トップ 追記

エンジニアリングシステム株式会社 | ESCO社長 柳沢真澄のブログ


2018-06-18 週刊社長ブログ461

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・最近乗っている車の

調子が悪く、最高時速も40km/h位しか出せません。そういった車に乗っていると色々気を遣ったり集中して運転するので気付くことも多いです。例えば登坂もままならないので、会社までの通勤経路も選びます。世の中不便なことは力業で解決し気にすることなく過ごしていることは多いと思いますが、能力が落ちることで見えてくることもあることを知りました。そういったことが生かされていない社会はもう少し何とかする余地があるように思います。

・ 評:最近曽野綾子さんの介護に関する本を読みました。色々諦めながら手仕舞いしてゆくことや、手に入る事手に入らないこと、手に入れられない人がいることそういったことに想像力を働かせながら、不満をためずに日々充実させて生きてゆきたいものです。左治木君に4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・FACEBOOKではありませんが

中学校の美術の先生で、生徒の作品を見て必ず「イイネ」とほめる人がいました。できる人には物足りないかもしれませんが、そういう指導方法も一つかなと思いました。

・ 評:ニュージーランドの先生は、生徒のほめ方の練習をするそうです。また、そのほめる語彙も100はくだらないという事で、ほめ方のオフィシャルな講習会もあるとのことでした。日本の教え方はとかく「正解」に早くたどり着くことに主眼が置かれているように思いますが、その正解にたどり着かなくても、寄り道しても試したり工夫したりする姿勢や自分を表現しようとする意志を「イイネ」とほめる文化にはあこがれます。河村君に3点(合計7点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・松の枝ぶりが良くなってきました。

シルバー人材センターの人に頼んでいるのですが、それぞれの枝の成長の度合いや、選定した後の伸び具合まで考えて、思った形状にしてゆくのには相当の技があるようで感心させられます。

・ 評:その道の達人はやはりいるようですね?長年やっていると見えてくることもあるのでしょうか?とはいえ、「何年」というレンジで現れる因果関係を感じて身に付けてゆくことは容易なことではないように思います。古瀬君に2点(合計2点)


2018-06-04 週刊社長ブログ460

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・チューブポンプを

探していました。偶々見つけたメーカーが、使用を想定していたチューブを所持していて、ポンプに適用できそうだという事で助りました。ただ、そこに至るまでにgoogleで多くのメーカーを検索したのですが、殆どのメーカーのサイトには自分の必要とする情報が得られず、デザイン的にもやっつけ仕事の様なものばかりで、果たして売る気があるのか?これで商売が成り立つのか?疑問に思うようなものが多かったです。我々の商品サイトはむしろ「購入する対象の本気度」を知るために、あえて万人受けしないような作りにしているつもりですが、検索する人から見てどのような印象を受けるか?また、購入に至るような必要な情報を提供できているのか?常に検証していかなければいけないと思いました。

・ 評:商品の見せ方や、情報の提供の仕方など、ウチはまだまだ未熟かつ本腰を入れて取り組んでいないといわざるを得ません。売るための努力を今以上に行ってゆきましょう。石田君に4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・高速道路の老朽化に伴う

補修や、チェルノブイリ原発を覆うコンクリートの劣化に伴う補修など、人が作った構造物は年を経るにつれ何らかの手当てが必要です。そんな中、住友林業が会社の創立350周年記念事業で木造70階建て地上高350mの建物を建てるという構想をぶち上げているのを知り驚きました。会社の方針としては、木材で食べている会社なので、それだけの技術を産み出すことに意義があるとのことで、その心意気には感心します。

・ 評:調べたところ2041年完成目標という事ですね?本当に実現するとすれば凄いことですね?「木」を極めて生きてゆくというのも一つの道でしょうし、富士フィルムの様に、時代の流れにあわせて培ったコア技術を基に、社名にある「(写真用銀塩)フィルム」から離れてゆくというあり方もアリでしょう。日本人はとかく長く続けることに美意識を見出しますが、そのこと自体を目的にしてよいのか?というのは頭の隅に置いておく必要があると思っています。小林君に3点(合計6点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・東京五輪の

メダルを資源ごみから再生して作るというプロジェクトがあるそうです。一方身近なところでは町内会で集める資源ごみが最近目に見えて減っているという事です。リサイクル業者が有料で資源ごみを引き取っていることが大きいようですが、その結果町内会の収益がここ10年で半減しているとのことでした。そういった動向も踏まえつつ、町内会にできるだけ寄与したいものだと考えてはいます。

・ 評:中学校のPTAでも送料が減り続ける資源ごみの回収を継続するか否か議論になりました。ビジネスもそうですが、これまでやってきたことが「なぜその形で、何のために行われているのか?」検証しながら変えてゆく必要があるのだろうと思います。O君に2点(合計4点)


2018-05-28 週刊社長ブログ459

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・スイッチが手に入らず

困っていたところ、メーカーに問い合わせたら銀接点の製品であれば入手可能であることが分かりました。通常使っている金接点のものに比べれば銀接点のものの方が信頼性は落ちるわけですが、それが使用に耐えないレベルのものなのかは知見がありません。考えてみると金接点のものを使っていてそれがもとでトラブルを起こしたら「仕方がなかった」と言える反面、銀接点のものだった場合は「なぜそれを使ったのか?」という話になるわけで、とすれば明確な根拠がなければ使うわけにはいきません。翻って金接点のものを使うのもある意味根拠がなく、言い訳のために選んでいるという事もできます。こういったことは他にもたくさんあるような気がします。

・ 評:全てに根拠をもってあたれれば良いですが、そういうわけにもいかないですね?悩ましいですが、一度は掘り下げて考えたいものです。反面、「あそこに任せて失敗したとすれば、それは仕方がない」と認知されるまでブランド力が上がれば、仕事をいただく上では大きな力となるでしょう。そういった方向を目指しましょう。富田君に4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・自宅の2階に

