トップ 追記

エンジニアリングシステム株式会社 | ESCO社長 柳沢真澄のブログ


2020-02-25 週刊社長ブログ541

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・最近趣味で作っている

薪割の薪で飯盒炊飯をしましたが、どのようにしたら上手く炊けるか色々予見しながらやったのですが思ったようにできませんでした。思えばキャンプという物にはあまり興味がありませんでした。というのも、文明から離れて不便を楽しむというその姿勢に共感できなかったからです。ただ、今回飯盒炊飯をしたことで、文明から離れることによる「不便」は一つの手段であって、キャンプというのは、知らない事、経験がないことについて想定、試行し、その結果からまた改善を行ってゆくというインテリジェントな営みではないかと思うようになりました。薪割から派生したことですが、自分でも面白いと思っています。

・ 評:新しいことを始めて、そこから色々な発見があり、世界が広がってゆくというのは良いことですね?小さいころには身の回りのことほとんどが目新しいことで、そこから得られるワクワク感や世界が広がってゆく楽しさを大人になるといつの間にか忘れてしまうものかもしれません。SIさんに4点(合計8点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・福岡の地下鉄で

社内で咳をしていた人がいて、他の乗客と口論になった挙句非常停止ボタンが押されるという事案がありました。新型コロナウィルスについていえば、既に日本各地で離散的に感染者が洗われており、もはや感染経路が分からない状態になっていて、罹患したことに対して誰も責任を負えない状態になっています。ただ、世間の風潮としては「かかった人が行けない」という感じがあり、それで良いのかなと思います。自分も他人に対して知らずに害をなしているかもしれません。もっとお互い寛容に接してゆけるようになりたいものです。

・ 評:日本人の性向として、予防可能と思われている病気、例えばHIVなどに罹患した人や、引きこもりやビジネスで失敗した人などの社会的弱者に対してことさら不寛容な気がします。そういった人こそ救いの手が必要なはずなのですが、、、自己責任であってもおぼれた犬に石を投げるような、そうする人を見て見ぬふりして我関せずを通す人など、とてもさみしい感じがします。RWさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・アパートの階段脇に

あった木が、いつの間にか切られていました。自分のものではないので、仕方がないことなのかもしれませんが、その木が無くなって初めて、階段を上る時に時折葉っぱを食べていたことをこれほど楽しみにしていた自分がいたことに気が付かされました。他人からの恩恵によって人は生かされている、お互いさまの中で生きている、という事を感じた出来事でした。

・ 評:有り体ですが、人は一人では生きていけないものです。できるなら、お互い感謝しあっていられれば良いですね?KTさんに2点(合計6点)


2020-02-17 週刊社長ブログ540

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・老舗のパン屋さんが

来月末に閉店するのですが、それを惜しみつつ店に入ってみたら新商品が出ていてそのアグレッシブさに感服しました。ふつうは閉店ともなると、あるものを総ざらいして終息させてゆくものだと思いますが、このパンにかける情熱が勿体ないと思います。誰か引き継いでくれないものでしょうか?

・ 評:閉店を惜しむ声は多く聞かれますね?オーナーさんも日本で数少ないパンの製造技能職特級保持者で後進の指導や業界のまとめ役として若いころから活躍され多くの人に慕われているのだそうです。閉店前に私も買いに行きたいと思います。KSさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・極力LINEを

使わずに生きてきたのですが、高校の同級生6〜7人でで旅行に行こうという事になり、皆でグループLINEのID交換をしました。ところがおじさん連中がタイムラインでやり取りをしようとしても、誰かが発した問いかけに「これ、だれが答えるの?」とだんまりが続き、物事が決まる様子もなく、挙句の果てに電話を掛けるという間抜けな事態に陥りました。50超えのおじさんにはフラットな組織での意思決定は向かないようです。

・ 評:その考察は、目の付け所が良く、納得させられるものがありますね?逆に、その視点からコミュニケーションの訓練をするというのもありなのだと思います。KFさんに3点(合計9点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・崎陽軒が

例のクルーズ船にシウマイ弁当4000食を差し入れたのだそうです。ただ残念なことにそれらが乗客の口に入ることは無かったのだそうです。4000食と言えば相当な量なので、それを用意するためにかなりの労力を割いたのでしょうが、それが無駄になったのだとすればとてももったいないことだと思いますし、隔離された乗客に確実に届くというウラを取ってからそのアクションを取ることはできなかったのかと残念に思いました。

・ 評:想像ですが、企業としては、寄付の申し込みを行い、受け取りについて了承を得た上え行動したのだとは思いますが、それが実現しなかったのがどういった意思決定システムの中で行われたのかホントのところを知りたいものです。それにしてもコロナウィルスの騒動は、騒ぎすぎなのか、騒がなすぎなのか?こちらもホントのところについて分かりたいものです。NKさんに2点(合計7点)


2020-02-10 週刊社長ブログ539

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・福岡での出張中

中村哲さんに関するニュースを多く見ました。医師としてボランティアでアフガニスタンに入ったところ、医療活動では人は救えない、と自ら体を動かし、ブルドーザーに乗り行動したその根本には「人を救いたい」という思いがあったそうです。そういった行動をできる人はもちろん少なく、尊い人を亡くしたのだと思いました。自分の行動についても考えてみる機会を与えてくれたと思います。

・ 評:本当に、できることではありませんね?我々も、自分の仕事が大なり小なり世のため人のためになっているという事を実感できると嬉しいと思います。現地に飛んで体を張るばかりがやり方ではないと思いますが、そういった人を尊重しいくばくかでも支えられると良いと思います。KTさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・アマゾンのレビュー

ですが、所謂サクラが高評価を入れていることも多いようですが、逆に競合相手の商品に悪い評価をつける業者もいるそうです。また、それを生業にしている業者もいるとのことです。悪い評価が多く集まった業者はアマゾンで出展禁止になったりするので死活問題だったりします。レビューが信じられないとなったときに、レビューが本当にユーザーからつけられたものかどうか判断するアプリもあるようで、そういったいたちごっこはいつまで続くのかと思ってしまいます。

・ 評:確かに胡散臭い評価はありますね?また、SNSで炎上させたりプロパガンダの代行を行う業者や集団がいるのも間違いないところです。新しい時代の「信用」がどのような形か?色々想像してしまいます。KFさんに2点(合計5点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・iPhoneのカメラで

