トップ «前の日記(2020-03-31) 最新 次の日記(2020-05-01)» 編集

エンジニアリングシステム株式会社 | ESCO社長 柳沢真澄のブログ


2020-04-13 週刊社長ブログ546

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・某県でも

ついにコロナウィルス感染者が出ました。友人も自宅待機となっている中、友達と遠隔呑み会をしたという話を聞きました。今ある道具すら、使い方が変わるというのは面白い現象だと思います。

・ 評:こういった社会の変革時期に際して、今までやってきたことをバッサリやめて、やり方を変えてみるというのはアリだと思いますね?遠隔呑み会もやってみるとそれはそれで面白そうですし、また新たなメリットや作法が生まれてくるのかもしれません。HTさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・コロナ騒動が

落ち着いていないですが、首都圏に限らずスーパーで密接した状態で買い物をしたり、講演やサーフィンに出向いて濃厚接触の距離で他人と触れ合ったりと、危機感のない人が多くて不安になります。そういった人が感染を広げるのでしょう。自分はできるだけ自宅待機にて過ごしたいと思います。

・ 評:本当のところどうなるのか分かりません。ペストやスペイン風邪が流行したときと比べて、原因が特定のウィルスだという事が解明されてはいるものの、やれることは清潔を保つことと、人との距離を取る事など、その当時とあまり変わっていないのが残念です。ただ、文明を勧めた我々として、いかに平静を保ちつつ、自弱者を擁護して安寧な社会を維持し続けられるか?そういった事が問われている様に思います。SAさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・コロナ騒動の中

子供の体温計を使って自分の体温を諮ったら37.8℃ありました。その体温計は子供がもっと小さいころに購入した幼児用のもので、短い時間で結果が出るのが特徴の測定器です。37.8℃という結果が解せなかったので、短時間での計測モードでなく標準計測モードで測定したところ36.8℃という結果が出ました。普段業務で温度を測定している自分からすると、短時間で予測するモードで1℃程度の誤差というのは非常に優れているとは思う物の、37.5℃を目安としてコロナウィルスの罹患を判断する用途には残念ながら使えないな、とも思いました。それと併せて、自分の平熱がどれくらいか、普段から把握しておく必要も感じました。

・ 評:37.5℃という数字だけが独り歩きしている現状も残念に思いますが、それを目安にある割合の人の行動を適切な方向に誘導できるとすれば、それはそれで意味があるのだと思います。受け取る側が、「白か黒か」「線引きしてくれなければ困る」と自ら考えることを放棄しない、という民度が問われている事案なのかもしれません。SIさんに2点(合計2点)


2020-04-13

・某県でも
・コロナ騒動が
・コロナ騒動の中