トップ «前の日記(2020-03-09) 最新 次の日記(2020-03-23)» 編集

エンジニアリングシステム株式会社 | ESCO社長 柳沢真澄のブログ


2020-03-16 週刊社長ブログ544

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・SETI

という地球外知的生命体探査プロジェクトが、私が大学生の頃ありました。知的生命体が発信したと思われる人工的な電波を解析して、宇宙人の存在を確かめるというプロジェクトで、当時のスーパーコンピュータでも手に負えない信号の解析を、趣旨に賛同する方々のPC上で、スクリーンセーバーが働いている最中、すなわち、ユーザーが使用していないタイミングでPCのリソースを使って解析するという物です。今でいうグリッドコンピューティングと言えるものですが、この解析システムの運用が近々停止されるそうです。集めたデータを解析するのにも一苦労であることが主要因だったりするそうですが、20年も経つと色々な状況が変わってくるものだなと感慨深く思いました。

・ 評:SETIについて詳しいことは知りませんが、そういったプロジェクトやボオランタリベースの分散コンピューティングシステムがあることは知っていました。運用停止、ですか?宇宙の時間軸から考えると20年というのはほんの一瞬とも言え、その中で結果を出すこと自体が難しかったかもしれませんね?ただ、結果が伴わなくてもそういった試みに挑戦してゆくことには意義があると思いますし、適切なタイミングで手仕舞いすることはもっと重要なことでしょう。HTさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・九州の顧客先から

帰るための航空便が雪で欠航になりました。仕方なく新幹線に乗ったのですが、博多駅を出発する際に私の乗った車両は乗客が4人しかいませんでした。コロナウィルスの影響がここまで深刻なのか?と驚いたのと同時に、事態の収束は、感染症としての収束ではなく、人々の恐怖感の収束が必要なのだと思いました。メディアの報道もそういった事を念頭に置いて行ってほしいと思います。

・ 評:私見ですが、今回の事態が収束するためには、世界中の人間の内ある割合の人が感染し、伝染速度が一定以上に下がることが必要条件なのではないか?と思うのです。逆に言えば、感染者の隔離政策を続け、罹患者を増やさないことは、収束を遅らせることに繋がるような気がしています。確かに重症化して命を落とす人が一定数いるので軽く語ることはできないのですが。それよりも相当な経済のリセッションが始まっているので、その影響の方が心配です。KTさんに3点(合計9点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・JRのダイヤ改正で

塩尻駅をパスする朝のあずさが、前の様にそれらの駅に停まるように戻されました。きっと、飛ばされた駅の住民からの猛烈な反発があったのでしょう。停まる駅をいくらか間引いても間引かなくても、実際のところ到着時刻があまり変わらないので、私としてはむしろ停まってくれて構わないと思うのですが、抜本的に時短の見直しを行うのであれば、甲府液を含めて山梨県内の駅をすっ飛ばした方が効果があるのではと思います。

・ 評:停車駅の問題より、全席指定化による大幅値上げの方が問題だったと思います。これに声を上げた人がどれほどいたのか振り返ってみれば反省されるように思います。この値上げにより利用者減に拍車がかかり、あずさの本数自体が減ることを懸念しています。YFさんに2点(合計5点)


2020-03-02

・週末は
・コロナ騒ぎで
・コロナウィルス

2020-03-09

・コロナ騒ぎが続きますが、
・名古屋の女子マラソンで
・コロナ騒ぎで

2020-03-16

・SETI
・九州の顧客先から
・JRのダイヤ改正で

2020-03-23

・家の敷地の上を
・ノージーのひらめき工房
・町会の衛生費ですが