ものの長さを測定するアプリがあるのですが、その測定原理としてTOFセンサ、すなわち光反射してくる時間を計測することで対象物との距離を測定するという、会社の中でいえば数百万円級のレーザー測長器と同じ原理を用いているという事を知りそういったとても高度な技術が、スマホに搭載されているという事にとても驚きました。

・ 評:本当に、手のひらに未来がある、そしてそれが当たり前の日常を作っているという事に驚きを禁じ得ませんね?どこまで行くのでしょう?そして、何が変わってゆくのでしょう?NKさんに2点(合計5点)


2020-02-03 週刊社長ブログ538

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・小学生の

子供に誕生日のプレゼントとしてレゴブロックをあげたところ、すごく嵌っています。勝手に早起きしてレゴを組み立てるだけでなく、暇さえあればレゴで遊んでいます。こういった楽しいことが世の中にはある、という事を伝えられたこと、本人が体感できたことがとても嬉しいです。私も朝早く起きてこれから趣味にしようとしている薪割をしようかと思ったのですが、家内から近所迷惑ときつく止められました。

・ 評:本当ですね?ネットやゲームとか、よく考えると他人に遊んでもらっているようなものではなく自分から熱中できることに出会えるという事は本当に財産と思います。SIさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・SONYがVISION-Sという

車を発表しました。巷間言われるように、電機メーカーが車を作って売る事が現実となってきています。ところで、車が世の中に出てから、ワイパーとショックアブソーバーは画期的な進歩がなされていないと言われていますが、最近ショックアブソーバーについてはダンパー用のオイルの代わりに磁性流体を封入し、直前の路面状況に応じて磁界を変動し、その粘度を身えりセカンドオーダーで変化させることで乗り心地を制御するというシステムが開発されているそうです。そういった事を考える人はすごいと思います。

・ 評:本当ですね?ワイパーについてもものすごい画期的なシステムが開発されるかもしれません。そもそも、自動運転システムの発達が進めば進行方向の安全を視認により確認するというドライバーの役割が不要となり、外界を人間が分かるように「見る」ということも要らなくなるのかもしれません。思考を飛躍させる練習には良い題材かもしれませんね?NKさんに3てん(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・以前コンクリートのタイルを

庭に敷き詰めた際に残った砕石や砂利を何とかするため、第二弾の工事を行い漸くすべてを使い切りました。ただ、タイルをきちんと平らに並べるために杭や板を大量に使い、今度はこれらが余ってしまいました。時間を見つけて少しずつ廃棄してゆくつもりですが、こういったところにプロとアマの違いが出るのだと思います。アマチュアは目的の造作はそれなりにやってもその際に出たゴミは庭の隅に寄せてあったりしますが、それに対して後始末まできちんとできるということが、プロの仕事の必要条件なのかもしれません。

・ 評:片付けや掃除まできちんと全うしてはじめて仕事が完了したと言えるのでしょう。あと、7,8割の労力で間違いなく仕事を完了させられるような段取りも同様にプロとしては必要でしょう。KKさんに2点(合計2点)


2020-01-27 週刊社長ブログ537

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・9歳の

少年が数学一級を取得したという話題を見ました。彼はYoutubeなどにあふれている予備校生向けの動画を見て勉強したそうです。最近は、自分の子供時代の様に夜7時にテレビの前で正座してポケモンを見るようなことはなく、自分の都合で時間を使えるその自由度が格段に上がっていると思います。自分の子供もそうですが、その様な環境では自分の好きなことにしか時間を使わなくなり、知識は深まるかもしれませんが広がりを失うのではないかと思います。昔の様に情報がダラダラ流れてくる中で、色々な気付きを得るような世界とどちらが良いかは分かりませんが塩梅よく過ごしてゆければと思います。

・ 評:ネットでの検索ですが、確かに大型書店に行って、自分の知らないジャンルのタイトルを知るような局面は少ない様に思いますね?深さと広さ、両方必要と思いますが、インプットだけではなく、アウトプットしてそのフィードバックを得るというサイクルを恒常的に持つことが先ずは必要不可欠ではないかと思います。MOさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・光のお父さん

という映画を見ました。定年のお父さんが会社を辞めた後、ディスコミュニケーション状態となっている息子との交流を回復するため、ネットゲームを通じて働きかけるという話ですが、観ている中で、息子の視点で見ている自分は実はおかしく、父親側の視点で考えるべきではないかという事に気が付かされました。いつまでも若いつもりで歳相応の振舞いができていないということかもしれないと考えさせられました。

・ 評:年相応、という事は私も時折考えます。知人が現在の私の年齢位の時に、他企業の若手後継ぎを集めて勉強会を開いていたことなどを思い出しては、自分の在り方について反省させられます。先ずは落ち着いた言動から、などと考えてしまいます。KFさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・私は理学部

化学科卒業です。実は有機化学が苦手で、無機化学を専攻していたのですが、有機化学が苦手な人向けにスマホアプリが出ているのを最近知りました。よくある化合物の分子模型をアプリ上で再現し、反応の仕方や分子の形状などを視覚化するもので結構売れているらしいです。このアプリの様に、皆が実は分かっていて真新しいことは無いながらも、見せ方を工夫することで商売になるようなネタは他にもあるかもしれないと思いました。

・ 評:売れるネタの切り口は他にもたくさんあるのでしょう。技の引き出しを増やし、日々思考実験しつつ、沢山試してゆきましょう。YKさんに2点(合計2点)


2020-01-20 週刊社長ブログ536

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・某社のメガネの

鼻当てが壊れたので、修理を頼みに店舗に行ったところ、その場で対応していただけず預かり修理と言われました。当日はスペアのメガネを持っていなかったので日を改めることとし、瞬間接着剤で仮止めしてしばらく凌いでいましたが、そのメガネを再び店舗に持ち込んだところ、今度は補償対象外と言われてしまいました。瞬間接着剤は全てきちんと取り切ることができ、特にメガネを痛めているわけではないので、やや理不尽だと思いました。この会社に対しては安かろう悪かろうという印象をもたざるを得ず、今後はアフターサービスも考えて購入を考えたいと思いました。

・ 評:我々も逆のことを思われていないか?他山の石としてとらえて考える必要がありますね?とはいえ、モノを修理して使うという文化自体が廃れつつある世の中で、何があるべき姿なのか?という点については日々心を新たに見つめ直してゆく必要があるとも思っています。YFさんに4点(合計12点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・羽田空港に格納されている

