トップ 最新 追記

エンジニアリングシステム株式会社 | ESCO社長 柳沢真澄のブログ


2020-09-07 週刊社長ブログ563

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・流行語大賞という物がありますが、

最近よく耳にする言葉に「クラスター」という物があります。日本人はキャッチコピーに弱いところがありますが、このクラスターという言葉は、特定の人たちをさらし者にするような文脈で使われている様に思います。メディアもクラスターが発生したことについては大々的に報道しながらも、そのクラスターがどのような努力の元に収束してゆくのか?そういったフォローは全くしません。そういった無責任なメディアの姿勢やそれに乗ってしまう人々の在り方に怒りを感じます。

・ 評:本当にそうですね?例えばコロナに関していえば、日本人は「罹らないための努力」は一生懸命しますが、「罹ってしまった人」に寄り添って助けてあげるという気持ちが極端に薄いと思います。こと、コロナについていえば病気になるのは、もはや誰の所為でもなく、自分が明日罹患することも十分あり得る、という想像力を働かせて人に接する必要が間違いなくあると思います。MAさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・コロナに対する

自分の姿勢の変化を感じます。以前はマスクをするのも「感染したくない」という気持ちが先に来ていた気がしますが、現在は「(面倒くさいけど)マスクをしていないとどう思われるか分からない」という同調圧力に屈した心持でしています。そんな中、週末子供が38度以上の高熱を出しました。もしかすると自分がどこかからコロナウィルスを持ってきてしまったのではないか?とはらはらしたのですが、子供の発熱はほどなく収まり、事なきを得てホットしたのと同時に、自分の緩んだ気持ちにも気づかされました。引き締めてゆきたいと思います。

・ 評:コロナ禍はまだまだ続くようですが、病気の深刻さよりも、人々の社会的な対応の未熟さの方が先に立っている様に思います。どうにかならないものか?と思いますが、ほどなく社会が飽きて話題にしなくなってゆくようにも思います。YFさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・店舗でもらう

レシートにクーポン券が付いていることが良くあります。特にTポイントカードを発行しているところで多いのですが、そういったクーポンは微妙に使わない気がします。この間は綿半でドッグフードの割引券をもらいましたが、犬を飼っていないので買う必然がありません。顧客の購買内容に合わせてレシートにクーポンを混ぜ込むというアイデアには努力を感じますが、ある意味紙の無駄でもあります。ただ、やはり紙でもらうと見てしまいます。

・ 評:あのクーポンは、本当に微妙に使いませんね?ただ、マメに使っている人たちもいるのでしょう?そういった消費行動の動向を知りたいところではありますね?YKさんに2点(合計4点)


2020-09-14 週刊社長ブログ564

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・魚群探知機という

ガジェットがあるのですが、製造しているのは略々日本とアメリカだけです。日本製のものは魚影がきちんと移るという意味では性能が良く、動作にも信頼がおけます。対してアメリカのものはWiFiに繋がったり、音楽が聞けたりスマホやPCと連携できたり、と色々な機能がてんこ盛りです。両国のものづくりに対する姿勢の違いがよく表れていると思うのですが、日本は「良いものを作る」事を目指しているのに対し、アメリカは「使って楽しい道具」を提供しようとしているようです。どちらが優勢か?というと、アメリカ製の方が消費者に支持されて売れているようです。

・ 評:日本人は、言葉として切り出された「機能」に拘泥しすぎる気がしますね?そこをないがしろにすることが許されない、そして、そこに優先的にコストをかけるので遊び心が失われるという流れでしょうか?日本の物づくりの良さの裏返しとは思いますが、そういった特質をよく理解し、足をすくわれないようにすることが重要ですね?KFさんに4点(合計8点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・お城の北に、

盒恐判斬陲箸いΑ江戸時代の直参旗本の住居跡が残っており見学することができます。8月の暑い盛りに行ってみたのですが、入館料がタダの上に、他の客もおらず、ゆっくり過ごすことができました。昔の日本家屋らしく、の気が長く縁側があり、良い風通しで涼しく過ごしやすかったです。昔の人は暑い夏を過ごす工夫をしていたのに対し、現代の家は高気密高断熱の閉め切った家ばかりになっており、なにかを失っている様に思います。ただ、反面、冬はものすごく冷え込むことが想像され、自分はその家では過ごせないとも思いました。

・ 評:日本の建築基準における住居の断熱性能は、世界的に見ればとても遅れているという話を知り合いの建築士から聞きました。窓ガラスに熱伝導率の高いアルミを使っているのは世界的にみるとまれなのだそうです。それはさておき、他を遮断して自分だけの狭い領域の快適さを作り出すというのは現代社会の人間関係にも通底するものがありそうですね?ともあれ、一度、冬の朝にも行ってみると良いと思います。HTさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・家の前の道路は

所謂「抜け道」になっているのですが、今日、そこをものすごい速度で走る車があり、通学の小学生がヒヤッとする光景を見ました。自分も時間に追われたイライラしているときに色々な細い抜け道を通他利するのですが、こういったことがないよう自戒したいと思いました。

・ 評:松本は歩道のない細い道が多く、運転には気を遣いますね?本当に中止してゆきましょう。YFさんに2点(合計5点)


