスーパーコンピュータでも手に負えない信号の解析を、趣旨に賛同する方々のPC上で、スクリーンセーバーが働いている最中、すなわち、ユーザーが使用していないタイミングでPCのリソースを使って解析するという物です。今でいうグリッドコンピューティングと言えるものですが、この解析システムの運用が近々停止されるそうです。集めたデータを解析するのにも一苦労であることが主要因だったりするそうですが、20年も経つと色々な状況が変わってくるものだなと感慨深く思いました。

・ 評:SETIについて詳しいことは知りませんが、そういったプロジェクトやボオランタリベースの分散コンピューティングシステムがあることは知っていました。運用停止、ですか?宇宙の時間軸から考えると20年というのはほんの一瞬とも言え、その中で結果を出すこと自体が難しかったかもしれませんね?ただ、結果が伴わなくてもそういった試みに挑戦してゆくことには意義があると思いますし、適切なタイミングで手仕舞いすることはもっと重要なことでしょう。HTさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・九州の顧客先から

帰るための航空便が雪で欠航になりました。仕方なく新幹線に乗ったのですが、博多駅を出発する際に私の乗った車両は乗客が4人しかいませんでした。コロナウィルスの影響がここまで深刻なのか?と驚いたのと同時に、事態の収束は、感染症としての収束ではなく、人々の恐怖感の収束が必要なのだと思いました。メディアの報道もそういった事を念頭に置いて行ってほしいと思います。

・ 評:私見ですが、今回の事態が収束するためには、世界中の人間の内ある割合の人が感染し、伝染速度が一定以上に下がることが必要条件なのではないか?と思うのです。逆に言えば、感染者の隔離政策を続け、罹患者を増やさないことは、収束を遅らせることに繋がるような気がしています。確かに重症化して命を落とす人が一定数いるので軽く語ることはできないのですが。それよりも相当な経済のリセッションが始まっているので、その影響の方が心配です。KTさんに3点(合計9点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・JRのダイヤ改正で

塩尻駅をパスする朝のあずさが、前の様にそれらの駅に停まるように戻されました。きっと、飛ばされた駅の住民からの猛烈な反発があったのでしょう。停まる駅をいくらか間引いても間引かなくても、実際のところ到着時刻があまり変わらないので、私としてはむしろ停まってくれて構わないと思うのですが、抜本的に時短の見直しを行うのであれば、甲府液を含めて山梨県内の駅をすっ飛ばした方が効果があるのではと思います。

・ 評:停車駅の問題より、全席指定化による大幅値上げの方が問題だったと思います。これに声を上げた人がどれほどいたのか振り返ってみれば反省されるように思います。この値上げにより利用者減に拍車がかかり、あずさの本数自体が減ることを懸念しています。YFさんに2点(合計5点)


2020-03-09 週刊社長ブログ543

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・コロナ騒ぎが続きますが、

私が職務上で考えるのは、当社社員から感染者が出た場合の対応です。厚労省を筆頭にどのような対応を私企業に求めてくるのか非常に気になっていますが、関係官庁からは現状特に通知などは出されていないので、自主的に判断して対応するしかありません。もちろん罰則規制もない中、「(営業)自粛」という便利な言葉をもって対応することになるでしょうが、万一営業停止措置など発令された際の方策についてはあれこれ考えてはいます。

・ 評:確かにこの問題はもはや他人ごとではありませんね?感染者が発生したときの受注・出荷対応など、できる想定をして臨みましょう。ただ本当のところはわからないのですが、コロナもインフルエンザと同じような所謂「風邪」で、ある程度広がって、相応な数の人が罹患して、申し訳ないけれどある程度の方が亡くなる、それに対して世界中でこれほどまでにヒステリックな対応をすることが正直なところ不思議な気がしてみています。KFさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・名古屋の女子マラソンで

優勝者に賞金を払ったら、陸連のボーナス金が不足したというニュースを見ました。最近陸連では成績優秀者にボーナスを出すようにしたところ、新記録が続出しているらしく、科学的なトレーニングよりも、選手のやる気を鼓舞する方が成果が上がっているのが見て取れます。こうなってくると強化費で合宿をするよりも、その費用で賞金を出した方が良い結果が出るのでは?とも思います。