YS11の量産1号機を博物館に移設するというニュースを見ました。この1号機は国交省所有で、空港レーダーチェックの用途に使っていたそうです。自分が学生時代に地元の空港にその機体を見に行ったことがあるのですが、その機体が実は1号機であったというのを知り、感慨深かったです。米国では例えばゼロ戦やムスタングなど、第2次大戦を彩った機体が飛行できる形で現存していたり、アポロなどのメモリアルな機体も飛ばないまでもきちんと保管されているのに対し、日本はとかく技術立国とその昔言われていたにもかかわらず、動体保存されたヒストリカルな製品が少なかったり頓着していなかったりするのがとてもさみしいと思います。、

・ 評:あるところにはあるようにも思いますが、確かに国を挙げて保存し、リスペクトするという姿勢は薄い様な気がしますね?翻って当社でも旧い図面や装置をどのように扱ってゆくべきなのか?常々考えさせられています。HTさんに3点(合計12点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・先日買い替えたスマホですが、

保護フィルムを張ったところ、思っていたのと裏腹に使い勝手や使用感がよく、良くできていることに驚かされました。保護フィルムはむしろ必須なアイテムなので、何故最初からつけておかないのかむしろ不思議に思いました。ところで、最近顧客からいただいたタッチパネルに係るクレームで、状況を示した写真を見る限り、パネルをボールペンで押している様な痕跡が見受けられ、それでは故障もやむなしと思いました。タッチパネルにも保護フィルムを張るべきかもしれないと思いました。

・ 評:今日日の保護フィルムは気泡もうまく抜けるなど、良くできていますね?製品のオプションとして最初からついていて欲しいというのはわかります。タッチパネルもそうですが、ユーザーの目に触れ、手が触れる部分については優先して改良してゆくことが必要です。対処してゆきましょう。SIさんに2点(合計10点)

・ ※おめでとうございますYFさん、HTさん、SIさんが10点超えとなったので、社長ブログ賞として南山(社長注:駅前通の焼肉屋)相当のお食事に御招待します。日程、メンバー含め私の方から連絡しますのでよろしくお願いします。


2020-01-14 週刊社長ブログ535

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・成人式が

行われましたが、各地で荒れた模様です。2022年より成人は18歳からという事のようですが、現代日本における二十歳の若者に対するアンケートでは自分を大人と自覚している人の割合が20%ととても少なく、中国人の80%を大きく下回っています。大人としての自覚がうまく育てられていない状況で成人の年齢を2歳引き下げ、大人として扱うのは少し無理があるのでは、と思ったりします。

・ 評:大人として扱うから大人の振舞いができるようになるのだと思います。昔の元服はそれよりももっと若かったですし。とはいえ、日本人は他国の人に比して自己肯定感が低いようです。どうしてでしょうか?そういったメンタリティを克服するところに国を活気づけるヒントがあるようにも思います。RWさんに4点(合計8点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・堀金の物産センターに

行き、新年会で話題になった豆腐寄せを買って食べました。この物産センターは食堂がおいしく、売上も大きいとの評判で、いつも混雑しています。また、観光客向けではなく地元の生活に必要とされる物品を多く取り揃えていることで、地元のお客さんが多いことが特徴です。こういった地元では普通な品物を充実させることで、却って観光客向けの商品に飽きているお客さんのニーズを満たすことができ、相乗効果を生んでいる様に思います。ちなみにここでは日本蜜蜂の蜂蜜が売られていました。とても珍しいものなので、おいしい食べ方を研究した上で買いに来たいと思います。

・ 評:売る側の思い込みで商材を取りそろえることの危険性があるかもしれませんね?地元の当たり前が、よその人から見て本当に価値あるもの、ということは間々ある事だと思います。我々が当たり前にできることをよく弁えて、それが価値を産む先を探すというアプローチもあるのでしょう。KKさんに3点(合計7点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・週末に見た

高校サッカーの試合が面白かったです。優勝校は2点差を逆転しての勝利だったのですが、2点差と言えば、先のワールドカップで日本代表がベルギーに逆転負けを喫した試合を思い出します。高校生たちも「2点差なら逆転できる」「2点差で安心してはいけない」とそれぞれが思った事でしょう。そういう意味で、代表の試合は皮肉めいた記憶となっていると思います。

・ 評:確かにベルギー戦は劇的でしたね?それにしても、不利な状況をひっくり返すメンタリティは見倣うものがありますし、リードをきちんと守り切る戦略戦術も身に付けなければなりません。我々のビジネスではどうでしょうか?MOさんに2点(合計8点)


2020-01-06 週刊社長ブログ535

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・少なくとも現状維持

という話が聞かれますが、それすらも実は難しいですし、自分やチームのポテンシャル維持も難しいと思います。目先を変える程度の事ではなく、過去の失敗すなわち自分のやってきたことに向き合う事を通して成長してゆきたいと思います。

・ 評:自分を取り巻く環境は絶えず変化していますし、そこで揉まれている競合先もその流れに適合すべく努力しています。周りが進化、成長してゆく中で、相対的に現状維持をするだけでも、何らかの変化、進化が必要です。皆で意識して努力してゆきましょう。ONさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・歳を取ると

一年が速く過ぎてゆきます。一説によると毎年2%くらい短く感ずるようになるのだそうです。速く過ぎる分、充実した一年にしたいと思います。

・ 評:本当ですね?速く過ぎるようになるのであれば、その分中身の濃い時間としてゆきたいものです。NKさんに3点(合計5点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・自分は昭和生まれですが

娘たちは平成生まれです。そして今令和初の新年を迎え、年号が代わると気持ちも常識も色々変わるような気がしています。今年はオリンピックイヤーです。そういった事も含めて常識と非常識が入れ替わるなど色々なことが変わってゆくと思います。常識と非常識の移り変わりを見極めながら過ごしてゆきたいと思います。

・ 評:節目を意識し、環境の変化を感じ取って気持ちや行動を改めてゆくことは良いことだと思います。今年も良い年にしてゆきましょう。MAさんに2点(合計8点)


2019-12-23 週刊社長ブログ534

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・雨は夜更け過ぎに

雪に変わりましたが、国鉄民営化当時から永年繰り返され日本人全てが知っているであろうというこのフレーズは、前提となる集団のキーとなっているように思います。テニスで活躍している大阪なおみさんに対して「(彼女は)日本人じゃないだろ」という人がいますが、大阪さんがこのフレーズを言ったら日本人として共感を持ってもらえるのでは?と思いました。あと、ダイの大冒険というドラクエをベースとしたマンガがアニメ化されます。ドストライクの世代である私はとても楽しみにしています。