エアコンをつけました。後から機器を設置したわけですが、建屋の構造が、きちんとそれらの機器を取り付けられるよう、見えないところまで段取りが為されていて嬉しくなりました。そういった施工はある意味当然のことだったようですが、もちろん手抜きをされていることもあるという話を聞くにつれ、見えないところでこそ手を抜かないことの重要性を思いました。自分の仕事でも意識したいと思います。

・ 評:誠実なこと、そしてお客様の期待を上回ることがやはり重要ですね?工夫、努力してゆきましょう。金盛君に3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・新型あずさに乗りました。

確かに車両は静かな気がします。また、ラップトップコンピュータを使うときのタイプ音に配慮する様テーブルに記載があったのが今風だなと思いました。一方で、近くの席で某有名人御一行様が座席を反転しボックス型にして歓談していたのですが、仲間内の会話だったからか、とてもうるさく気になりました。逆の立場にならないように気を付けたいと思います。

・ 評:社内での電話はデッキでするのがマナーのようですが、小声で話すことまで見咎められるのは何だか変な気がします。反面、むしろ大声で他人が会話していても気になる事もあれば気にならないこともあり、中々難しいです。中村君に2点(合計2点)


2018-05-21 週刊社長ブログ458

・ 「今週の一人一言銅賞(今週は銅賞から)」

・ ・日大アメフト傷害事件ですが、

ルールの範囲内でなく、「QBを壊せ」という指示が出ていたとして、そのまんま従うのは素直すぎるとも思いますが、アメフトのことはよくわからないので種君解説宜しくお願いします。

・ 評:やはり知らないことは詳しい人に訊く、鉄則ですね?朝礼の新しいパターンが一つ増えたように思います。安藤さんに2点(合計5点)

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・御指名ですので、

準備していた話題を変えて話したいと思います。私的には日本において超マイナーな「アメフト」というスポーツが脚光を浴びることとなり、その意味で嬉しく思っています。で、問題の件ですが、結論から言うと「タックルした人の頭が悪い」ということで私の中では決着しています。どのスポーツでも所謂ラフプレーはあります。そして、そのラフプレーは「審判や観客に気取られないように」「ルール上でもグレーな範囲」でやるのが鉄則です。やったことはもちろんほめられないですし、指示していたとすればそのやり方が稚拙です。ただそんなことよりも、日大の対応が遅すぎるのが致命的にダメだと思います。

・ 評:日本では公の場で口にすることが難しそうな気もしますが、なるほどな、と思いました。W杯などでも、場合によってはその試合に一生が懸かっているような選手や審判が捨て身で来ていたりします。「きれいごと」は重要ですが、100%無垢な気持ちで対峙するという事もあまりにお人よしだといえるでしょう。ちなみに私の弟は大学時代にアイスホッケーをやっていました。で、部活の強面OBが指導に来た際「防具の隙間」のレクチャーをしていたそうです。もちろんそこをスティックで殴るために。種君に4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・牛丼の吉野家で

洗った丼を運ぶロボットが実験的に導入されたようですが、1個あたり移載するのに10秒程度の処理能力ということで、あまりの遅さにがっかりしました。とはいえ24時間営業の店舗では従業員の確保がままならず、こういった自動化の進行が避けて通れないようです。

・ 評:工業製品と違って作り置きのあまり利かない食品関係の自動化にはビジネスチャンスがありそうですね?余裕があれば本格的に取り組みたいと思える案件だったりするのですが、、、小林君に3点(合計3点)


2018-05-14

・ 週刊社長ブログ457

※週刊社長ブログについて

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・出荷整備のために

包装・梱包器材について調べる機会が増えています。そんな中、最近気になったのはヨーグルトが付かないフタや、カットケーキのクリームが付かないフィルムです。世の中色々進歩しています。画期的と思いますので皆さんも是非チェックしてみてください。

・ 評:がっちり〇ンデーでその話題を見ました。多分、濡れ性を下げるためにナノインプリントの技術を用いてフィルム上にロータス効果を示す微小構造を作りこんでいるのでは?と思います。ウチも近いことをやっていたので、そういったアプリを開拓できたらあるいは?と思ったりします。安藤さんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・TOKIOの山口さんが

女性問題を起こして辞め、小室哲哉さんも同様に引退し、アーティストというのは本来その演技や楽曲に価値があり、その人個人に問題があっても(起こしても)発信している内容は特に棄損されないと思うのですが、どうやらこれらの例ではその内容よりも個人の方により価値があったのだと思います。これに対してベッキーと問題を起こしたゲスの極み乙女の川谷さんはまだ歌っているということは、川谷さんの方にはむしろ楽曲よりも価値がなかったのかな?と思いました。

・ 評:面白い視点ですね?少し納得してしまいました。河村君に3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・我が家では、日曜の夜

鉄腕DASHを一家で見るのが鉄板になっています。例の問題を受け、一時休止されていた番組の放送が最近復活し、とりあえず総集編的な形で最近放送されました。山口メンバーの番組中での役割や重要度を考えると、さすがに番組的に成り立たないだろうとは思って見ていたですが、編集されたその回は全く問題なく番組として成り立っていてとても驚きました。。テレビの編集の凄さを実感するのと同時に、加工され、報道されている内容については鵜呑みにすることはできないと改めて思いました。

・ 評:何事もなかったように過ぎてゆくのは怖いですね?テレビでこれでもかと繰り返される加計・森友問題や北朝鮮の問題よりも、報道されていないことに意識を向けることの重要性を改めて感じます。福田君に2点(合計2点)


2018-05-07 週刊社長ブログ456

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・先日、社内の消火器の

期限切れに伴う入れ替えを行いましたが、その作業に際して自分が普段意識していないところに多くの消火器が設置されていることを知らされました。こういったことは普段から意識していないと、いざ火災が発生した際に最も近い場所の消火器を使うことができず、適切な消火活動が行えないと思います。火災は漏電や放火など、火の無いところでも発生します。社内の消火設備については良く把握しておくようにしましょう。