・ 評:それも一案ですね?ただ、願わくば選手の成果をより高められるような強化費の使い方の有用性を高めていってほしい様に思いますし、それが指導する側に求められることだと思いますがどうでしょう。YFさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・コロナ騒ぎで

どこもかしこも大変ですが、こういう状況だからこそ、色々新しい試みを考えたりやったりしているのは良い風潮の様に思います。パンがなければケーキ、ではありませんが、ピンチをチャンスに、という意識を心のどこかに持ち、混乱した状況の中にチャンスの種を見つけるような意識でいたいと思います。

・ 評:その通りですね?必要は発明の母というのは言い古されていますが、何ともならない状況だからこそ、何とかするための今までに無い知恵を絞りだしてゆきたいものです。OSさんに2点(合計6点)


2020-03-02 週刊社長ブログ542

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・週末は

ツルヤで食材を買うのが常となっているのですが、かねてからのコロナウィルス騒ぎで保存食や紙製品を求める人でごった返しており、嫌になって家に引きこもり、本を読んだりゴロゴロしていました。これこそ晴耕雨読の生活ではないかと良い気分になりました。

・ 評:人込みは避けるように、との意識の下、多くの集会が中止となり学校までが休校となっているのに何の意味もないですね?時差通勤や出張会議の禁止などを打ち出している企業も多いですが、満員の通勤電車などは相変わらずと聞きます。何かがおかしい様に思います。OSさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・コロナ騒ぎで

隣国では消毒薬の入手をめぐって殺傷事件があったそうです。また、日本でも似たような事例が残念ながら勃発してしまったと聞きます。本来は「コロナvs人間」だったものが、諸々の流れに乗らざるを得ず、また、立ち止まることができない中、「人間vs人間」の構図にすり替わってしまっているこのどうしようもない状況はなんとかならないかと思います。

・ 評:コロナに掛かったとしても「普通は大丈夫」、と思われる人までマスクや薬剤など不必要に、かつ過剰に求めるその心根が残念ですね?併せて、在庫や人員を極端に削って普段の流通を回し、極力コストをかけないことが経営的にあるべき姿として称賛されているこの社会の在り方にも問題があるように思います。YKさんに3点(合計5点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・コロナウィルス

県別発生者マップを作った人がいます。見てみたのですが、長野県のところは県庁所在地の長野市にマークがされていました。実際は松本市の周辺で発生したらしいのですが、県外の人が見たら長野市近辺で発生したと思ってしまいそうです。同様に、あまり事情の分からない他県について、このような形で情報を提示されたら自分も勘違いしてしまいそうです。

・ 評:そういえば、福島県でメルトダウンしたとき、インターンシップでウチに来ていた大学生が、幾ら「松本は福島県から相当遠く、かつ西方にあるので安全」と大学や家族に説明しても聞き入れられず、本国に帰らざるを得なくなったということがありました。提示された情報もその提示のされ方についてきちんと把握することの重要性がこういった事からも分かります。MOさんに2点(合計6点)


2020-02-25 週刊社長ブログ541

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・最近趣味で作っている

薪割の薪で飯盒炊飯をしましたが、どのようにしたら上手く炊けるか色々予見しながらやったのですが思ったようにできませんでした。思えばキャンプという物にはあまり興味がありませんでした。というのも、文明から離れて不便を楽しむというその姿勢に共感できなかったからです。ただ、今回飯盒炊飯をしたことで、文明から離れることによる「不便」は一つの手段であって、キャンプというのは、知らない事、経験がないことについて想定、試行し、その結果からまた改善を行ってゆくというインテリジェントな営みではないかと思うようになりました。薪割から派生したことですが、自分でも面白いと思っています。

・ 評:新しいことを始めて、そこから色々な発見があり、世界が広がってゆくというのは良いことですね?小さいころには身の回りのことほとんどが目新しいことで、そこから得られるワクワク感や世界が広がってゆく楽しさを大人になるといつの間にか忘れてしまうものかもしれません。SIさんに4点(合計8点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・福岡の地下鉄で

