トップ «前の日記(2020-10-31) 最新 次の日記(2020-11-16)» 編集

エンジニアリングシステム株式会社 | ESCO社長 柳沢真澄のブログ


2020-11-09 週刊社長ブログ571

・ 「今週の一人一言金賞」

・ ・ファイナルファンタジーというゲームを

昔やっていたのですが、その中で「ラストエリクサ」というパーティーのステータスを一気にすべて回復するという1度しか使えないアイテムがあります。このアイテムはある意味究極のアイテムなので、使うタイミングが難しく、出し惜しみをしているうちに結局使わないままゲームをクリアしてしまうということが普通に起こったりします。で、世の中にはラストエリクサ症候群という、言葉があり、同じような人が相当いたことが見て取れます。人生も勝負の時に虎の子のカードを切らないということがあるかもしれません。

・ 評:幸運の女神に後ろ髪はないという例えもありますね?そういった選択はとても難しいです。大抵未経験の事象なので。とはいえ、兵站の逐次投入は愚策らしいので、先が見えないのであれば現状に全力を投入して、「先を見る」という感性が必要なのでしょう。KFさんに4点(合計4点)

・ 「今週の一人一言銀賞」

・ ・コロナ対策の

入場制限ですが、同じ組織であっても場所により対応が違ったりします。長野では入り口で検温していたのに対し、横浜では記名のみでした。N=1の考察ですが、「自分たちのところから出したくない」というところと「出たら出たで仕方がない」という意識の差があるようです。ルールを実行する人の心理に差があるようなので、

・ 評:日本人的には「徹底」されていないといけないような気がしていますが、コロナに関していえば、もはや普通のインフルエンザと同じように扱っても良い様に思います。また、政府が指示を積極的に発出していない中、民間の対応は、まちまちでも良いのだと個人的には思っています。とはいえ、「不安に思う人」をないがしろにして良いわけではないので、その加減についての落としどころは社会的に合意ができているわけではありませんが。MOさんに3点(合計3点)

・ 「今週の一人一言銅賞」

・ ・ブルゾンちえみの

バックダンサーの一人が福岡のアメフト社会人チームに入団したという話を聞きました。彼は法政大学のアメフト部出身で甲子園ボウルにも出場した経験があるそうです。その人がお笑いの道に進んだこともそうですが、10年のブランクを経て32歳の年齢を忍て肉体的にも立場的にもしんどいであろう中、チャレンジしているその精神については見倣いたいと思いました。

・ 評:アメフトはキットサッカーよりも大変なのでしょう。協議を続けてきたわけではない32歳の挑戦は凄いことだと思います。あとでネットで調べてみます。HTさんに2点(合計6点)


2020-11-09

・ファイナルファンタジーというゲームを
・コロナ対策の
・ブルゾンちえみの

2020-11-16

・資材の調達で
・2022年に
・コロナの第二波が

2020-11-24

・ホテルに泊まる際、
・諸事情あって
・世の中、体外のことに