トップ «前の日記(2020-02-17) 最新 次の日記(2020-03-01)» 編集

エンジニアリングシステム株式会社 | ESCO社長 柳沢真澄のブログ


2020-02-25 週刊社長ブログ541

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・最近趣味で作っている

薪割の薪で飯盒炊飯をしましたが、どのようにしたら上手く炊けるか色々予見しながらやったのですが思ったようにできませんでした。思えばキャンプという物にはあまり興味がありませんでした。というのも、文明から離れて不便を楽しむというその姿勢に共感できなかったからです。ただ、今回飯盒炊飯をしたことで、文明から離れることによる「不便」は一つの手段であって、キャンプというのは、知らない事、経験がないことについて想定、試行し、その結果からまた改善を行ってゆくというインテリジェントな営みではないかと思うようになりました。薪割から派生したことですが、自分でも面白いと思っています。

・ 評:新しいことを始めて、そこから色々な発見があり、世界が広がってゆくというのは良いことですね?小さいころには身の回りのことほとんどが目新しいことで、そこから得られるワクワク感や世界が広がってゆく楽しさを大人になるといつの間にか忘れてしまうものかもしれません。SIさんに4点(合計8点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・福岡の地下鉄で

社内で咳をしていた人がいて、他の乗客と口論になった挙句非常停止ボタンが押されるという事案がありました。新型コロナウィルスについていえば、既に日本各地で離散的に感染者が洗われており、もはや感染経路が分からない状態になっていて、罹患したことに対して誰も責任を負えない状態になっています。ただ、世間の風潮としては「かかった人が行けない」という感じがあり、それで良いのかなと思います。自分も他人に対して知らずに害をなしているかもしれません。もっとお互い寛容に接してゆけるようになりたいものです。

・ 評:日本人の性向として、予防可能と思われている病気、例えばHIVなどに罹患した人や、引きこもりやビジネスで失敗した人などの社会的弱者に対してことさら不寛容な気がします。そういった人こそ救いの手が必要なはずなのですが、、、自己責任であってもおぼれた犬に石を投げるような、そうする人を見て見ぬふりして我関せずを通す人など、とてもさみしい感じがします。RWさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・アパートの階段脇に

あった木が、いつの間にか切られていました。自分のものではないので、仕方がないことなのかもしれませんが、その木が無くなって初めて、階段を上る時に時折葉っぱを食べていたことをこれほど楽しみにしていた自分がいたことに気が付かされました。他人からの恩恵によって人は生かされている、お互いさまの中で生きている、という事を感じた出来事でした。

・ 評:有り体ですが、人は一人では生きていけないものです。できるなら、お互い感謝しあっていられれば良いですね?KTさんに2点(合計6点)


2020-02-03

・小学生の
・SONYがVISION-Sという
・以前コンクリートのタイルを

2020-02-10

・福岡での出張中
・アマゾンのレビュー
・iPhoneのカメラで

2020-02-17

・老舗のパン屋さんが
・極力LINEを
・崎陽軒が

2020-02-25

・最近趣味で作っている
・福岡の地下鉄で
・アパートの階段脇に