社内で咳をしていた人がいて、他の乗客と口論になった挙句非常停止ボタンが押されるという事案がありました。新型コロナウィルスについていえば、既に日本各地で離散的に感染者が洗われており、もはや感染経路が分からない状態になっていて、罹患したことに対して誰も責任を負えない状態になっています。ただ、世間の風潮としては「かかった人が行けない」という感じがあり、それで良いのかなと思います。自分も他人に対して知らずに害をなしているかもしれません。もっとお互い寛容に接してゆけるようになりたいものです。

・ 評:日本人の性向として、予防可能と思われている病気、例えばHIVなどに罹患した人や、引きこもりやビジネスで失敗した人などの社会的弱者に対してことさら不寛容な気がします。そういった人こそ救いの手が必要なはずなのですが、、、自己責任であってもおぼれた犬に石を投げるような、そうする人を見て見ぬふりして我関せずを通す人など、とてもさみしい感じがします。RWさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・アパートの階段脇に

あった木が、いつの間にか切られていました。自分のものではないので、仕方がないことなのかもしれませんが、その木が無くなって初めて、階段を上る時に時折葉っぱを食べていたことをこれほど楽しみにしていた自分がいたことに気が付かされました。他人からの恩恵によって人は生かされている、お互いさまの中で生きている、という事を感じた出来事でした。

・ 評:有り体ですが、人は一人では生きていけないものです。できるなら、お互い感謝しあっていられれば良いですね?KTさんに2点(合計6点)


2020-02-17 週刊社長ブログ540

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・老舗のパン屋さんが

来月末に閉店するのですが、それを惜しみつつ店に入ってみたら新商品が出ていてそのアグレッシブさに感服しました。ふつうは閉店ともなると、あるものを総ざらいして終息させてゆくものだと思いますが、このパンにかける情熱が勿体ないと思います。誰か引き継いでくれないものでしょうか?

・ 評:閉店を惜しむ声は多く聞かれますね?オーナーさんも日本で数少ないパンの製造技能職特級保持者で後進の指導や業界のまとめ役として若いころから活躍され多くの人に慕われているのだそうです。閉店前に私も買いに行きたいと思います。KSさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・極力LINEを

使わずに生きてきたのですが、高校の同級生6〜7人でで旅行に行こうという事になり、皆でグループLINEのID交換をしました。ところがおじさん連中がタイムラインでやり取りをしようとしても、誰かが発した問いかけに「これ、だれが答えるの?」とだんまりが続き、物事が決まる様子もなく、挙句の果てに電話を掛けるという間抜けな事態に陥りました。50超えのおじさんにはフラットな組織での意思決定は向かないようです。

・ 評:その考察は、目の付け所が良く、納得させられるものがありますね?逆に、その視点からコミュニケーションの訓練をするというのもありなのだと思います。KFさんに3点(合計9点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・崎陽軒が

例のクルーズ船にシウマイ弁当4000食を差し入れたのだそうです。ただ残念なことにそれらが乗客の口に入ることは無かったのだそうです。4000食と言えば相当な量なので、それを用意するためにかなりの労力を割いたのでしょうが、それが無駄になったのだとすればとてももったいないことだと思いますし、隔離された乗客に確実に届くというウラを取ってからそのアクションを取ることはできなかったのかと残念に思いました。

・ 評:想像ですが、企業としては、寄付の申し込みを行い、受け取りについて了承を得た上え行動したのだとは思いますが、それが実現しなかったのがどういった意思決定システムの中で行われたのかホントのところを知りたいものです。それにしてもコロナウィルスの騒動は、騒ぎすぎなのか、騒がなすぎなのか?こちらもホントのところについて分かりたいものです。NKさんに2点(合計7点)


