トップ «前の日記(2020-01-14) 最新 次の日記(2020-01-27)» 編集

エンジニアリングシステム株式会社 | ESCO社長 柳沢真澄のブログ


2020-01-20 週刊社長ブログ536

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・某社のメガネの

鼻当てが壊れたので、修理を頼みに店舗に行ったところ、その場で対応していただけず預かり修理と言われました。当日はスペアのメガネを持っていなかったので日を改めることとし、瞬間接着剤で仮止めしてしばらく凌いでいましたが、そのメガネを再び店舗に持ち込んだところ、今度は補償対象外と言われてしまいました。瞬間接着剤は全てきちんと取り切ることができ、特にメガネを痛めているわけではないので、やや理不尽だと思いました。この会社に対しては安かろう悪かろうという印象をもたざるを得ず、今後はアフターサービスも考えて購入を考えたいと思いました。

・ 評:我々も逆のことを思われていないか?他山の石としてとらえて考える必要がありますね?とはいえ、モノを修理して使うという文化自体が廃れつつある世の中で、何があるべき姿なのか?という点については日々心を新たに見つめ直してゆく必要があるとも思っています。YFさんに4点(合計12点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・羽田空港に格納されている

YS11の量産1号機を博物館に移設するというニュースを見ました。この1号機は国交省所有で、空港レーダーチェックの用途に使っていたそうです。自分が学生時代に地元の空港にその機体を見に行ったことがあるのですが、その機体が実は1号機であったというのを知り、感慨深かったです。米国では例えばゼロ戦やムスタングなど、第2次大戦を彩った機体が飛行できる形で現存していたり、アポロなどのメモリアルな機体も飛ばないまでもきちんと保管されているのに対し、日本はとかく技術立国とその昔言われていたにもかかわらず、動体保存されたヒストリカルな製品が少なかったり頓着していなかったりするのがとてもさみしいと思います。、

・ 評:あるところにはあるようにも思いますが、確かに国を挙げて保存し、リスペクトするという姿勢は薄い様な気がしますね?翻って当社でも旧い図面や装置をどのように扱ってゆくべきなのか?常々考えさせられています。HTさんに3点(合計12点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・先日買い替えたスマホですが、

保護フィルムを張ったところ、思っていたのと裏腹に使い勝手や使用感がよく、良くできていることに驚かされました。保護フィルムはむしろ必須なアイテムなので、何故最初からつけておかないのかむしろ不思議に思いました。ところで、最近顧客からいただいたタッチパネルに係るクレームで、状況を示した写真を見る限り、パネルをボールペンで押している様な痕跡が見受けられ、それでは故障もやむなしと思いました。タッチパネルにも保護フィルムを張るべきかもしれないと思いました。

・ 評:今日日の保護フィルムは気泡もうまく抜けるなど、良くできていますね?製品のオプションとして最初からついていて欲しいというのはわかります。タッチパネルもそうですが、ユーザーの目に触れ、手が触れる部分については優先して改良してゆくことが必要です。対処してゆきましょう。SIさんに2点(合計10点)

・ ※おめでとうございますYFさん、HTさん、SIさんが10点超えとなったので、社長ブログ賞として南山(社長注:駅前通の焼肉屋)相当のお食事に御招待します。日程、メンバー含め私の方から連絡しますのでよろしくお願いします。


2020-01-06

・少なくとも現状維持
・歳を取ると
・自分は昭和生まれですが

2020-01-14

・成人式が
・堀金の物産センターに
・週末に見た

2020-01-20

・某社のメガネの
・羽田空港に格納されている
・先日買い替えたスマホですが、

2020-01-27

・9歳の
・光のお父さん
・私は理学部