トップ «前の日記(2020-04-30) 最新 次の日記(2020-05-18)» 編集

エンジニアリングシステム株式会社 | ESCO社長 柳沢真澄のブログ


2020-05-11 週刊社長ブログ547

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・自粛警察

という言葉を最近頻繁に耳にします。自粛生活に不満を持った人が正義を振りかざして他人を攻撃しているそうなのですが、そのせいか110番通報が非常に増えているそうです。場合によっては咳をしているだけでも通報された例があるそうです。自分だけ我慢しているのが耐えられないのはわかりますが、他人にその鬱憤をぶつけても仕方がないと思います。自粛しない人もそういった人を責める人もある意味どっちもどっちだと思うので、巻き込まれないよう休日は自分のうちにいるようにしています。

・ 評:ためらいを覚えず自分の正義を行使できる人の精神構造には宗教戦争に通じる怖いものを感じます。特に日本は、集団で耐えながら協調して行動することに美徳を見出しがちなので尚恐ろしいです。経験はないながら、戦時中の息苦しさに、もしかすると通じるのかもしれないと思ったりします。そういった面での社会的成熟をどのように醸成するのか?難しい課題なのだと思います。SAさんに4点(合計7点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・世の中では

問題が起きたときにやり方が変わったりします。例えば思い出されるのは地下鉄サリン事件後に、駅など公共の施設からごみ箱が無くなったことです。そもそもごみの収集にはコストがかかっていたので、経営している立場から言えば撤去すなわちコストダウンの良い言い訳ができたという見方もできるかもしれません。ゴミ箱についていえば、今は内部が見えるような工夫がなされて復活してきましたが、極端な変革の後、必要なものは必要なものとして形を変えてでも復活してくるようです。今回の騒動は、誰も困っていないことが変わるきっかけになるかもしれません。

・ 評:朝礼でも話しましたが、この機に困っている事象を工夫して解決するという切り口だけでなく、これまで当たり前にやってきたことを「やめてみる」良い機会であるかもしれません。とりあえず動いてみましょう。KTさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・コロナ騒ぎの中

学校が休みになり授業自体がオンラインで行われるようになっています。これまでは学校に行けない人はその集団の中で弱者だったわけですが、この措置によりそういった壁がなくなるのかもしれません。もちろん新たな問題も起きてくるのでしょうが、願わくば良い方向に変わってほしいものと思いますう。

・ 評:確かにそうですね?それより、そういった弱者を生んでいたこれまでの仕組みの在り方を根本的に問う必要のある時代に来ていると考えるべきなのでしょう。教育の根本的な目的、目標についても同じく時代に合わせて考え直さないといけないと思いますが、どうすればよいかは簡単な話ではないのでしょう。YKさんに2点(合計2点)

・ 「今週の一人一言鉄賞」

・ ・GWを自宅で過ごしている間

ネットで落語を幾つか視聴しました。普段であれば都会に出向かなければ見られない、そもそもチケットが取れない公演が、観客がいない中でカメラに向かって行われていており、大変堪能しました。落語などでは、観客との呼吸のやりとりも話芸のひとつと思います。観客がいないことでそれがどう変わるかと思いながら視聴しましたがそこはプロの技、常と変わらぬ質の高い芸を披露してくれていました。普段、寄席などでは数百人しか相手にしていないところ、ネットの先には数万人の視聴者がいたりします。落語の違うやり方がそこにはあるのかもしれません。

・ 評:本当に社会生活の様々な在り方が変化せざるを得ないように思います。大切なのは、変化を受け入れる柔軟な感性なのでしょう。HTさんに1点(合計5点)


2020-05-11

・自粛警察
・世の中では
・コロナ騒ぎの中
・GWを自宅で過ごしている間

2020-05-18

・コロナウィルス感染症の
・会社帰りに
・市内で見かけた

2020-05-25

・災害やトラブルが起きるたびに
・日曜朝の子供向け
・新聞報道にもありましたが、