2020-02-10 週刊社長ブログ539

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・福岡での出張中

中村哲さんに関するニュースを多く見ました。医師としてボランティアでアフガニスタンに入ったところ、医療活動では人は救えない、と自ら体を動かし、ブルドーザーに乗り行動したその根本には「人を救いたい」という思いがあったそうです。そういった行動をできる人はもちろん少なく、尊い人を亡くしたのだと思いました。自分の行動についても考えてみる機会を与えてくれたと思います。

・ 評:本当に、できることではありませんね?我々も、自分の仕事が大なり小なり世のため人のためになっているという事を実感できると嬉しいと思います。現地に飛んで体を張るばかりがやり方ではないと思いますが、そういった人を尊重しいくばくかでも支えられると良いと思います。KTさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・アマゾンのレビュー

ですが、所謂サクラが高評価を入れていることも多いようですが、逆に競合相手の商品に悪い評価をつける業者もいるそうです。また、それを生業にしている業者もいるとのことです。悪い評価が多く集まった業者はアマゾンで出展禁止になったりするので死活問題だったりします。レビューが信じられないとなったときに、レビューが本当にユーザーからつけられたものかどうか判断するアプリもあるようで、そういったいたちごっこはいつまで続くのかと思ってしまいます。

・ 評:確かに胡散臭い評価はありますね?また、SNSで炎上させたりプロパガンダの代行を行う業者や集団がいるのも間違いないところです。新しい時代の「信用」がどのような形か?色々想像してしまいます。KFさんに2点(合計5点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・iPhoneのカメラで

ものの長さを測定するアプリがあるのですが、その測定原理としてTOFセンサ、すなわち光反射してくる時間を計測することで対象物との距離を測定するという、会社の中でいえば数百万円級のレーザー測長器と同じ原理を用いているという事を知りそういったとても高度な技術が、スマホに搭載されているという事にとても驚きました。

・ 評:本当に、手のひらに未来がある、そしてそれが当たり前の日常を作っているという事に驚きを禁じ得ませんね?どこまで行くのでしょう?そして、何が変わってゆくのでしょう?NKさんに2点(合計5点)


2020-02-03 週刊社長ブログ538

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・小学生の

子供に誕生日のプレゼントとしてレゴブロックをあげたところ、すごく嵌っています。勝手に早起きしてレゴを組み立てるだけでなく、暇さえあればレゴで遊んでいます。こういった楽しいことが世の中にはある、という事を伝えられたこと、本人が体感できたことがとても嬉しいです。私も朝早く起きてこれから趣味にしようとしている薪割をしようかと思ったのですが、家内から近所迷惑ときつく止められました。

・ 評:本当ですね?ネットやゲームとか、よく考えると他人に遊んでもらっているようなものではなく自分から熱中できることに出会えるという事は本当に財産と思います。SIさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・SONYがVISION-Sという

車を発表しました。巷間言われるように、電機メーカーが車を作って売る事が現実となってきています。ところで、車が世の中に出てから、ワイパーとショックアブソーバーは画期的な進歩がなされていないと言われていますが、最近ショックアブソーバーについてはダンパー用のオイルの代わりに磁性流体を封入し、直前の路面状況に応じて磁界を変動し、その粘度を身えりセカンドオーダーで変化させることで乗り心地を制御するというシステムが開発されているそうです。そういった事を考える人はすごいと思います。

・ 評:本当ですね?ワイパーについてもものすごい画期的なシステムが開発されるかもしれません。そもそも、自動運転システムの発達が進めば進行方向の安全を視認により確認するというドライバーの役割が不要となり、外界を人間が分かるように「見る」ということも要らなくなるのかもしれません。思考を飛躍させる練習には良い題材かもしれませんね?NKさんに3てん(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・以前コンクリートのタイルを

庭に敷き詰めた際に残った砕石や砂利を何とかするため、第二弾の工事を行い漸くすべてを使い切りました。ただ、タイルをきちんと平らに並べるために杭や板を大量に使い、今度はこれらが余ってしまいました。時間を見つけて少しずつ廃棄してゆくつもりですが、こういったところにプロとアマの違いが出るのだと思います。アマチュアは目的の造作はそれなりにやってもその際に出たゴミは庭の隅に寄せてあったりしますが、それに対して後始末まできちんとできるということが、プロの仕事の必要条件なのかもしれません。