・ 評:確かにそうですね?普段から何気なく目にしているものは、いざ問われるとその所在や有無について答えられないものです。皆で意識するようにしてゆきましょう。安藤さんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・近所にあるDIYショップに

久しぶりにいきました。フロアもリフォームされ、思いもかけず競合のDIYショップとは違う商品ラインアップで非常に良かったのですが、そういった商品を扱っていることについて今まで全く知りませんでした。いいものを持っているのにそれを伝えられていないとすれば残念なことです。

・ 評:「伝える力」というのは本当に重要ですね?もちろん、伝わってその価値を理解共感していただいて初めて物事が動いてゆくわけなので、我々も、造ることだけではなく、伝えること、そして売ることついて、一層工夫、努力してゆきましょう。福田君に3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・家の水道料金が上がっていたので

家族に節水令を出し、永らく努力したのですがあまり効果が見られませんでした。思い立って家中の水道を全て止めて、水道メーターを見たところ、案の定インジケーターが回り続けており、業者に調べてもらったところ漏水していることが分かりました。根本的なところを先ずは疑ってみないといけないと反省しました。

・ 評:まず初めに確認しておけばよかったですね?問題に対処するセンスが問われるような話にも思えますが、「節水しなきゃ!」という最初の思い込みを排除しきれなかったのでしょう。ともあれ原因が分かってよかったですね?金盛君に2点(合計2点)


2018-04-23 週刊社長ブログ455

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・お客様先に向かう際

乗換案内アプリを使うのですが、Yahoo乗換アプリでは乗換ホームなど細かく表示されるのに対し、JR東日本のアプリは発着時刻のみ、なおかつJR東日本の駅しか登録できないという使い勝手の悪さです。諸々しがらみはあると思いますが、こういった類の大企業病を目の当たりにすると残念に思います。

・ 評:何が原因となっているかは分かりませんが、多分「やろう」と思えばできることができていないような印象ですね?自分の仕事では、忖度して自重することや相手に不要な忖度を強いることが無いよう、目的を正しくとらえて進めてゆきましょう。藤原君に4点(合計11点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・ホームセンターで

UV接着剤+UVライトという製品が売られていました。ESCOでは装置でUV接着剤やUV光源を使う機会が以前からあり珍しくはないのですが、あまり一般的な商品ではないようにも思います。そういったものが世に出回るようになったのも、UVライトがオマケでつけても良いくらい安価になったために商品として成り立つようになったことが要因と思われます。工業用途のものが個人ユースの商品となるようなものは他にもあると思いました。

・ 評:軍事技術が産業転用され、最終的には一般消費財になるという流れは過去からあったように思います。どこに目をつけるか?ですね?「芸能人は歯が命」のキャッチフレーズで有名な「サンギ」の歯磨きも、NASAの特許技術に目を付けた社長が権利を入手して商品化したものなんだそうです。我々も何か見出したいものですね?青柳さんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・お客様にお出しする

お茶の話題が出ましたが、我々が打ち合わせに行った先では約1/3の割合で出されません。これは先方の期待値の低さによるのか、業者を見下していることの表れなのかはわかりませんが、逆に、打ち合わせを重ねることで先方からの扱いが良くなり、玄関脇の打合せスペースから応接室に会議の場所がステップアップし、出される飲み物もランクアップするようなケースでは少し達成感があったりします。

・ 評:私は肩書もあるからでしょうが、さすがにお茶も出してもらえないケースはないのでやや意外に思います。逆のことが無いよう、せめて注意したいものです。福田君に2点(合計11点)

・ ※おめでとうございます! 藤原君、福田君が10点超えとなったので、社長ブログ賞として南山(社長注:駅前通の焼肉屋)相当のお食事に御案内します。メンバーは上記2名ですが、相談の上あと一人二人追加しても良いです。日程を調整のうえ、5月21日までに私宛申し出てください。


2018-04-16 週刊社長ブログ454

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・取引先の加工屋さんで

加工が上手くできない原因を材料に求める先は大概イマイチです。また「それしかない」と何かにつけて断定するところも概して仕事が適当です。どうやったらこちらの意をくんでうまく作ってもらえるか?課題は尽きません。

・ 評:こちらが大口の顧客であれば先方もより真剣に話を聞くかもしれませんが、そうでない状況で共に成長してゆくのは知恵を使わなければいけませんね?期待しています。河村君に4点(合計7点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・BURRN!というハードロック専門誌が

あるのですが、表紙のバンドが往年のスターばかりという状況になってきています。またコンテンツも思い出が中心となっていて、自分の様なオヤジ世代が死ねばこの雑誌は終わりという状況です。若い世代はマンガ村とかに行っているのでしょうが、こういった専門誌が成り立つための健全な仕組みはないのか?と思います。紙媒体からデジタルへという時代の流れを表しているようにも思います。

・ 評:キネマ旬報という老舗の映画雑誌も出版元が傾いてしまいました。子供の世代はもはや年賀はがきを書きません。生まれるものがあれば消えてゆくものもあり、それは世の定めといえややさみしいものはありますね?左治木君に3点(合計7点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・車雑誌のコーナーに

「スポーツカーの復権」という見出しの本がありました。最近確かにスポーティな車は増えている印象ですが、子どものころF1やラリーに熱狂した自分たちの世代が車の企画や設計をできるような立場になったからその憧れをもって商品企画しているだけで、商売的には成り立たず、「復権」と言われるほどにはならない単なる「おじさん受け」に終わるような気がしてみています。

・ 評:子供のころのスポーツカーに対するあこがれは、ある意味未踏領域(できないこと)に対するそれの様にも思います。自動車が能力的に人間が扱える限界を超え、かつその力を発揮できる場所が殆どない様な中で「できるようになってしまった」事象に対してあこがれを持つのは難しいのかもしれません。種君に2点(合計2点)