・ 評:共通の知識や経験が文化を育んでいるというのは重要な点であると思います。企業もそういった共通な経験、それも、顧客や世の中を少しでもよくしてゆければ、という意思に裏付けられたもので文化が紡がれて行ければよいですね?MOさんに4点(合計6点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・山下達郎の曲が

この時期繰り返し流されますが、牧瀬里穂のCMは当時とてもインパクトがありました。はっきり言ってかわいかったです。YOUTUBEで見ても泣けます。このCMですが、JRが作ったことに意義があると思います。すなわち輸送会社としてのスピードや快適さ、安さを売りにするのではなく、会えるこのと物語を前面に出していることがすごいのです。ややもすると「あざとい」「やらしい」CMとなってしまいがちですが、何よりこれについていえば牧瀬里穂を起用している時点で成功しています。

・ 評:そのCMをYOUTUBEや解説サイトで見返すと、とても細かな物語の設定がしっかり構築されていることに今更ながら驚かされます。その中で、一番重要なのは、今の時代、携帯が普及しているので、「待ち合わせ」の概念が30年前とは全く変わっている事だと思います。よく言われますが、便利になって失ったものも多いのでしょう。HT君に3点(合計9点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・クリスマスプレゼントに

トイドローンを買いました。ちっちゃなものなので、少し舐めていたのですが、驚くほど安定したホバリングを見せてくれます。説明書によるとGセンサや気圧センサを搭載していてその情報から期待を安定させるらしいのですが、気圧という点からいえば1cmで約0.1Paの差しかありません。これを検知できるセンサをこの値段のおもちゃが搭載しているとすれば凄いことです。我々の仕事にももちろん適用できます。

・ 評:気になったので調べてみました。0.1Pa程度の差を検知するセンサというのはカタログ品として売られていますね?知りませんでした。玩具に搭載するものでも1Pa程度を検知することはできそうです。それらは携帯の部品として品質の進化と価格の低減がなされてきたものだと思いますが、制御技術と併せて凄いことだと思います。NKさんに2点(合計2点)

・ ※本年も大変お世話になりました。

来年も変わらず宜しくお願いいたします。


2019-12-16 週刊社長ブログ533

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・最近学校給食が

貧相になっているそうです。物価高騰と少子化による収入減が影響しているとのことですが、給食にお肉がないという事もあるという話を聞きます。会社では出前のお弁当を取っている人がいますが、こういった企業向けのお弁当を給食センターで作ることはできないでしょうか?大人がちょっと多く支払う事で、子供たちの食育環境を向上させることができれば素敵なことだと思います。「できない」と考えず、できるようにしてゆくことが大切と思います。

・ 評:学校給食の件は初めて聞きましたが、さもありなんという話で、かつ、捨て置けない事案ですね?アイデアもものすごくよいと思います。現在の学校給食製造施設は子供が多かった時に作られたものなので製造能力が余っているのは想像に難くありません。前例のないことを行おうとすると各界の反発が色々ありそうですが、そういった事を押して事柄を替えてゆける市政を作ってゆけると良いですね?RWさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・朝礼で聞いたはなしと同じですが

自分も自宅の換気扇を交換する必要が出たので工務店に相談したところ、工務店側では自分のところから買うよりもネットで引っ張った方が安いと言われてしまいました。実際、定価1台分で3台分購入することができましたが、ネットで買う方が、問屋さんから買うよりも安くなるという事に今更ながら驚きました。その前提で、工務店の売り物は何かと考えたとき、技術や資格、専用の道具や施工の知恵という事なのかと思いますが、そういったコトしか今後は売り物にならないのかもしれません。

・ 評:革命的な物流の変化の中、売り物自体の価値も大きく変わってきていますね?我々のビジネスに置き換えて、より顧客に支持される商材がどういったモノか?考え試し続ける必要があると思います。MAさんに3点(合計6点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・自分でお弁当を作るようになったら

スーパーでモノの値段を考えるようになりました。どの店のどの品が安くておいしいか?という事ですが、それまでは何も考えずに家内の目を盗み、食べたいもの、欲しいものを買い物かごにに入れている生活でした。自分で色々考えるようになって初めて、今まで奥さんがよく考えて買い物をしていたことに気が付きました。

・ 評:自分でやってみて初めて分かることは多いですね?また、奥様の気配りに気づけたことも良かったと思います。買い物に限らず、予算(限られたリソース)の中で工夫することで知恵も生まれるという物だと思います。ともあれ、須らく、感謝の念をもって日々過ごしてゆきたいものですね?YFさんに2点(合計8点)


2019-12-09 週刊社長ブログ532

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・家内の実家で

頼まれてタイヤの交換をしました。工具を出すためトランクを開けようと思ったのですが、バッテリーが上がっており電動式のトランクがそのままでは開きませんでした。トランクの開け方についてネットでマニュアル調べたところ、こましゃっくれた段取りをした上で気合で開けるような仕様で、開けるには開けたのですが現在筋肉痛になっています。キーレスエントリーなど便利になっている反面、電子化が行き過ぎると普段は良くてもいざというときに本当に困ることになります。せめて、今回の様に電力で動かなくなったときにどのように対処すればよいか、直感的にわかるようなデザインと貴校にしてもらいたいものです。

・ 評:日本の車はロックがかかっていると内側からドアが開きません。それはそれで意味があると思いますが、車が水没した際アンロック機構が働かなくなってしまいドアが開けられないという、命にかかわる問題を引き起こしたりします。それ以前に最近は車に限らず色々な制御が電子的に行われているため、その動作原理が本当のところ分からず、思った動作をしないということに時折ぶつかります。平時でないときこそ求められる優れたデザインを心掛けたいですね?YFさんに4点(合計6点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・NHKで

地震の特集を見ました。そのドラマを見て本当に怖かったです。普段から、一生懸命有事に対して「備えましょう」という考え方自体が何の役にも立たないと思いました。そもそも東京に人口が集中しているのは効率化を求めたからと思いますが、個人のレベルではどうしようもないこういうことこそ、国を挙げて未来に向かって対応してもらわないと困る事だと思います。