・ 評:片付けや掃除まできちんと全うしてはじめて仕事が完了したと言えるのでしょう。あと、7,8割の労力で間違いなく仕事を完了させられるような段取りも同様にプロとしては必要でしょう。KKさんに2点(合計2点)


2020-01-27 週刊社長ブログ537

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・9歳の

少年が数学一級を取得したという話題を見ました。彼はYoutubeなどにあふれている予備校生向けの動画を見て勉強したそうです。最近は、自分の子供時代の様に夜7時にテレビの前で正座してポケモンを見るようなことはなく、自分の都合で時間を使えるその自由度が格段に上がっていると思います。自分の子供もそうですが、その様な環境では自分の好きなことにしか時間を使わなくなり、知識は深まるかもしれませんが広がりを失うのではないかと思います。昔の様に情報がダラダラ流れてくる中で、色々な気付きを得るような世界とどちらが良いかは分かりませんが塩梅よく過ごしてゆければと思います。

・ 評:ネットでの検索ですが、確かに大型書店に行って、自分の知らないジャンルのタイトルを知るような局面は少ない様に思いますね?深さと広さ、両方必要と思いますが、インプットだけではなく、アウトプットしてそのフィードバックを得るというサイクルを恒常的に持つことが先ずは必要不可欠ではないかと思います。MOさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・光のお父さん

という映画を見ました。定年のお父さんが会社を辞めた後、ディスコミュニケーション状態となっている息子との交流を回復するため、ネットゲームを通じて働きかけるという話ですが、観ている中で、息子の視点で見ている自分は実はおかしく、父親側の視点で考えるべきではないかという事に気が付かされました。いつまでも若いつもりで歳相応の振舞いができていないということかもしれないと考えさせられました。

・ 評:年相応、という事は私も時折考えます。知人が現在の私の年齢位の時に、他企業の若手後継ぎを集めて勉強会を開いていたことなどを思い出しては、自分の在り方について反省させられます。先ずは落ち着いた言動から、などと考えてしまいます。KFさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・私は理学部

化学科卒業です。実は有機化学が苦手で、無機化学を専攻していたのですが、有機化学が苦手な人向けにスマホアプリが出ているのを最近知りました。よくある化合物の分子模型をアプリ上で再現し、反応の仕方や分子の形状などを視覚化するもので結構売れているらしいです。このアプリの様に、皆が実は分かっていて真新しいことは無いながらも、見せ方を工夫することで商売になるようなネタは他にもあるかもしれないと思いました。

・ 評:売れるネタの切り口は他にもたくさんあるのでしょう。技の引き出しを増やし、日々思考実験しつつ、沢山試してゆきましょう。YKさんに2点(合計2点)


2020-01-20 週刊社長ブログ536

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・某社のメガネの

鼻当てが壊れたので、修理を頼みに店舗に行ったところ、その場で対応していただけず預かり修理と言われました。当日はスペアのメガネを持っていなかったので日を改めることとし、瞬間接着剤で仮止めしてしばらく凌いでいましたが、そのメガネを再び店舗に持ち込んだところ、今度は補償対象外と言われてしまいました。瞬間接着剤は全てきちんと取り切ることができ、特にメガネを痛めているわけではないので、やや理不尽だと思いました。この会社に対しては安かろう悪かろうという印象をもたざるを得ず、今後はアフターサービスも考えて購入を考えたいと思いました。

・ 評:我々も逆のことを思われていないか?他山の石としてとらえて考える必要がありますね?とはいえ、モノを修理して使うという文化自体が廃れつつある世の中で、何があるべき姿なのか?という点については日々心を新たに見つめ直してゆく必要があるとも思っています。YFさんに4点(合計12点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・羽田空港に格納されている