2018-04-09 週刊社長ブログ453

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・安協に参加して

毎日30分ほど道端に立っているのですが結構辛いです。通学の子供たちに挨拶してもほとんど返ってこないのですが、安協とは関係なく立ち続けている地元の小父さんに対しては挨拶を返しています。子どもたちがそのおじさんに懐いているということは日々の積み重ねの上に成り立つ信頼あってのことと思いますし、そういったことのある地域社会というのは素晴らしいと思いました。

・ 評:確かに素晴らしいですね?子どもたちから見て空気のような存在で挨拶が返ってこないとしても、彼等に貢献している事実は揺らがないので自信を持ってゆきましょう。石田君に4点(合計7点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・NRA(全米ライフル協会)の

プロモーションビデオを見ました。「もし、赤ずきんちゃんが銃を持っていたら」「もし、ヘンデルとグレーテルが銃を持っていたら」といった内容で、赤ずきんちゃんやおばあちゃんは狼を惨殺し、ヘンデルとグレーテルは狼退治に住民とともに森に押しかけてゆくのですが、自分達の「欲」を通そうとするその姿勢はすごいと思います。これはNRAの姿勢そのもので、自分の「欲」を通すために遠慮しない、そしてそのために世の中を動かすという姿勢が我々の基本的な考え方と違うと思います。そういった姿勢の是非はともかく、そんな連中を一部相手にしなければならないことは知っておいたほうが良いと思いました。

・ 評:人間は自分の正義を信じた時に最も残酷になれる、と聞いたことがあります。「自分さえよければ」と思っている人も、その人自身は自分のことを「調和を重んずる善い人」と思っている事でしょう。そして、その指摘はきっと自分自身にも当てはまるに違いありません。そんなあれやこれやを思いつつ、逞しく生きていきましょう。星沢君に3点(合計8点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・勤続25周年の記念品に頂いた、

携帯に繋げて使えるサーモグラフィですが、面白く使っています。家の中でいろいろなものを見ているのですが、玄関に置いてある靴の温度で家人の返ってきた順が分かるのは発見です。また、家電製品が発熱している様子も面白いです。興味のある方はお貸ししますので声をかけてください。

・ 評:見えないものが見えるのは単純に楽しいですし、そこには色々発見がありますね?私もガイガーカウンタを作ったときには色々測ってみました。PET検査を受けた自分自身がいかに被ばくしているかを認識できたのは収穫でした。余談ですが。小林君に2点(合計4点)


2018-04-02 週刊社長ブログ452

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・全国うまいもの物産展に行きましたが

各ブースの営業トークが強すぎて辟易しました。一方的に説明されるだけだとこちらも引いてしまいます。自分も逆のことをしないよう注意したいと思います。

・ 評:強い営業トークで引いてしまうのも長野県民の特性かもしれませんね?そういったことをものともせず、売り子の人とのやり取りを楽しめるような文化が必要かもしれません。とはいえ、場所柄や相手をみてやり方を考えてゆかなければならないのは間違いありません。古瀬君に4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・最近の社長ブログを読みました。

私の記事が2本ほど取り上げられていましたが、言いたいことが上手く伝わっていませんでした。朝礼の一人一言を始めてからすでに四半世紀以上たっているのですが、自分が伝えたいことはどれほど伝わっているのか?伝えるにはどうしたらよいのか?もっと工夫したいと思います。

・ 評:すいません。単に聞く力がないだけかもしれません。中村君に3点(合計7点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・加工品の見積もりを

最近複数の業者に出したところ、業者によって20倍以上の差がある回答が返ってきて驚きました。見積の作法はその業者の文化やスタイルそのものと思います。値段が安くても品質その他で受け入れられないことはありますが、総合的に見て妥協の余地がなければ鎖国下全面戦争という事になろうかと思います。もちろん弊社が供給する側になった場合は相手に受け入れてもらえる文化が必要となります。果たしてそういった文化が弊社にはどの程度あるでしょう?「俺は俺、俺はこうやる!」が通用する時代とも思えませんが、根本的に考える必要のあることと思います。

・ 評:相手に受け入れられるためには相手の思考や目指すところ、そして求めることを想定、理解する必要がありますね?そういった想像力を働かせるのと同時にコミュニケーションをとる力が求められますね?星沢君に2点(合計2点)


2018-03-26 週刊社長ブログ451

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・車で偶々停車した隣りで

足場を二人一組で片付けている光景を目にしました。僅かな時間しか見たわけでは二のですが、大変テキパキと作業をしていてとても気持ちよかったです。お金を払う客から見れば、成果物が使用を満たしているか?価格に見合っているか?などといった事だけでなく、作業者の態度にもある程度以上重みをつけているものだと思います。見えるところだけでない部分についても見つめ直さないといけないと思いました。

・ 評:仕事に取り組む態度というのはお客様から見て重要ですね?業者にしても「この人が言うなら大丈夫」と思える人がいるものです。そういう評価をいただける人物でありたいですね?左治木君に4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・会社の洗面所で

手をふく際にペーパータオルを使うようになって久しいのですが、トイレで小用を足した際、手を洗った後、そのペーパータオルが少しもったいない気がして、それで便器周りの床をいたりしています。その後もう一度手を洗っていたりするのでとても非効率だったりしますが、汚さない方法を考えるか、汚れを効率的にきれいにする方法を考えるか?ともかくもう少し良いやり方はないか考えたいものです。

・ 評:ともかく、皆で使う施設をこまめにきれいにするというその気持ちが素晴らしいと思います。3Fのシンクもいつもピカピカで、こまめに拭き掃除をしている人がいるのは知っていますが、それについてもとても嬉しく思うのと同時に感謝しています。トイレについても行動してくれている話を聞いて改めて感謝の気持ちを持ちました。そういった意識の輪を広げてゆきたいですね?石田君に3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・amazonプライムで