・ 評:荒川などが決壊したときに水没する地域のシミュレーションを見て驚きました。NHKでは15年ほど前、地球シミュレータを使って温暖化が進んだ時の台風災害について特番を組んで報道しているのですが、昨今の台風被害そのものの予測がなされており驚きます。今回の番組によると首都圏に直下型地震が起きる確率は今後30年の間に70%の確率とのことでした。今日、それが起こる確率は0.01%程度と算出されるわけです、がそれが起こらない前提ではなく、起こる前提で色々組み立ててゆかないといけないと思います。基本的には首都圏に住まない、ということかもしれません。SI君に3点(合計8点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・反町監督引退の号外を

読みました。サッカーにはさほど興味がないのですが、山雅をJ1に上げてくれた大恩人であるという事くらいは知っています。ただ、突然監督が辞めると今まで積み重ねてきたものが簡単に瓦解するので、引継ぎ期間を以て徐々に新体制に移行してゆくということができないものかと思います。

・ 評:多くのチームがそうですが、監督が後任コーチを育てつつ円満に退任してゆくという事はまれだったりします。チームも市民も反町サッカーを否定しているわけでは全くないので、とても残念に思います。成績を残す、という意味ではもっと違ったところを替えてゆく必要があると感じますね?SAさんに2点(合計2点)


2019-12-02 週刊社長ブログ531

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・ネットの動画で

どうすれば早く描けるか?と悩む漫画家に、別の漫画家が答えるという物があり興味深く見ました。曰く、「白紙から描かない」「伝えたいシーンとコマ割りを決めてから他を埋めてゆく」など、要は「段取り」が大事、という話でした。その上で、「段取りが行き過ぎると、心が死ぬよ」という話が続き、要は書きたいことが無くなってゆくということだったのですが、極めて普遍的な話と思いました。効率的に仕事をこなすにはある意味機械的な作業に仕事を落とし込んでゆく必要がある反面、仕事を作業に落とし込むと情熱が失われるという事かと思います。アイデアやアウトプットに常にポイントを置いて、何をしたいかという事を見失わずに

・ 評:深い話ですね?熱を持つことを忘れず、かつ損なわれないように仕事に取り組めればと思います。OS君に4点(合計8点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・パワー半導体は

現在世界的にみると日本の会社が優位に立っています。プレーヤはM社、H社、F社、T社など、メモリ製造設備を転用して少ない設備投資で安価にデバイスの製造を行っています。ただ、世界1位の会社はドイツにあり、大面積ウェハの製造設備に積極的な投資を行っています。当たり前のことですが、ウェハサイズが大きいほど製造コストにおける効率がよく、これに対抗するには日本企業で連合し、大きな資本を投じて物量に打って出ないといけないと思うわけですが、そういった動きは見られません。きっと、負けが確定してから合従連衡し政府が資金を投じて延命するのでしょうが、こういった分かり切った失敗を何度も繰り返す日本人の修正が変わらないのはなぜなのか?理解に苦しみます。

・ 評:敗戦から学ばない、自らの在り方を変えない国民性には暗澹たる気持ちになります。本当に。流れを変えられないとすれば流れに乗るしかないので、適合してゆきましょう。KF君に3点(合計9点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・ネットのニュースで

見たのですが、役所では書類への不要は押印を減らす流れになっているそうです。大手企業などでは書類に沢山の押印がなされていたりしますが、気になってそのマナーを調べてみたところ、基本的には役職が上の方がより左側に押印することと、それを敬う形、すなわちお辞儀をする意味合いでやや左に傾けて押印するのが良いとのことでした。そういった事は今まで意識したことはありませんし、くだらないと思います。そういった目で自分の陰影を見ると、やや右に傾いていました。ふんぞり返っていたようです。まぁ、まっすぐにつけるのが良いと思うので練習します。

・ 評:マナー、という事を考えたときは必ず相手がいることになります。その相手や、自分も含めた相手の属する集団で、「不快」に思われるか否か?が基準となるわけですが、そこには理屈がないわけで、面倒くさい問題ではあります。そういえば最近ビジネスシーンでネクタイをする人がめっきり少なくなりましたね?そんなもんです。YFさんに2点(合計2点)


2019-11-25 週刊社長ブログ530

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・タイヤの交換を

小学校高学年の子供と行いました。タイヤのジャッキアップからナットの留め外し、オイルやウォッシャー液の点検も併せてやりました。身の回りにある自分の使うものを自分で面倒見るという事は基本なので、こういった事を教えられて良かったです。

・ 評:良い経験でしたね?とはいえ、世の中自分が手を入れたり改良できたりすることがじわじわ減ってきているような気がします。できる範囲で抗ってゆきたいものです。HT君に4点(合計6点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・月間新医療という

購読紙に、「アクシデントリポート」という連載があります。病院での医療事故事例集ですが、その中で多いのが「見落としました」という物です。書類の受け渡しで前任者からの申し送り事項を見落とした、という子だと思いますが、少なくとも弊社の中ではそのようなことが起こった覚えがありません。では、なぜ?どういうつもりで?このようなことが起こるのか?個人が悪いのかそれともシステムが悪いのか?そういった事を考察して次につなげてほしいと思います。

・ 評:人間の把握できる事柄にはもちろん限度があります。その限度を超えないと業務が回らないとすれば、それを補う制度やシステムの設計が必要なのでしょう。工夫、進化の余地は多そうです。YK君に3点(合計6点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・東大で動物解剖学を

教えている遠藤教授の話です。彼がミッション系の学校に通う小学生の頃、週に一度宗教の時間があったそうです。ある時先生が、「進化論について聖書に書かれていることとダーウィンの論説とどちらが正しいかを皆で議論してみましょう」と授業に持ち出しました。その際遠藤教授は、聖書が正しいと主張する友人を、それこそ泣くまで追い詰め論破したところ、最後に先生が、「確かに君の言う通り進化論の方が正しいのでしょう。ただ、聖書にすがってしか生きられない人が世界に10億人以上いることを識る努力はしてほしい」といったことに衝撃を受け、そこから自分の立ち位置が分かったという経験をされたそうです。

・ 評:万人が正しいと信じて疑わなかったことが、時代の変遷の中で根底から否定されるようなことは人類の歴史の中で数多あったわけです。現時点で正しいとされていることも、時代によって変わるという前提を持ち、自分の理や正義を主張するときは100%にならないように気を付けています。ともあれ、そういった自分の中で人に伝えられる輝いた経験を持っているというのは羨ましいですね?KFさんに2点(合計9点)