YS11の量産1号機を博物館に移設するというニュースを見ました。この1号機は国交省所有で、空港レーダーチェックの用途に使っていたそうです。自分が学生時代に地元の空港にその機体を見に行ったことがあるのですが、その機体が実は1号機であったというのを知り、感慨深かったです。米国では例えばゼロ戦やムスタングなど、第2次大戦を彩った機体が飛行できる形で現存していたり、アポロなどのメモリアルな機体も飛ばないまでもきちんと保管されているのに対し、日本はとかく技術立国とその昔言われていたにもかかわらず、動体保存されたヒストリカルな製品が少なかったり頓着していなかったりするのがとてもさみしいと思います。、

・ 評:あるところにはあるようにも思いますが、確かに国を挙げて保存し、リスペクトするという姿勢は薄い様な気がしますね?翻って当社でも旧い図面や装置をどのように扱ってゆくべきなのか?常々考えさせられています。HTさんに3点(合計12点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・先日買い替えたスマホですが、

保護フィルムを張ったところ、思っていたのと裏腹に使い勝手や使用感がよく、良くできていることに驚かされました。保護フィルムはむしろ必須なアイテムなので、何故最初からつけておかないのかむしろ不思議に思いました。ところで、最近顧客からいただいたタッチパネルに係るクレームで、状況を示した写真を見る限り、パネルをボールペンで押している様な痕跡が見受けられ、それでは故障もやむなしと思いました。タッチパネルにも保護フィルムを張るべきかもしれないと思いました。

・ 評:今日日の保護フィルムは気泡もうまく抜けるなど、良くできていますね?製品のオプションとして最初からついていて欲しいというのはわかります。タッチパネルもそうですが、ユーザーの目に触れ、手が触れる部分については優先して改良してゆくことが必要です。対処してゆきましょう。SIさんに2点(合計10点)

・ ※おめでとうございますYFさん、HTさん、SIさんが10点超えとなったので、社長ブログ賞として南山(社長注:駅前通の焼肉屋)相当のお食事に御招待します。日程、メンバー含め私の方から連絡しますのでよろしくお願いします。


2020-01-06

・少なくとも現状維持
・歳を取ると
・自分は昭和生まれですが

2020-01-14

・成人式が
・堀金の物産センターに
・週末に見た

2020-01-20

・某社のメガネの
・羽田空港に格納されている
・先日買い替えたスマホですが、

2020-01-27

・9歳の
・光のお父さん
・私は理学部

2020-02-03

・小学生の
・SONYがVISION-Sという
・以前コンクリートのタイルを

2020-02-10

・福岡での出張中
・アマゾンのレビュー
・iPhoneのカメラで

2020-02-17

・老舗のパン屋さんが
・極力LINEを
・崎陽軒が

2020-02-25

・最近趣味で作っている
・福岡の地下鉄で
・アパートの階段脇に

2020-03-02

・週末は
・コロナ騒ぎで
・コロナウィルス

2020-03-09

・コロナ騒ぎが続きますが、
・名古屋の女子マラソンで
・コロナ騒ぎで

2020-03-16

・SETI
・九州の顧客先から
・JRのダイヤ改正で

2020-03-23

・家の敷地の上を
・ノージーのひらめき工房
・町会の衛生費ですが

2020-04-13

・某県でも
・コロナ騒動が
・コロナ騒動の中

2020-05-11

・自粛警察
・世の中では
・コロナ騒ぎの中
・GWを自宅で過ごしている間

2020-05-18

・コロナウィルス感染症の
・会社帰りに
・市内で見かけた

2020-05-25

・災害やトラブルが起きるたびに
・日曜朝の子供向け
・新聞報道にもありましたが、

2020-06-01

・今日から
・社内での打合せには
・特別定額給付金の

2020-06-08

・他人を心配する気持ちの中には
・松枯れ対策に
・スペースXという

2020-06-15

・奥さんの実家の畑で
・先週末
・コロナ騒動が

2020-06-22

・動画配信サイトのNetFlixが
・中国の工場が再開している中、
・某球団は

2020-06-29

・京都に営業に行った際
・トヨタのプリウスが
・ホビー向けの

2020-07-06

・レジ袋が
・レジ袋が有料化されたわけですが、
・雨が降り、気温がある程度高いと