お薦めVIDEOだったバットマンダークナイトを観ました。内容はアメコミ的勧善懲悪な内容と併せてバットマンをネタにしたダークな作りで話として面白かったのですが、amazonでは星ひとつの評価が意外に多く、驚きました。そのコメントを見ると「あれはバットマンではない」という、単に自分が思い描くものと違うという一点において拒絶しているものが殆どで、そういった「頭から受け付けない人」がいることを思うと人間が分かり合えるという事はそもそもないな、と思わざるを得ませんでした。

・ 評:ダークな話ですね?そういった絶望感はわかります。せめて自分の側からはバカの壁を作って相手を拒絶することの無いようにしたいものです。福田君に2点(合計9点)


2018-03-19 週刊社長ブログ450

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・現在他社の指揮下で

仕事をしています。プロジェクト開始から1週間になりますが、弊社とは仕事の進め方やプログラムの考え方が全く違い、とても勉強になっています。井の中の蛙、と言いますが、外に出て初めて分かることも多いという事に改めて気づいています。色々学んで持ち帰りたいと思います。

・ 評:他流試合から学ぶことは多いと思います。是非今後に生かしてください。期待しています。筒井さんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・通勤途上のローソンでは

水曜日は店長が休みでオーナーと思しき人がカウンターにいるのですが、たばこを注文すると「はいっ!LarkShortワン!」と小踊り(回転)しながら血圧高く、愉しそうに棚からとって渡してくれます。自分も仕事が上手くいったときに小躍りして喜ぶ瞬間というのがあったりしますが、自ら愉しめない、祝えない仕事というのは長続きしないのでは?と思います。もちろん、上手くいかない時のダメ出しもセットでやっています。

・ 評:遊び(悦しみ)は自分で創り出さないといけないですよね?そういえば歳を重ねるごとに小躍りする(私の場合は表現が違いますが)頻度が減ってきているような気がします。気持ちをもう少し奮い立たせたいものです。星沢君に3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・ワ〇ピースという

アニメを子供が見ていたので何となく見ました。その主人公ル〇ィは「そりゃ十中八九死ぬだろう」というシチュエーションの中で制止する仲間の声も聞かず、かつ、特に策を練るでもないままに「気持ち」だけで「行く」と言い張って実際に行動します。そして、それを見ていた周りの連中も「漢(おとこ)」だ、とその向こう見ずな姿勢を称賛しています。子供のころからそういった姿勢に洗脳されていれば、それはブラック企業とそこから抜けられない社畜な人々はなくならないと思います。

・ 評:日本人は、まず「がんばれ」から入りますよね?で、「がんばる」の意味するところは「求める成果を得るために、工夫と努力を適切にする」、ではなく、「成果は二の次に、今できる全力で遮二無二汗をかく(ので失敗しても許してね)」という意味だと思っています。その姿勢が尊い場面もありますが、全て「がんばれ」で塗りつぶした先に明るい未来はないでしょう。聞いた話ですが、スポーツの声援に日本人は「がんばれ」と言うのが常ですが、韓国の人は「이겨라!(イギョラ:勝て!)」と言うのだそうです。取り組む姿勢は大切ですが、達成すべき目的より優先されないようビジネスでは特に気を付けなければなりません。福田君に2点(合計7点)


2018-03-12 週刊社長ブログ449

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・サーキットでは

後続の速い車に抜いてもらいたいときは自分のよける方向を確実に伝えるためにウインカーを炊くのがマナーです。ハザードを炊くと、トラブルかもしれないと相手に思わせることになり却って危険です(社長注:その他にも第一コーナーまではどのようにするといった解説がいくつかありましたがきちんと理解できませんでした)朝礼でウィンカーの炊き方についての話が出ましたが、結局のところ「人にブレーキを踏ませない」という事を心がければよいのでは?と考えて運転しています。

・ 評:難しいことを簡単に伝えることができる人のことを「頭の良い人」という話がやはり朝礼で出ましたが、「人にブレーキを踏ませない」というのはなるほどと思いました。そういった昇華した言葉を意識して自分も運転してみます。中村君に4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・京大や阪大日引き続き

信州大学でも入試にミスが見つかったという報道がありました。信大では11階層のチェックを入れて出題しているのだそうですが、結局のところそれが機能していなかったという事です。各層で確認するポイントが明確でなかったり、一人一人の責任感が薄いという事なのだと思います。

・ 評:そもそも、全てにおいて「完璧」という事はあり得ず、99.9%を受け容れず100%でなければならないとして労力を割くよりも、入学選抜が完璧な問題によって行われなけれなければならないという前提が「無理」だという事を認めて間違いがあったときに穏やかに対応する方法をあらかじめ準備すべきだと、個人的には思います。極論ですが、無謬主義と精神論の先には敗戦が待っていると思います。河村君に3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・弊社製品にも

もちろん競合があります。ものを売るのに、顧客が本当のところ何を求めているのかがはっきり分かればそれほど楽なところはありませんが、大体は説明できるほど簡単ではありません。下町ボブスレーのジャマイカ側契約不履行の問題が取りざたされていますが、技術だけではない要求、例えば日本人の好むクイックレスポンスなハンドルの操作感が果たして選手が「乗りたい」と思ううえで好ましかったのか?とか突き詰めれば機体やメーカーのブランドイメージまで、滑走性能だけではない人とお金の全体的なマネージメントがないとお客様は採用してくれず、そういったところが上手くいっていなかったのではないかと思いました。そういったことこそ今後の日本企業の課題ともいえると思います。

・ 評:TV東京のドキュメンタリー番組で、下町ボブスレーチームのスタッフが選手やコーチに半ばシカトされている光景を見ました。それだけでは分かりませんが、機体の性能だけ追い求めていて、相手側から見た人的な交流や信頼関係が思うほどなかったのかなと感じました。良いものを創れば必ず認められる(買ってもらえる)という牧歌的なやり方一辺倒ではもちろん拙いですよね?藤本常務に2点(合計2点)


