トップ «前の日記(2020-09-14) 最新 次の日記(2020-09-28)» 編集

エンジニアリングシステム株式会社 | ESCO社長 柳沢真澄のブログ


2020-09-23 週刊社長ブログ565

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・SONYのPS5、

ネットでの予約が開始されましたが、複数のアクセス手段を用意して接続を試みたにもかかわらず、どれもつながらない上に、繋がった時には完売しているという状態でした。そして次の瞬間にかなりな高値で転売サイトに掲載がある、という不毛なことが起こっていました。供給台数に対して需要が多いという状態はある意味仕方がないですが、売る側が値段に差をつけて、「その金額でも欲しい」という人に適切に行き渡るような柔軟な対応が取れないものか?と思いました。

・ 評:そうですね?最近は映画館やプロスポーツの試合における観客席について、柔軟な値段設定で興行側の利益を極大にする、すなわち、場合によっては廉価な金額で集客するという、あるいみwin-winなやり方が浸透してきています。こういった製品でもできない筈はありませんよね?とはいえ、ゲーム機など、子供がお小遣いを出して買うようなところで、大人が張り合うというのはすべきでないように思いますが。NKさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・暑さ寒さも彼岸まで

といいますが、このコロナ禍の中、自分も含めてお墓参りに行けなかった人は多いと思います。そんな中、築地本願寺では民間出身の人が発案したオンライン法要や墓参りが取り入れられていて、他の寺社でも追随する動きがあるようです。旧い風習を見直し現代にそぐわないことも変えてゆくという事も必要と思いました。

・ 評:ひな祭りのお雛様や鯉幟など、古来からあると思われている日本の風習も、詳しく調べると案外近代から始まっているというものも多いようです。生まれたときに存在していたやり方も、実は歴史があまりなかったとすれば、変えてゆくのに如くはないと言えると思います。RWさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・スーパーマリオブラザーズが

誕生から35周年なのだそうです。マリオと言えば安倍元首相もコスプレするような日本を代表するコンテンツです。横スクロールゲームのはしりだったわけですが、当時の非力なマシンでゲームを実装するのは大変で、例えば雲と草のキャラクタは色違いなだけで形は同じものとして記憶容量を減らすなど、その苦労は並々ならぬものがあったようです。35年経った今でも新作が作られるような力強いコンテンツですが、果たして今の日本に次の35年を生き延びるようなゲームやキャラクターが出せるのか?その点にも興味があります。

・ 評:仮面ライダーやウルトラマンなど、原作世界を踏襲して現代風にリメイクしているものは結構多い様に思います。その意味では現代という時代は停滞しているといってよいのでしょうか?我々も、破天荒に新たなものを産み出し世にぶつける気概を持つべきなのでしょうね?HTさんに2点(合計5点)


2020-09-07

・流行語大賞という物がありますが、
・コロナに対する
・店舗でもらう

2020-09-14

・魚群探知機という
・お城の北に、
・家の前の道路は

2020-09-23

・SONYのPS5、
・暑さ寒さも彼岸まで
・スーパーマリオブラザーズが

2020-09-28

・河野行革相が
・幼稚園の運動会が
・奥さんの実家の