2019-11-18 週刊社長ブログ529

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・教育とは

その人に会ったメガネを掛けさせるようなものでしょう。という、昔、教えを請うた

東工大の著名な先生の言葉をこの年になって思い出します。ものが見えていない人に、いくら「見えるように」と言っても詮無いことで、本人が日頃の生活で流してしまって「見ていない」「見ようとしていない」ことに傍で気が付いたときに、それをおろそかにせず、自分で気が付くように改善させるということが大切だという事です。そうやって気づきを促す(場合によっては叱る)ということを繰り返しても本人が代わるかどうかは別ですが、だからと言って放置して良いわけではありません。

・ 評:人に「なにか」を教え聞かせるだけの重さがあるのか、自分で自信を持てているわけではありませんが、もちろんそういった責任ある年台であることは間違いありません。そのようにふるまってゆきたいと思います。KFさんに4点(合計7点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・全ての社用車に

三角表示板を載せることにしました。表示板事態に携行義務は実のところありませんが、高速で止まったときにそれを提示しないことは反則金の対象で、免許に傷がつきます。輸入車は表示板を搭載していることが当たり前ですが、日本車は高速道路に乗ることが特別視されているのか、その義務がありません。今日日高速に乗らないという選択肢もあまりありませんし、また、免許も青か金かで保険料も結構変わります。皆さんも意識してください。

・ 評:良いアクションです。ありがとうございます。高速道路でもらい事故ながら横転事故を起こした知人がいます。大変な事故だったらしく、事故当時は骨折もしており身動きが取れなかったらしいのですが、表示板の提示がなかったという反則切符を切られたそうです。日本の行政はどこかおかしい気がします。MAさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・コンビニで食料を購入した際、

「店内で食べます」と言ったところ、店員から「二度とそんなこと言わないでください」と言われました。店内で食べると消費税率10%、店外に持ち出すと8%。店外に持ち出すとの前提で購入し、店内で食べることは黙認します。という事だと思いますが、こちらは諸々承知で話しています。店員も悪気はないことは分かりますが、固くいってしまえば脱税の示唆をしているわけで、もし、税率の2ポイント差をサービスしたいのであれば、黙って8%でレジを打てばよいだけのことだと思います。小さな金額の事ですが、店員の態度や、この様な破綻した制度を設計運用している政府の事を思うと気分が悪いです。

・ 評:そういえば新聞も8%でしたね?社会の公器がそっせインして自らに利益誘導をしているあたりから、人々の良識を崩してゆくのだと思います。それにしても消費を抑え、民間の活力を低下させるような施策を積極的に取るその理由が解せません。KTさんに2点(合計2点)


2019-11-11 週刊社長ブログ528

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・庭木の剪定に

苦労しています。適当に切ると次の年に良くない状態になったりします。その点、ご近所にもいらっしゃるのですが、庭師さんは勘所を押さえており、樹木によってどこをいつ切れば塩梅が良いか把握しており、一度手入れをすると3年くらいは良い状態を維持できていたりします。やはり専門家は違うなと思いつつ、自分でもできるようになるために勉強だけでなく色々試行錯誤を積み重ねることも大事なのかなと思いました。

・ 評:猿山の猿も3か月毎日一生懸命世話をしていると一頭一頭顔を見分けられるようになるという話を聞きました。仕事をする上で、積み重ねる時間というのはきっと大切なのだと思います。KKさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・首里城が燃えました

延長コードが原因とみられています。自分は自宅のコンセントにアースを付けたいと思い業者に依頼したのですが、うまくいかなかったりしました。思うに一般の人は電気製品に対する危機意識が低すぎると思います。小中学生から教育をしていかないといけないと思います。

・ 評:最近私が係わったイベントでも継ぎ足して伸ばしたリールコードの先にコーヒーサーバーを4台つないだために延長コードのプラグ部分が焦げて煙を出すという一歩間違えば消防署案件という物がありました。シャープペンシルの芯をプラグに橋渡ししてコンセントに差し込んでショートさせたり、ヒューズを飛ばしたりといった経験がない人の方がもちろん多数派とは思いますが、机上の知識だけでなく、ちょっと痛い目に合う経験を上手く積めないものかと思います。SIさんに3点(合計5点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・Jリーグが盛り上がっています。

リーグの終盤で上位どうしと下位どうしの戦いが上手く組まれているのに気が付きます。運営の側はシーズンの最後まで盛り上がるように工夫しているという事だと思うのですが、よくチームの力量を見切っていると感心します。今度TOTOの指南をしてほしいものです。

・ 評:あと、3試合、1勝2分けで15位、プレーオフで勝利して残留です。MOさんに2点(合計2点)


2019-11-05 週刊社長ブログ527

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・スタッドレスタイヤの

季節が迫ってきました。馴染みのタイヤショップが恒例ともなっている36時間営業を先日行っていました。36時間連続の営業に、何の意味があるのか?と思い聞いてみましたが、店員さんも、「なんででしょう?」といった反応でした。こういう事をやって意味があるのでしょうか?ともあれ、日曜日の朝にショップに行ったのですが、不要に歓待されました。

・ 評:店員さんもランナーズハイな状態だったのでしょうか?その店は自宅からほど近いところに視点があったりしますが、36時間営業については知りませんでした。世間の認知度はそんなに高くないのではと思います。そのイベントの目的には興味がありますね?実際掛けたコストや店員さんの労力に見合った売上やロイヤリティの向上があるのでしょうか?経営側に訊いてみたいところです。RFさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・小学生の娘が

空手を習っているのですが、先生はカナダ人です。彼女はケベック州出身でフランス語と英語が母語ですが、時折日本語を交えて教えています。ある時、「Do you speak English?」と聞かれたので、「多少は」と答えたら、それ以降、彼女の私に対する認識は「英語の喋れる人」となってしまったようです。彼女曰く、彼女の経験から、日本人はかなりパーフェクトにしゃべれないと「英語を喋れます」とは言わず、それなりに喋れたとしても「喋れません」「少しなら」と自分を過小評価しているとのことです。

・ 評:挨拶ができるくらいで「私は日本語を喋れます」という外国人は結構いて、実はそれがワールドスタンダードの様です。ともあれ、喋れるかどうかより、意思の疎通ができるかどうかですから、太い神経でコミュニケーションを図りましょう。YKさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・スマホの