2018-03-05 週刊社長ブログ448

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・五輪が終了し

次はパラリンピックが開催されます。障碍者に対する差別をなくそうという理念は素晴らしいので、いっそのこと五輪に含めて開催すればよいのではと思います。色々都合もあるでしょうが、同じ会場でやった方が良いと思いますし、健常者と障碍者を分けて考えていますがその必要も本当のところないのではないかと思います。そういったことが広まってゆけばより良い世の中になってゆくのではないかと思いました。

・ 評:確かに、カテゴリーを分けて同時期に開催するというのは良いかもしれませんね?そういえば今週末からパラリンピックが始まりますが、いうほどあまりメディアが取り上げていないように思います。少し残念です。藤原君に4点(合計7点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・冬季五輪で

パシュートやマススタートという歴史の浅い種目で日本は多くの成果を挙げました。こういった種目で「金」を取りにゆくという意思決定とそれを実現する現場の力は素晴らしく、特に、そこに目を付けた判断がとてもよかったのだと思います。「競技」を「市場」と置き換えてビジネス視点で見た場合、何を競うか?競えるプレーヤは居るか?など学ぶべきところは多いと思います。翻って五輪よりも競技人口的にすそ野の広い日本のサッカーがいまだに世界に通用しないことについてはよくよく考える必要があるのではとも思います。

・ 評:もちろん選手だけで成果を出せるはずもなく、コーチや協会などの方向性が良い方向に揃って動いて初めて成せることなのでしょう。企業の経営と同じく、まずはどこを目指すか?というのが大命題であり最重要なことだと思います。左治木君に3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・ニューバランスという

カジュアル路線の靴メーカーがアスリートユースのモデルを出すようになりました。背景にはアシックスに居た靴職人がニューバランスに移籍した結果、その職人に靴を注文していたアスリートが大量にアシックスからニューバランスに靴の調整を依頼するようになったという事があるようです。職人技とはこういうものか?と思う反面、ナイキでは選手個人向けに調整したモデルは提供しないということも聞いています。これにより、消費者は選手が使用しているものと同じものを手に入れられる、ということになりその点を訴求しているのですが、どちらが結局のところ良いのでしょうか?

・ 評:トップアスリートはともかく、一般のランナーは昔ほど靴のメーカーやモデルにこだわらなくなっているような印象を持っていますが実際のところはどうなのでしょう?スポーツに対するプロモーションが市井の人のスポーツを通した豊かな人生に寄与した形で発展してくれれば良いですね?小林君に2点(合計2点)


2018-02-26 週刊社長ブログ447

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・冬季五輪をテレビ観戦しましたが、

新種目が沢山あり驚きました。と、同時にその競技が一般に根付くのか疑問に思えるものも多かったです。裾野が広がらないと大会としては成立しないのでその点考えているのでしょうか?

・ 評:バイアスロンなどは、日本で競技人口を増やすのはハードルが高いですね?カーリングも簡単に参加できるような競技では必ずしもありません。見ている分にはいいですが、一般の人が始めるうえで敷居が高いと残念ですね?安藤さんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・プロ野球のオープン戦が始まっていますが、

今シーズンから宣言四球が導入されています。敬遠球を無理やり安打にしたり、敬遠することでリズムを取り戻したり失ったりと、単に4球ボールを投げる中にもドラマがありそれも楽しみの一つなので、この制度の導入に自分は反対です。ともあれ制度導入でどう変わるか楽しみに見てゆきたいと思います。

・ 評:MLBでは「時短」のためにこの制度を導入したと聞きますが、中長期的に見てプロ野球が盛り上がる方向に向かうのでしょうか?ともあれ既存の制度を変えることの決断は諸々難しいのだろうなと想像します。藤原君に3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・地元安協の懇親会に参加してきました。

普段話さない人と話してみると、例えば昔当社に勤めていたことのある人とか、当社が申請した補助金の書類を取り扱っている市役所商工観光課の方とか意外に接点のある人がいてり驚きました。やはり人は一人で生きているのではないのかなと思いました。

・ 評:確かに、人はどこで繋がっているか分かりませんね?狭い地方都市なので尚更です。だからというわけではありませんが、全てにおいて丁寧に、誠実に対応してゆくようにしたいものです。福田君に2点(合計5点)


2018-02-19 週刊社長ブログ446

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・五輪のスノーボードハーフパイプは

3回の試技の内最もよい点数を選手の得点としています。この方式であれば、失敗を恐れず技に挑戦することが可能と思います。もし平均点で争うのであれば、皆無難な滑りをしてつまらない競技となると思います。少しでも良い演技をして観客を沸かせたいというボーダー達の意識の表れだとすれば素晴らしいことと思います。

・ 評:確かに挑戦する人を応援できる仕組みは良いですね?選手の皆さんはとても生き生きと滑っているように見えました。金盛君に4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・下町ボブスレープロジェクト製作の機体が

ジャマイカのチームに使われない、ということで賠償問題だなんだと騒がれているが、競技としてやっている以上、少しでも勝てる可能性のあるものに乗るのは当たり前で、単純にそれだけの話と思います。下町なんとか、というのはある種のブームですが、ロマンだけでは勝てないものだと思います。

・ 評:日本人はなけなしの努力を重ね、強大な敵に押されて潰されかける中、最後に奇跡の逆転勝利という図式が大好きですよね?本当は周到な準備の下、なにかが滑っても息をするように成果を出せるというのが大切で、かつ、そういったことのできる人やチームを評価すべきなんだと常々思っています。福田君に3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・小平奈緒選手ですが、

失礼ながら前回の五輪の時は、一人の凡庸な選手としか思えませんでした。ただ、20代後半にもかかわらず、そこから努力を重ねて進化すなわち自分を変え、結果を出したことはとても尊敬できることだと思います。ちなみに長野県出身者の単独メダル獲得は初めてのことだそうです。驚きです。

・ 評:素直に小平選手の健闘と、彼女を長らくスポンサーした相澤院長を讃え、喜びましょう!藤本常務に2点(合計2点)


