トップ «前の日記(2020-03-02) 最新 次の日記(2020-03-16)» 編集

エンジニアリングシステム株式会社 | ESCO社長 柳沢真澄のブログ


2020-03-09 週刊社長ブログ543

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・コロナ騒ぎが続きますが、

私が職務上で考えるのは、当社社員から感染者が出た場合の対応です。厚労省を筆頭にどのような対応を私企業に求めてくるのか非常に気になっていますが、関係官庁からは現状特に通知などは出されていないので、自主的に判断して対応するしかありません。もちろん罰則規制もない中、「(営業)自粛」という便利な言葉をもって対応することになるでしょうが、万一営業停止措置など発令された際の方策についてはあれこれ考えてはいます。

・ 評:確かにこの問題はもはや他人ごとではありませんね?感染者が発生したときの受注・出荷対応など、できる想定をして臨みましょう。ただ本当のところはわからないのですが、コロナもインフルエンザと同じような所謂「風邪」で、ある程度広がって、相応な数の人が罹患して、申し訳ないけれどある程度の方が亡くなる、それに対して世界中でこれほどまでにヒステリックな対応をすることが正直なところ不思議な気がしてみています。KFさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・名古屋の女子マラソンで

優勝者に賞金を払ったら、陸連のボーナス金が不足したというニュースを見ました。最近陸連では成績優秀者にボーナスを出すようにしたところ、新記録が続出しているらしく、科学的なトレーニングよりも、選手のやる気を鼓舞する方が成果が上がっているのが見て取れます。こうなってくると強化費で合宿をするよりも、その費用で賞金を出した方が良い結果が出るのでは?とも思います。

・ 評:それも一案ですね?ただ、願わくば選手の成果をより高められるような強化費の使い方の有用性を高めていってほしい様に思いますし、それが指導する側に求められることだと思いますがどうでしょう。YFさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・コロナ騒ぎで

どこもかしこも大変ですが、こういう状況だからこそ、色々新しい試みを考えたりやったりしているのは良い風潮の様に思います。パンがなければケーキ、ではありませんが、ピンチをチャンスに、という意識を心のどこかに持ち、混乱した状況の中にチャンスの種を見つけるような意識でいたいと思います。

・ 評:その通りですね?必要は発明の母というのは言い古されていますが、何ともならない状況だからこそ、何とかするための今までに無い知恵を絞りだしてゆきたいものです。OSさんに2点(合計6点)


2020-03-02

・週末は
・コロナ騒ぎで
・コロナウィルス

2020-03-09

・コロナ騒ぎが続きますが、
・名古屋の女子マラソンで
・コロナ騒ぎで

2020-03-16

・SETI
・九州の顧客先から
・JRのダイヤ改正で

2020-03-23

・家の敷地の上を
・ノージーのひらめき工房
・町会の衛生費ですが