バッテリーは性能、容量共に良くなっているのはご存知と思いますが、モバイルバッテリーも昨今かなり性能が良くなっています。A4サイズでアウトドア用のA4サイズ位のバッテリーがあるのですあ、これは100V出力ができ、電気毛布も使えるとの触れ込みです。そんなに快適で本当にキャンプなのか?と思ったりもしますが、よく考えると無理して寝泊まりするよりその方が良いに決まっています。船で怖いのもバッテリー切れです。洋上に出て調子に乗って電力を使いバッテリー切れを起こすとエンジンを起動させることができなくなり遭難します。ところが最近は漫画本サイズ位のバッテリーを予備に持ってゆけばエンジンを起動するくらいのことができたりします。技術の進歩は凄いです。

・ 評:6kgで626Whの商品を見つけました。キャンプにあるとこれまでの常識が変わりますね?不便な頃のノスタルジックを否定するつもりはないですが、便利になったことで広がる世界を楽しむという事で、とりあえずは良いと思います。ただ、後戻りできない怖さはありますが。KFさんに2点(合計6点)


2019-10-28 週刊社長ブログ526

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・甚大な被害をもたらした

台風15,19,21号ですが、テレビの論調を見ていると「偶々今年は」といった論調が見受けられ危うさを感じます。毎年何らかの降雨による水害が発生し、その被害も大きくなっているように思います。「今年来たから来年は来ないぞ」と思っている人が多い様に思えますが、そもそも気候自体が根本的に変わっているとすれば、川の近くや低地に住むこと自体を見直すべきだと思います。

・ 評:大地震が来たあとは、そのメカニズムから考えてしばらくは大丈夫、という論が成り立つかもしれませんが、台風については言う通りと思います。過去10年20年からみた「例年」という概念を捨てて当たらないといけないと思います。KFさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・ハーフマラソン

完走しました。目標より時間がかかってしまったことと、そのロスのうち5分がスタートの段取りが悪かったことが反省です。また、松本山雅FCのレプリカユニを着て走っていると、沿道からかかる「ワンソウル!」との掛け声に「ワンソウル!」との応答をしなければならず、それがひたすら続いたのも苦行でした。とはいえ半年続けてきたランニングが、ハーフとはいえマラソン完走という形で結実したことは、とてもうれしく、新たな趣味が増えた感じです。実のところ、周囲の人からは当然の様にフルマラソンに誘われているのですが、どうするか?思案のしどころです。因みに完走して消費した2000Kcalのエネルギーは打ち上げの飲み食いで早速埋め合わせました。

・ 評:努力は裏切らない。素晴らしいですね?私は今のところ走る気はないですが、とても尊敬します。KSさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・土曜日の新聞に

ハーフマラソンのことが載っていました。マラソンと言えば、その昔上岡龍太郎が「あんなただ走っているだけのことの何が楽しいのか?」と言っていたのが、自分でやってみたところ「こんな楽しいものはない!」と変節していたことを思い出します。しんどい先にある、マラソンでいえば走らない人が知り得ない世界があるのだなと思いました。ともあれ怪我には気を付けて楽しんでください。

・ 評:マラソン、トライアスロン、登山、そういった自分を苦しめつつ目標を達成する形の趣味を持つ知り合いの経営者は多いです。私もやったら嵌るのでしょうか?HTさんに2点(合計2点)


2019-10-21 週刊社長ブログ525

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・神戸の

激辛カレー事件(複数の教師が同僚の教師をいじめていた事件)の対策に、「給食からカレーをやめる」という物があり、コントみたいな話で目が点になりました。事件が起きたことで、カレーで気分の悪くなる人がいることはわかりますが、結局この様なトンチンカンな解決策が真面目に出されるというその構造はとこから来るのか?どうしたらこんな間抜けな話を減らしてゆけるかを本気で考えないといけないと思います。

・ 評:ネットで色々見てみましたが、いじめた当事者が自分の言葉で反省を語っていないようで更に暗澹たる気持ちになりました。教育者が、というより、やっていたことはもはや犯罪なので、警察が介入して処罰する対象なのだと思います。学校だけでなく、日本の組織は「身内であっても悪いことは悪い」ときちんと対処する姿勢に乏しいと思います。そういった自分に対する厳しさを養うところから構築してゆかなければならないようです。SOさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・ラグビーの日本代表が

決勝トーナメントの1回戦で南アフリカに完敗しました。4年後を目指して再始動するわけですが、リーチマイケルの次のキャプテンは姫野選手がその筆頭候補と目されているそうです。この二人に共通しているのは学生時代にキャプテンの経験がないことです。思うに、学生の頃はやはり部活動なので、プレーの上手い人や先生の代弁者として権威の行使をサポートするのに長けた人が登用されがちなのだと思います。では代表チームのキャプテンシーとはどこが異なっているのでしょう?これはチームに問題が起こったときに人を巻き込んで解決する能力に長けた人がどうかという部分で測られるべきものなのだと思います。問題があったときに責任者に依存するのではなく、現場でメンバーの共感を得て問題を解決してゆけるかどうかが本物のリーダーシップなのだと思います。その意味で、チームを動かすために、先ず肩書というのは本末転倒だということを考えてください。

・ 評:なるほどです。チームを良い方向に進める、すなわちメンバーを動かす原動力は権威を裏付けされた肩書を基盤として考えるのは不適当という事ですね?人を動かすという事を深めて考えてゆきたいと思います。KFさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・歯の詰め物が取れたので

家内の勧める歯医者に行きました。小さいころから歯磨きが上手くなく、色々な歯医者を転々としてきました。下手な歯医者や上手い歯医者など様々でしたが、特に、初めて行く歯医者では器材や調度など色々観察します。その中でもスタッフと先生との間の信頼関係をよく観ます。先生が高圧的でスタッフが委縮していないか、スタッフ同士が信頼しあっているか?和気藹々とした職場であるか?なれ合いはないか?などですが、逆にお客様が自分の会社に来た時も同じような観点から観察されているのは間違いなく、その意味で襟を正さなければと改めて思いました。

・ 評:装置の性能や品質だけでなく、そういった社内のやり取りからお客様は弊社の信頼へを深めたり損ねたりするものと思います。普段から折り目正しくいきましょう。SIさんに2点(合計2点)