2018-02-13 週刊社長ブログ445

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・弊社製品の作り方を

教えていただく機会がありました。スタッフが出張する意味と目的について初めてつながりのある理解ができてよかったです。総務の作業に従事してきた中で商品の成り立ちを知ろうとする意識が今まで低かったのだなと反省しました。作る過程やその思いにまで意識をめぐらし、そこに込められたものをくみ取れるようにしたいと思うのと同時に、自分たちの商品と違うものについても、その背景にある物事を考え、適切な対価を払えるよう意識してゆきたいと思いました。

・ 評:物事に何かしらかかわりを持ちたいと思うことが一つの愛だと思います。愛情をもってモノに接すれば、モノは必ず応えてくれるものです(と思っています)。これからも愛をもって接してください。渡部さんに4点(合計6点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・「しあわせ」という

語彙の無い民族がいるそうです。その国に異国人が滞在して感じた「しあわせ」をその国の人々に伝えるすべがないのでとてももどかしい思いをするのだそうです。言葉があり概念があるという事は、ある意味A5の黒毛和牛を食べたことがあり、それが基準となってその後の焼肉のランクを判断するようなもので、A5ランクの味を知っていることが幸せか?それとも知らずに普通のパック肉を美味しいと思って幸せに過ごすか?自分は基本的に知らないことは知りたい口ですが、その反対もあると思いました。

・ 評:中世以前と違って、科学という概念の発見以降、人類の知識は蓄積される一方の様に思います。人間の体は「飢餓」には耐えられるようになっていますが、これまで人類史上殆ど経験のない「飽食」にはあまり効果的に対応できないように見えます。同様に知らないことに耐えられる人間は、知りすぎたことを上手く御せないのかもしれません。ただ、時計は逆さに回せないので、その「飽食」と「過剰な知識」に抗い、うまく「我慢」するすべを身に付けないといけないのでしょう。河村君に3点(合計12点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・今回も町内会ネタですが、

町内会の卓球大会に出ました。ご年配の方には昔取った杵柄といった風の方も多く、球筋に目が付いていかず中々勝てませんでした。ただ、負けを積み重ねたのですがなぜか楽しかったです。こういったことは傍から見ているだけでなく、実際に参加して体を動かした方が楽しいようです。

・ 評:踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら、、ってとこですかね?我々エンジニアはとかく頭で理屈を考えそれを通して世界を観がちですが、それも一つの手段と割り切り理屈無く体で感じるという感性も併せて磨かなければいけないかもしれません。石田君に2点(合計11点)

・ ※おめでとうございます! 河村君と石田君が10点超えとなったので、社長ブログ賞として南山(社長注:駅前通の焼肉屋)相当のお食事に御案内します。河村君は2回連続ですが、A5の肉を食したいとのことですので、その期待に今回も応えましょう(w

メンバーは記載の二人としますので、日程を調整のうえ、2月26日までに私宛申し出てください。


2018-02-05 週刊社長ブログ444

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・東電の発電能力が

足りないという報道を見ました。総発電量は約5000万kwとのことでしたが、方や、昔スペースシャトルのエンジン1基の出力が4000万馬力相当であるということを計算で導いたことを思い出しました。スペースシャトルのエンジンは3機実装されているので、合計12000万馬力、これは8000万kw超となり、東電の総発電能力を上回る計算になります。発電能力が実は大したことがないのか、それとも高い密度でエネルギーを使うことのできる人類技術の進歩を示していることを見て取るのか?少し考えてしまいました。

・ 評:東電の総発電量ですが、調べたところ認可出力、すなわち最大値で約2億kwと、それでもシャトル2.5機分でした。一方、シャトルのエンジンは多分10分程度しか推力を生じないので、これを24時間365日動かし続けているという事もある意味大概なことではないか?とも思えました。色々比較すると面白いですね?星沢君に4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・医療機器の出荷に

製品の組み合わせによって色々な梱包用の箱を使っているのですが、新しい製品用あつらえで作った箱に、これまで2個セットで発送するときに少し困っていた商品が上手く流用でき事例がありました。また、いつもと違うメンバーで梱包を行った際、これまでと違った組み合わせで商品の梱包を上手く行うことができた例もあり、是もある意味驚きでした。現在ルーチンで行っている梱包の組み合わせは、今から10数年前の担当者が、その時の全体最適として設計したもので、よく考えれば今に至るまでに商流も少しずつ変わり、その変化を捉えた全体最適による検討をしてこなかったことが、現れた事例だと思います。改善、改良は常に意識していないといけないと思いました。

・ 評:梱包発送といえば、amazonのパッケージです。常に何らかの工夫や改善が盛り込まれ、進化しているように見えます。amazonでさえ不断の努力を行っているのですが~、我々もそれ以上に知恵を働かせる必要がありますね?河村君に3点(合計9点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・運転免許証更新の講習で

「50km/hで走る車同士が衝突するときの衝撃は100km/hで走る車が壁にぶつかるのと同じ」と講師が説明したのを聞き、「それ、違うだろ」と思い悶々としながらそれ以降の話は集中して聞くことができませんでした。たとえ事故防止が目的で、感覚的に伝えようとした話だとしても、説明上の明らかな間違いは問題だと思います。最後の質問時に内容を正そうと思いましたが、聴講している人たちの「早く帰りたい」という圧力に屈して訊けませんでした。だれか勇気のある方お願いします。

・ 評:正す人が誰もいないので間違った説明が続いている、というところでしょうか?このブログを通じて伝わることをちょっとだけ祈っています。ちなみに私の免許更新は平成以後ですので、ほかの人に期待です。富田君に2点(合計6点)


2018-01-29 週刊社長ブログ443

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・来客用のお弁当ですが、

石芝にあるお店に頼んでいます。そのお店のランチセットと同じ内容だからという事もあるでしょうが、見た目以上に安価でかつ古くからの馴染みという事もあり1個からでも配達してくれる点も重宝しています。仕事の上でも皆コスト意識をもって自分の周りの備品についても考えてください。