2020-09-23 週刊社長ブログ565

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・SONYのPS5、

ネットでの予約が開始されましたが、複数のアクセス手段を用意して接続を試みたにもかかわらず、どれもつながらない上に、繋がった時には完売しているという状態でした。そして次の瞬間にかなりな高値で転売サイトに掲載がある、という不毛なことが起こっていました。供給台数に対して需要が多いという状態はある意味仕方がないですが、売る側が値段に差をつけて、「その金額でも欲しい」という人に適切に行き渡るような柔軟な対応が取れないものか?と思いました。

・ 評:そうですね?最近は映画館やプロスポーツの試合における観客席について、柔軟な値段設定で興行側の利益を極大にする、すなわち、場合によっては廉価な金額で集客するという、あるいみwin-winなやり方が浸透してきています。こういった製品でもできない筈はありませんよね?とはいえ、ゲーム機など、子供がお小遣いを出して買うようなところで、大人が張り合うというのはすべきでないように思いますが。NKさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・暑さ寒さも彼岸まで

といいますが、このコロナ禍の中、自分も含めてお墓参りに行けなかった人は多いと思います。そんな中、築地本願寺では民間出身の人が発案したオンライン法要や墓参りが取り入れられていて、他の寺社でも追随する動きがあるようです。旧い風習を見直し現代にそぐわないことも変えてゆくという事も必要と思いました。

・ 評:ひな祭りのお雛様や鯉幟など、古来からあると思われている日本の風習も、詳しく調べると案外近代から始まっているというものも多いようです。生まれたときに存在していたやり方も、実は歴史があまりなかったとすれば、変えてゆくのに如くはないと言えると思います。RWさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・スーパーマリオブラザーズが

誕生から35周年なのだそうです。マリオと言えば安倍元首相もコスプレするような日本を代表するコンテンツです。横スクロールゲームのはしりだったわけですが、当時の非力なマシンでゲームを実装するのは大変で、例えば雲と草のキャラクタは色違いなだけで形は同じものとして記憶容量を減らすなど、その苦労は並々ならぬものがあったようです。35年経った今でも新作が作られるような力強いコンテンツですが、果たして今の日本に次の35年を生き延びるようなゲームやキャラクターが出せるのか?その点にも興味があります。

・ 評:仮面ライダーやウルトラマンなど、原作世界を踏襲して現代風にリメイクしているものは結構多い様に思います。その意味では現代という時代は停滞しているといってよいのでしょうか?我々も、破天荒に新たなものを産み出し世にぶつける気概を持つべきなのでしょうね?HTさんに2点(合計5点)


2020-09-28 週刊社長ブログ566

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・河野行革相が

ハンコを押すのをやめる、という方針を打ち出しました。会社でも注文書の金額に応じて有責任者の印鑑を押すような手順としています。めくらばんという言葉もありますが、ハンコを押すという事は仕事の上でけじめをつけて自信をもって進めるための節目であるという事でもあります。ただ、本当に必要なのは、習慣づいた仕事の流れを変えることだと思います。学校でも上長の許可を求めることを強要する文化が根強いので、子供の段階から社会で必要となる物事の進め方を教えてゆく必要があると思います。

・ 評:河野大臣の真意は分かりませんが、「ハンコを押すのをやめる」というと、「ペーパーレス、電子化」という意味合いに聞こえます。とすれば、あまり意味がないようにも思います。必要なのは、決済する業務や稟議の決裁者の要否を整理し、不要なものは無くす、ということで、紙や印鑑といった媒体は実は二の次の事だとも思うのです。MAさんに4点(合計8点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・幼稚園の運動会が

密を避けるために学年別、各2時間ずつにて実施されました。3回運動会を行う先生方は大変だと思いますが、親としての自分は楽で、このやり方はとても良いと思いました。コロナを機に新しい気付きを重ね、前より不便にならない新しいやり方を模索するという流れは好ましいと思います。

・ 評:止めてみたら実は不要だった、ということも多いと思います。ただ、一度止めると、再び立ち上げるのは相当な労力が要ると思われるので皆躊躇するところなのでしょう。それでも、止めてみて、本当に必要なのかを吟味するというのはアリですね?SIさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・奥さんの実家の

稲刈りを手伝いました。コンバインを動かせるわけではないので、専ら田んぼの端の稲を鎌で刈るとかの雑用中心だったのですが、それでも汗だくになり筋肉痛にも見舞われました。昔は農業用機械があったわけではないので、その苦労がとてもしのばれます。

・ 評:だからと言って敢えて苦労する必要はないわけですが、そういったモノがなくてもなんとかできる様なことを想像力を働かせつつ常に備えておきたいものですね?YFさんに2点(合計7点)


2020-09-07

・流行語大賞という物がありますが、
・コロナに対する
・店舗でもらう

2020-09-14

・魚群探知機という
・お城の北に、
・家の前の道路は

2020-09-23

・SONYのPS5、
・暑さ寒さも彼岸まで
・スーパーマリオブラザーズが

2020-09-28

・河野行革相が
・幼稚園の運動会が
・奥さんの実家の