トップ «前の日記(2020-06-30) 最新 次の日記(2020-07-13)» 編集

エンジニアリングシステム株式会社 | ESCO社長 柳沢真澄のブログ


2020-07-06 週刊社長ブログ555

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・レジ袋が

遣われるようになったのは1980年前後からだったと記憶しています。当時から「貰えるのが当たり前」なものだったので、今回の有料化では「お金を払うのか?」といった感覚が抜けません。各自治体では、処分費を一部乗せたゴミ袋が売られています。同様に自治体がおしゃれな買い物用レジ袋を有料で作ってみるのも良いのではと思いました。

・ 評:脱プラスチック(石油由来材料)という流れはトレンドと思いますが、こういったトレンドが、誰の意思によりどのようにつくられるのか?興味があります。海洋汚染の問題など、何十年も前から言われてきたことなので。RWさんに4点(合計6点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・レジ袋が有料化されたわけですが、

毎々の昼食のお弁当容器は使い捨てで、そう言ったところに矛盾を感じます。プラごみの分量はどの程度今回の措置で削減されるのでしょうか?やり方を変えるためには、人々の意識を変えるかテクノロジーを進化させる必要があると思います。一方、こういった真の意味での環境負荷削減の施策は色々提言されていて、正解と思える言説も目にするのですがなかなか広がらないように思え、そう言ったところの分断に問題があるのだと思います。

・ 評:(一社)プラスチック循環利用協会などの資料にあたってみましたが、レジ袋の削減効果はとても限定的なようです。それでも7月に実施したのはオリンピックに当て込んだアピールという色彩がつ様様です。オリンピックは延期されているのにこういった事は粛々と実施されるというのもとても日本らしく、頭が痛いです。OSさんにて3点(合計6点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・雨が降り、気温がある程度高いと

雑草がすごい速度で成長します。河原でも刈った端から草木が生えてきて驚きます。こういった景色を見た時「雨後の筍」という言葉を思い出すのですが、よく考えるとその「雨後の筍」を見たことが実はありません。昔は皆の身近にあって誰もが実感をもって共感できることだったと思うのですが。そういえば現在では黒色のものが存在しない黒板や、下駄の入っていない下駄箱など、過去に作られた言葉が実態が変わってしまった現在でも継続して使われているようなものは多く、学習によりイメージが定着されていることを示しています。「雨後の筍」に限らず本物を見たときには感動するのでしょうか?

・ 評:フロッピーディスクのアイコンや、電話の受話器のアイコンなど、最近のデジタルネイティブな十代の人が実は見たことがない、歴史を引きずったものは案外あったりしますね?そういったモノだけでなく、過去の考え方を引きずって今を生きているという事も多そうです。立ち止まって考えてみたいですね?MOさんに2点(合計6点)


2020-07-06

・レジ袋が
・レジ袋が有料化されたわけですが、
・雨が降り、気温がある程度高いと

2020-07-13

・朝礼の
・退院してずいぶん経ち、
・GoToキャンペーンが

2020-07-20

・ジュリアスシーザーの
・棋界で話題の
・五輪が一年延期になっています

2020-07-27

・家を時折修繕するのですが、
・神経衰弱で
・大人の勝手な都合で