・ 評:お店側も我々のことをお得意さんと思っていてくれれば良いですね?コスト意識を高めるのと併せて、我々自身も選ばれるサービスを提供できるよう努力してゆきましょう。青柳さんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・DIYの店に

物置設置の見積もりを依頼したところ、そのチェーン店から依頼を受けた会社の人が来て、現地を確認した上で見積を出してきました。物置を立てるだけであればそれでも良いかもしれませんが、ちょっと補修したり、なにか問題が起きた際に誰に問い合わせて対応してもらえればよいかわからず不安になりました。効率化優先の弊害がこういうところにも見て取れます。

・ 評:全てが近視眼的かつ自分本位に動いているように見えますね?少なくとも長期的にお客様を育て、それによって地域や自らも育つというような発想の会社はあまりないように思います。矜持を持ちたいものです。福田君に3点(合計9点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・携帯にカメラが付いたのは

自分が高校生の頃だったように思います。スマホにタイヤが付いたような車や、人のいるところに期間限定で設置するコンビニなどの様に、本体と付属品とを取り換えて考えてみるような逆転の発想で物事を見てみるのも面白いと思います。

・ 評:他の人がやらない、考え付かない発想を捻りだす技術として面白いですね?商品開発や市場開拓にぜひ生かしてください。河村君に2点(合計6点)


2018-01-22 週刊社長ブログ442

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・「当たり前」という言葉ですが、

行動している人が口にする言葉であって、される側が言うものではない、と常に思っています。

・ 評:素晴らしいですね?「ありがとう(ありがたい)」の反意語は「当たり前」だという話を聞き、なるほどな、と思ったのですが、それと併せて意識してゆきたいと思います。金盛君に4点(合計9点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・エアバスA380という

総二階建ての巨大旅客機が、エミレーツ航空からの受注がなくなってしまったので生産停止になったとのことです。一方、ボーイングもかつてはジャンボジェットを生産していたのですが、近年は中型機主体でハブ空港同士を結ぶ路線に注力しており業況も好調とのことです。大型機主体か中小型機主体かは、それぞれ目論見が合ったやったことだとは思いますが、現状は中小型期の方に軍配が上がっています。顧客のニーズにどうこたえて方向を定めるか?自分の会社の在り方を考えても難しい問題と思いました。

・ 評:かつてiPhone用のCPU製造を蹴ったIntelの経営判断を思い出しました。後から考えて評論するのは簡単ですが、難しい問題ですね?我々中小企業としては、手数を出してその結果を考察し方向を常に修正してゆくしかないでしょう。種君に3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・混雑したエレベーターで、

降り際に締まるドアに挟まれそうになった人が、ボタン近傍いた人に対して「開く」のボタンを押してくれなかったことに文句を言っているのを見て不快に思いました。エレベーターのボタン操作は善意の上で成り立っていて、その事を当たり前と思い感謝の気持ちを持っていないとすれば悲しいことだと思います。

・ 評:他国の本当のところを知っているわけではないですが、他人に「当たり前な社会規範」を強要する風潮が日本は特に強いのかもしれないと思います。線引きが難しい領域なので、線引きせず、上手くいったりいかなかったりと、押引きしながら佳い風潮を広めてゆければと思っています。渡部さんに2点(合計2点)


2018-01-04

・自分の娘は
・河村君の話ではないですが
・年末年始は

2018-01-15

・昔近所に道路が開通し、
・地図上で一軒家を見つけて
・寝ぼけ眼で出勤したのですが、

2018-01-22

・「当たり前」という言葉ですが、
・エアバスA380という
・混雑したエレベーターで、

2018-01-29

・来客用のお弁当ですが、
・DIYの店に
・携帯にカメラが付いたのは

2018-02-05

・東電の発電能力が
・医療機器の出荷に
・運転免許証更新の講習で

2018-02-13

・弊社製品の作り方を
・「しあわせ」という
・今回も町内会ネタですが、
※おめでとうございます! 河村君と石田君が10点超えとなったので、社長ブログ賞として南山(社長注:駅前通の焼肉屋)相当のお食事に御案内します。河村君は2回連続ですが、A5の肉を食したいとのことですので、その期待に今回も応えましょう(w

2018-02-19

・五輪のスノーボードハーフパイプは
・下町ボブスレープロジェクト製作の機体が
・小平奈緒選手ですが、

2018-02-26

・冬季五輪をテレビ観戦しましたが、
・プロ野球のオープン戦が始まっていますが、
・地元安協の懇親会に参加してきました。

2018-03-05

・五輪が終了し
・冬季五輪で
・ニューバランスという

2018-03-12

・サーキットでは
・京大や阪大日引き続き
・弊社製品にも

2018-03-19

・現在他社の指揮下で
・通勤途上のローソンでは
・ワ〇ピースという

2018-03-26

・車で偶々停車した隣りで
・会社の洗面所で
・amazonプライムで

2018-04-02

・全国うまいもの物産展に行きましたが
・最近の社長ブログを読みました。
・加工品の見積もりを

2018-04-09

・安協に参加して
・NRA(全米ライフル協会)の
・勤続25周年の記念品に頂いた、

2018-04-16

・取引先の加工屋さんで
・BURRN!というハードロック専門誌が
・車雑誌のコーナーに

2018-04-23

・お客様先に向かう際
・ホームセンターで
・お客様にお出しする

2018-05-07

・先日、社内の消火器の
・近所にあるDIYショップに
・家の水道料金が上がっていたので

2018-05-14

週刊社長ブログ457
・出荷整備のために
・TOKIOの山口さんが
・我が家では、日曜の夜

2018-05-21

・日大アメフト傷害事件ですが、
・御指名ですので、
・牛丼の吉野家で

2018-05-28

・スイッチが手に入らず
・自宅の2階に
・新型あずさに乗りました。

2018-06-04

・チューブポンプを
・高速道路の老朽化に伴う
・東京五輪の

2018-06-18

・最近乗っている車の
・FACEBOOKではありませんが
・松の枝ぶりが良くなってきました。