2019-10-15 週刊社長ブログ524

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・今回の台風では

警戒警報や町内放送などきめ細やかな情報発信がなされ、やれることはやりつくしていた感がありますが、それでも残念なことに被害がありました。千曲川の堤防が残念ながら決壊しましたが、いかにも氾濫しそうな名前の川です。天災への備えには限度があるのかもしれません。

・ 評:地震や台風が続いているので、それに係わる報道や人々の行動もこなれてきているように思います。あと、今回の河川決壊は、過去の常識が必ずしも通用しないことを示唆しているように思います。災害に備えることと併せて、災害からリカバリーするための知恵や行動を身に付けることも必要ではないかと思いました。KT君に4点(合計11点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・千曲川が決壊しました

幸いなことに、自分の実家は浸水した地域のそばに会ったものの被害からは免れました。近隣の親戚も幸いなことに被害には会いませんでした。千曲川の氾濫ですが、自分の記憶にはないものの、生まれてから10回程度はあったようで、改めて無知は怖いと思いました。見たくないものを見ずに過ごすことは、何かしなければならないときに何もできないという事で、改めて今回身に沁みました。

・ 評:取材を受けた被災地の方々は、「こんなことが起こるとは想像すらしていなかった」というような話をしていたのが印象的でした。おそらく川から相当離れた地域の方だと思うのですが、これを他山の石として考える想像力が求められるのだと思います。日頃の備えと併せて、色々振り返って考える機会としたいと思います。OS君に3点(合計11点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・本日川崎に行く予定でしたが

昨日の時点で交通の手段がなさそうだったので予定を変更しました。ここまでひどくなるとは正直思いませんでした。近所のスーパーでパンが売り切れていましたが、缶詰などは結構在庫が残っていたので、非常食として買いました。パンなどは足が速いのでそういったものを買いだめしてどうするのか?と思うと同時に本当の有効性が周知できていないのでは?と思いました。

・ 評:出張延期は賢明な判断でした。仮に行けたとしても、急を要する人々のお邪魔をすることになりますし、何より本数が少ない中、移動は大変だったと思います。パンの件ですが、もしかすると物流が止まってしまった影響かもしれません。在庫を極力持たない、すなわち余裕のない営業が主流となっています。そういったところを消費者として見直してゆく必要を感じています。HT君に2点(合計8点)

・ ※おめでとうございます!OS君とKT君が10点超えとなったので、社長ブログ賞として南山(社長注:駅前通の焼肉屋)相当のお食事に御招待します。日程、メンバー含め私の方から連絡しますのでよろしくお願いします。


2019-10-07 週刊社長ブログ523

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・うちにもある芝生ですが、

庭に植えると面倒な植物だという事です。今回、思い立ってサッチと呼ばれる刈った芝の枯葉を熊手で浚ったのですが、結果、雑草が目立つようになりました。このことは実は予想されたことではあったのですが、「わかっていてもやってみたくなる」という事は世の中にはあり、敢えて体験してみることにも意義があるのではと思いました。

・ 評:失敗することでも敢えてやってみるという事ですね?リカバリの利く範囲であればアリだと思います。自明なことだとしてもそこから何か気づきがあるかもしれませんし。KK君に4点(合計9点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・フォルクスワーゲンの代表が

最近他界しました。気になるのは会社としての次の戦略です。フォルクスワーゲングループは車の売上台数では世界一位でありながら、販売額では3位と振るいません。ただ、前代表は良いものの開発には資金の投入を惜しまないという姿勢の人だったらしいのに対して、次の代表は開発の予算を縮小し、プラットフォームの共通化や電気自動車へのシフトを推し進める方針を提示しています。会社を経営する上で「利益」は必要ですが、社会貢献も含めて何を生業とするかという事がより問われる時代と思います。

・ 評:会社の方向性を決めるのは容易なことではありません。規模が大きくなればなるほど大変なことでしょう。現在ならびに将来の顧客から必要とされることが何か?ということについて常に考え試してゆく必要がありますね?ON君に3点(合計8点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・家の外で太鼓の音が

してました。近所で何かやっているのかと思い外に出てみたら自宅から4ブロックも先のところで松本マラソンの応援をしている人たちでした。自分の他にも音につられて出てきた人達が複数いました。太鼓をたたいている人を含め、マラソンの関係者は楽しそうでした。また、ランナーを含め頑張っている人たちを応援するのは気持ちが良かったです。

・ 評:太鼓の音は日本人の感性に訴えますよね?マラソンというイベントを色々な意味で楽しめたとすればよかったですね?MO君に2点(合計4点)


2019-10-07

・うちにもある芝生ですが、
・フォルクスワーゲンの代表が
・家の外で太鼓の音が

2019-10-15

・今回の台風では
・千曲川が決壊しました
・本日川崎に行く予定でしたが

2019-10-21

・神戸の
・ラグビーの日本代表が
・歯の詰め物が取れたので

2019-10-28

・甚大な被害をもたらした
・ハーフマラソン
・土曜日の新聞に

2019-11-05

・スタッドレスタイヤの
・小学生の娘が
・スマホの

2019-11-11

・庭木の剪定に
・首里城が燃えました
・Jリーグが盛り上がっています。

2019-11-18

・教育とは
・全ての社用車に
・コンビニで食料を購入した際、

2019-11-25

・タイヤの交換を
・月間新医療という
・東大で動物解剖学を

2019-12-02

・ネットの動画で
・パワー半導体は
・ネットのニュースで

2019-12-09

・家内の実家で
・NHKで
・反町監督引退の号外を

2019-12-16

・最近学校給食が
・朝礼で聞いたはなしと同じですが
・自分でお弁当を作るようになったら

2019-12-23

・雨は夜更け過ぎに
・山下達郎の曲が
・クリスマスプレゼントに
※本年も大変お世話になりました。

2020-01-06

・少なくとも現状維持
・歳を取ると
・自分は昭和生まれですが

2020-01-14

・成人式が
・堀金の物産センターに
・週末に見た

2020-01-20

・某社のメガネの
・羽田空港に格納されている
・先日買い替えたスマホですが、

2020-01-27

・9歳の
・光のお父さん
・私は理学部

2020-02-03

・小学生の
・SONYがVISION-Sという
・以前コンクリートのタイルを

2020-02-10

・福岡での出張中
・アマゾンのレビュー
・iPhoneのカメラで

2020-02-17

・老舗のパン屋さんが
・極力LINEを
・崎陽軒が

2020-02-25

・最近趣味で作っている
・福岡の地下鉄で
・アパートの階段脇に