トップ «前の日記(2020-08-03) 最新 次の日記(2020-08-24)» 編集

エンジニアリングシステム株式会社 | ESCO社長 柳沢真澄のブログ


2020-08-17 週刊社長ブログ560

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・夏休みに

昔の理不尽なことを思い出しました。子供の頃夏休みの課題としてカビの研究をしました。毎日、色々なところに置いた食べ物に生えるカビをスケッチしてまとめたものを考察して提出したところ最優秀賞を獲得したので、それに味を占めて次の年に偶々手に入れた巣から落ちた燕のヒナを育て、気合を込めてその観察日記を自由研究としたところ、結果は次点でした。最優秀賞の研究よりも自分のもの方がどう考えても優れていると思ったので、先生に時点である理由を訊きに行ったところ「二年連続最優秀というわけにはいかんだろう」という訳の分からない返事をされ、世の中の理不尽さを感じた次第です。

・ 評:その先生は「ダメ」ですね?ある意味出る杭を打つ典型と思いますが、いまから40年前の一般的な教育は残念ながらそういったモノだったのかもしれません。今もその流れがすっかり変わっているとはいいがたいですが、逆のことをしてはいないか?翻って考えていないといけないですね?KFさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・高校生クイズが

延期になったとの報を見て、未だにこの番組が続いていることに驚きを覚えました。NHKの「チコちゃんに叱られる」に限らずクイズ番組に共通する「知識を問うことが楽しい」という通底する概念があるように思いますが、スマホで調べれば大抵のことが分かるこの世の中において、こういった概念が今後も続くのか興味があります。もしかすると、問題に対して、いかに的外れで面白いことをいえるかを競うことが求められるような世界になるのかもしれません。

・ 評:おばかそうに振舞う芸人さんが、クイズの問いに対して敢えてボケるというシーンはよく目にします。それでも、「人の知らないことを知っていることが偉い」「正解は常にひとつ」「回答者は出題者に異議を唱えられない」という呪縛に囚われすぎていて、そこら辺はもう少し大人になっても良いのではないか?と思います。OSさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・鬼滅の刃という

漫画が流行っています。人を食らう鬼が敵役で残忍なシーンが多いのですが、子供たちはあまり怖がらずに見ています。一方でおさるのジョージというアニメに出てきた動物が扮した「案山子」はとても怖いようで、夜寝る前に「案山子がいるかもしれなくて」と怖がっていました。自分から見たら案山子の方が余程ほのぼのとしたキャラクターの様に思うのですが、その判断基準が分からないです。

・ 評:不思議ですね?小さな子供にとっては、刀で殺傷されたり値が出たりすることはもしかするとイメージをもって実感できないのかもしれません。だとすると、そういった事が当たり前に刷り込まれてしまうのは少し怖いですね?MOさんに2点(合計4点)


2020-08-03

・レジ袋が
・ネットの記事で
・東京では
※おめでとうございます!KTさんとHTさんが10点超えとなったので、社長ブログ賞として南山(社長注:駅前通の焼肉屋)相当のお食事に御招待します。

2020-08-17

・夏休みに
・高校生クイズが
・鬼滅の刃という

2020-08-24

・DIYの庭仕事用に
・4-5年ぶりに
・大リーグで

2020-08-31

・子供と
・コロナ禍が続く中、